【附属中】社会体験学習(第2学年)

○10月17日(火)~19日(木)に社会体験学習を行いました。 

○第2学年生徒が、事業所等41か所に分かれ、仕事を直接体験することや働いている人との触れ合いを通して、働くことの意義や目的を学びました。

○社会人としての基礎となるマナーや言葉遣い、人間関係を築くためのコミュニケーション能力の必要性や大切さを理解し、実践力を身につけることができました。

○事業所等からの感想は、次のとおりです。

・とても真面目な態度で体験学習を行いました。頼まれた仕事は最後までしっかりと取り組むことができました。

・2人とも体験学習に臨むための目標を明確にしているのが素晴らしいと思いました。接客業に関わらず、社会に出る上で挨拶などの常識は大切だと話しました。今回の経験で得たことを今後の生活に生かしてもらえたら幸いです。

・接客ではなく清掃の仕事ばかりでしたが、嫌な顔せず一生懸命お掃除していただき、こちらもすごく助かりました。「次は何をしたらいいですか?」など積極的に聞きながら仕事をしていたので、すごく感心しました。2人ともよい子でとてもよかったです。

○生徒の感想は、次のとおりです。

・毎日新しい発見があって、とても楽しく疲れを感じませんでした。職場内でのコミュニケーションも大切だとわかりました。

・園児と遊んだり、裏方の仕事をしたりして、疲れましたが楽しいと感じました。仕事をする中で、子どもたちに喜んでもらったり、笑顔を見せてくれたり、とてもやりがいを感じました。

・忙しい中で「これが嬉しんだよね」と言っていたのが心に残りました。また、商品によってお客様を喜ばせることができた時がやりがいになるとも教わりました。

Upcomming Events