附属中 附属中学校の特色

1 言語能力の育成

(1)全教科等における学力の向上

(2)レポート作成や発表(プレゼンテーション)などの活動の充実

(3)モジュールによる国語、数学、英語の時間増※1

※1:時間増分は、随時、発展的な問題(課題)にチャレンジする時間に当てている。

  1学年  2学年  3学年 
  国語 数学 英語 国語

数学

英語 国語 数学 英語
附属中 157.5 175 157.5 175 140 175 175 175 175
標準時数 140 140 140 140 105 140 105 140

140

(4)高等学校のSSH※2指定を踏まえた円滑な接続

※2:文部科学省の事業で、将来の国際的な科学技術関係人材を育成するため、先 進的な理数教育を実施する高等学校等を「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」として指定し、学習指導要領によらないカリキュラムの開発・実践や課題研究の推進、観察・実験等を通じた体験的・問題解決的な学習等を支援するもの。

 

2 「高志タイム(総合的な学習の時間)」を中心したキャリア教育の充実

(1)学年ごとにテーマを設定 1学年「広げる」 2学年「深める」 3学年「繋げる」

(2)「職業や自分の将来に関する課題」、「学校の特色に応じた課題」、「生徒の興味・関心に基づく課題」について探究的な学習を展開

 

3 中高一貫校としてのメリットを生かした取組

(1)高等学校進路課との連携

  ① 高校生の授業見学

  ② 高校生や大学生から学ぶ機会の設定

  ③ 高校進路指導課長講話の設定 等

(2)体育祭、文化祭を中高合同で実施

(3)3年生は、後期から高等学校の部活動に入部可能

 

4 生徒一人ひとりに寄り添う生徒指導の充実

(1)教育相談の実施

   全生徒を対象に年間4回以上

(2)毎日の生活記録やアンケート調査による諸問題の早期発見

(3)保護者との希望面談、三者面談の実施 等

 

5 品格と活力のある学校づくり

(1)中学校段階で身につけさせたい生活習慣の徹底

   整容、挨拶、規範、相手意識、交通マナー 等

(2)「附中生三氣」の継承

   時を守る氣持ち 場を清める氣持ち 礼を尽くす氣持ち

(3)生徒会活動や部活動の充実

   自主的、自発的な活動を支援

 

 

6 その他

(1)生活時間表

登 校 8:10
附中タイム 8:10~ 8:20
SHR 8:20~ 8:30
1校時 8:35~ 9:25
2校時 9:35~10:25
3校時 10:35~11:25
4校時 11:35~12:25
昼食・休憩 12:25~13:10
5校時 13:10~14:00
6校時 14:10~15:00
清掃 15:05~15:20
7校時 15:25~15:50
SHR 15:55~16:10
諸活動 16:15~16:30
完全下校 16:35

※附中タイム:毎朝10分間は読書の時間

(2)部活動延長

  ・4月〜12月  18:00完全下校

  ・1月〜 3月  17:15完全下校

 

教育の流れ

1年2年3年

養 成 期

(自己理解期)

充実期Ⅰ

(進路検討期)

高志プログラム(キャリア教育の充実)
異年齢集団活動の積極実施  ・行事 ・部活動 ・生徒会活動 等

各教科・道徳・特別活動・総合的な学習の時間

チャレンジタイム  国語・英語・数学

Upcomming Events