【附属中】中高合同文化祭の実施

 

新たな文化祭の創造

 

中高合同文化祭の実施

 

   8月24日(土)、中高合同での文化祭を実施しました。附属中生徒会の文化祭スローガンは、「花ひらけ~心を潤し、届ける笑顔~」でした。ご来場いただいた保護者や地域の方々に対して、爽やかな挨拶や高校生が企画した模擬店にキャスト役として参加しながらおもてなしの心を伝えたいという願いが込められていました。 

 

 さて、令和の時代になり、附属中の文化祭には、これまでの合唱披露や教科作品の展示等に加え、新たな試みがありました。「F1グランプリ」の開催です。全校生徒で漫才づくりに取り組みました。相手意識と各教科等で身につけた言語能力を協働的に駆使し、表現力を一層高めることを目的として7月初旬から取り組んだものです。講師には、アンダーエイジのお二人をお招きし、直接指導もいただきました。文化祭当日は、各学年予選を経て勝ち上がったペア、コンビだけが出場できる決勝大会を行いました。会場は終始笑いに包まれていました。 


 多くの保護者、地域の方々にご来校いただきありがとうございました。  

【全校合唱】

【F1グランプリ決勝(漫才)】

【教科作品:美術】

【教科作品:技術】

【教科作品:習字】

【英語暗唱】

【吹奏楽研究部】

【美術部作品】

Upcomming Events