【附属中】音楽科の授業における尺八学習

 

 

 

平成30年度 岩手県立一関第一高等学校附属中学校 

 

学習指導の充実と学力向上 家庭や地域との連携

 

音楽科の授業における尺八学習

 

○10月12日(金)と26日(金)の2回にわたり、音楽科の授業に講師として高橋法聖氏を招聘して尺八の学習を行いました。

○2回の学習を通して、日本伝統音楽の特徴とその背景となる文化や歴史、他の芸術との関わりを理解することができました。

○塩ビ管を利用した実技学習や講師による演奏の鑑賞を通して、我が国や郷土の伝統音楽のよさ等を味わうとともに、尺八における音色、旋律、多様な奏法等の特徴は、それらを生み出し、育んできた人々や文化的・社会的背景等と結びついていることを深く学ぶことができました。

○生徒の感想(抜粋)

○メリ、カリ、スリ上げなど、リコーダーにはない、尺八ならではの技法だと思いました。

 

縦割り活動の実施

陸前高田市訪問事前学習の実施

 

Upcomming Events