校長挨拶

 

  •  本校は、昭和5年(1930年)の開校以来、地域とともに、その歴史を歩み、昨年、創立90周年を迎えた気仙地区を代表する伝統校です。
     この間、女子バレーボール部の全国高等学校選抜優勝大会における全国制覇、硬式野球部の夏の甲子園大会出場をはじめ、陸上競技部、ソフトテニス部、卓球部などが強豪として名を馳せ、文化部も含め、多くの部が県内はもとより全国の舞台で成果を上げてきました。
     これまでの卒業生は、約27,000人を数え、陸前高田市はもとより、県内外に有為な人材を輩出し、多くの方が、各界で活躍されています。
     平成23年の東日本大震災津波では校舎全壊の甚大な被害を受けましたが、国内外から多くの支援をいただき、平成27年には新校舎が完成したほか、グラウンドや部室棟など関連施設の整備も進み、申し分のない教育環境が整いました。
     陸前高田市唯一の学校として地元からの期待も大きく、海洋システム科では、陸前高田市の基幹産業である水産業の担い手を育成しているほか、普通科からは地元企業への就職のほか、進学後に地元に戻り、地域の復興に貢献することを多くの生徒が目標としています。
     現在、本校では「総合的な探究の時間」に、陸前高田市のほか、立教大学や岩手大学など外部団体の協力もいただきながら、探究的な学習、通称「T×ACTION」に積極的に取り組み、課題解決能力を身につけたグローカル人材の育成を目指しています。
     創立100周年に向け、高田高校は、校訓「至誠・錬磨・創造」のもと、地元に愛され、世界と繋がる学校として、力強く、歩みを進めて参ります。

                                                                                岩手県立高田高等学校
                                                                                校長 坂 本 美知治