岩手県立水沢高等学校

  • 水高SSHのページ
  • 水高日記
  • 水沢高等学校同窓会

教育方針|Policy

校章・校歌・生徒会モットー|School Emblem/School Song/Motto

水沢高等学校校章 校章は、昭和23年校章制定委員会で制定されたもので、全形は雪の結晶、結晶六片の中心線は“水”の文字を示す。
偉人輩出の雪国の地水沢に学ぶことを誇りとし、三本の矢は自主的精神、科学的精神、清潔な精神を表し、結晶六片は燻し銀=雪を、髙の文字は金色=螢光を表し、螢雪の功に因んで平和日本(白色)文化日本(金色)の形成者たらんことを念じている。
校歌

草野心平 作詞
伊藤翁介 作曲


メロディ譜 (pdf)
ピアノ譜 (pdf)

  1. 遙かなる 二つ山脈 北上は 北の動脈
    ここみちのくの 大いなる地に 聳え立つ 我が学び舎ぞ
    水沢 水沢 ああ 水沢 われらが母校 水沢

  2. きらら星 先達あふれ 生かさばや 強き伝統
    真と善と美 はげしく求め 高鳴るよ 若き胸ぬち
    水沢 水沢 ああ 水沢 われらが母校 水沢

  3. 駒ヶ嶺 四季のあけぼの その高き 夢の象徴
    日よ輝けよ 雪の徽章に われらみな 未来を負わん
    水沢 水沢 ああ 水沢 われらが母校 水沢
生徒会モットー 友愛・清新・気魄
Friendship / Freshness / Fighting spirit

学校経営計画|School Management Plan

教育目標|Educational Goals

真善美を常に求め、自主自律の精神と創造建設の気魄に満ち、友愛と信義を重んずる心身ともに豊かでたくましい人間の形成を図る。

目指す学校像(重点目標)|School images

  1. 水高精神「伝統に培われた自由と創造の溌剌たる気風」の下、生徒と職員と保護者が信頼の絆で結ばれた学校
  2. 旺盛な探究心により自ら学問を切り拓き、培った知識・技能を活用しながら将来展望を確立できる学校
  3. 文武両道を旗印に諸活動に連携・協働して取り組み、自他を尊重する品位ある人間を育成する学校
  4. 自己実現に適う自律的な生活実践により、心身健康で幸福な人生の礎を築く学校
  5. 学校いじめ対策組織の取組を中核としたいじめの防止に注力する学校
  6. 郷土愛と学校愛に溢れ、地域と社会に貢献できる生徒を育成する学校

■詳しくは学校経営計画 (pdf)

各方針等|Policy/Action Plan


学校評価|School Evaluation

学校自己評価|School Self-assessment

学校評価アンケートの集計結果
生徒・保護者アンケート、教職員アンケートを実施し、経年変化も確認しながら考察します。


学校評議員会〔学校関係者評価会議〕|School Council

学校評議員会の記録
地域在住の5名の方を学校評議員に委嘱し、年2回実施しています。毎年、2回目の評議員会を学校関係者評価会議に位置づけています。


学校概要|Information

沿革|History

  • 明治44年04月 胆沢郡立実科高等女学校創立
  • 大正12年04月 岩手県立水沢実科高等女学校と改称
  • 大正15年04月 岩手県立水沢高等女学校と改称
  • 昭和21年04月 岩手県立水沢中学校設置
  • 昭和23年04月 学制改革により旧岩手県立水沢中学校、同水沢高等女学校、同水沢商業学校の3校を統合し、岩手県立水沢高等学校として発足【全日制普通科・商業科(男女)、併設中学校(3年のみ)、定時制普通科(中心校並びに南都田分校・金ケ崎分校)】
  • 昭和29年04月 商業科を分離し岩手県立水沢商業高等学校として独立。定時制中心校同校へ所属変更
  • 昭和34年04月 定時制南都田・若柳両分校を統合し胆沢分校として発足
  • 昭和39年04月 定時制金ケ崎分校全日制課程となる
  • 昭和43年04月 金ケ崎分校分離し岩手県立金ケ崎高等学校として独立
  • 昭和44年04月 理数科を設置
  • 昭和45年06月 創立60周年記念式典
  • 昭和50年04月 胆沢分校分離し岩手県立胆沢高等学校として独立
  • 昭和55年09月 創立70周年記念式典
  • 平成02年10月 創立80周年記念式典
  • 平成12年10月 創立90周年記念式典
  • 平成15年05月 スーパーサイエンスハイスクール(以下SSH)の指定を受ける(第1期:3年間)
  • 平成18年04月 SSHの継続指定を受ける(第2期:5年間)
  • 平成19年04月 普通科・理数科くくり募集
  • 平成20年04月 岩手県立胆沢高等学校と統合
  • 平成22年10月 創立100周年記念式典
  • 平成24年04月 SSHの指定を受ける(第3期:5年間)
  • 平成29年04月 SSHの指定を受ける(第4期:5年間)

創立100周年記念事業について|100th Anniversary Project