教育目標

教育目標

(本校は次のような人材の育成を目標として教育実践を行う)

  1. 豊かな知性と人間愛をもつ人
  2. 高い徳性と美を求める心をもつ人
  3. 強い体力と自主・自立の精神をもつ人

目指す学校像と行動指針・具体的な取り組み

目指す学校像

  1. 地域とともに歩む学校           
  2. 満足度の高い学校           
  3. 生徒が輝く学校

行動指針

生徒:グローバルに考え、ローカルに行動し、未来を切り拓いて行く力を身につける。
教員:生徒の多様な能力の開発と伸長を追求し、自らも学び続け、資質の向上を図る。

具体的な取り組み

☆「新しい『遠野物語』を創るプロジェクト」及び「国際交流事業への積極的参加」に「確かな学力を育むための授業改善」を加えた3本を本校の特色ある教育の柱として、これからの社会で活躍するために必要な資質・能力を育成するため、以下について指導の重点とする。

  1. 学習指導 「確かな学力の育成」
    • (1)適切な目標の設定と、目標に準拠した観点別評価の実施による指導と評価の一体化
    • (2)授業と有機的に関連させた家庭学習による、学習習慣および自学自習の姿勢の確立
    • (3)岩手県高校教育指導指針に基づいた、生徒の学力を保障するための授業改善の推進
    • (4)県教委・市教委・近隣小中学校、教育機関や地域団体との連携強化による学力向上
  2. 生徒指導 「積極性・主体性及び人間関係形成能力の育成と教育相談の充実」
    • (1)生徒が主体的に活躍する学校行事や委員会活動及び部活動等の充実
    • (2)ボランティアや各種コンクール、地域行事への積極的な参加の促進
    • (3)自他の命を大切に、生徒一人ひとりが相互に尊重しあう姿勢の醸成
    • (4)生徒参画と教育相談態勢の充実による、いじめや不適応の未然防止
  3. 進路指導 「未来を生きるための進路実現」
    • (1)総合生活力と人生設計力を育成し、社会で求められる資質・能力を高める進路指導
    • (2)地域や社会との接続を意識し、これからの社会で活躍できる人材を育てる進路指導
    • (3)ICTの活用や外部機関との連携により、主体的・内発的進路選択を促す進路指導
    • (4)全教員による小論文・面接指導と情報共有により、多様な進路に対応する進路指導
  4. シラバス
  5. リバイバルプラン
©2018 Iwate Prefectural Tono Senior High School
ページトップへ