入学案内

中学生用案内

校名 岩手県立遠野緑峰高等学校
 校長名 菊池 勇 
 創立 昭和23年 
開校記念日 5月2日
所在地 〒028-0541
岩手県遠野市松崎町白岩21-14-1
TEL:0198-62-2827 FAX:0198-62-2828
HPアドレス:http://www2.iwate-ed.jp/ryo-h/
交通機関 JR釜石線遠野駅 下車徒歩30分
早池峰バス土淵線 緑峰高校前 下車徒歩3分
校章
地図

1.設置学科等

課程 学科・コース名 設置年度 令和2年度生徒数
1年 2年 3年
全日制 生産技術科 生産科学コース 平成4年 30 25 19
生活文化コース 5 10
情報処理科 平成2年 28 21 19
157

2.本校の目指す生徒像

農業と商業に係わる幅広い産業に対応した実践力と、郷土・地域社会に貢献する積極的な態度を育て、未来を切り拓く感性と創造性豊かな人間の育成を目指しています。
生産技術科では「農業」と「家庭」に関する学習を通して、自ら課題を見つけて解決出来る能力と実践力を育てるとともに、地域産業界において活躍・貢献できる人材を育成しています。
情報処理科では「商業」に関する学習を通して、ビジネスについての知識と技術を習得させながら社会人としての資質・能力を育て、地域産業において活躍・貢献できる人材を育成しています。

3.県外からの志願者の受け入れについて

 
 上のバナーをクリックして、県外からの受け入れ要綱をご覧ください。

4.令和3年度の入学者選抜方法について


推薦入学者選抜 令和3年1月27日実施
学科名 生産技術科 定員 40人
募集定員 定員の20%(8人)
推薦基準

次の1~4の条件を満たした上で、5の条件のいずれかに該当する者

 

1 本校の教育を受けるに足る能力・適性を持つ者

2 基本的な生活習慣が身に付いている者

3 本校の当該学科に志望する動機・理由が明確で、専門教育の各分野に興味・関心があり、自己の目標達成のため入学後も意欲的な高校生活を送ることが期待される者

4 中学校3年間の欠席日数が原則10日以内の者

ただし、やむを得ない理由があるときはこの限りではない。

5 次のいずれかに該当する者

  ただし、(1)~(5)について、当該の活動を義務づけるものではない。

  なお、(1)~(5)は応募資格A、(6)~(7)は応募資格Bに該当する。

(1)スポーツ活動:中学校体育連盟等の県大会出場、地区大会3位以上の者、またはそれと同等の実力のある者

(2)文化・芸術活動:中学校文化連盟等の県大会出場、同等の各種コンクール入賞の者、またはそれと同等の実力のある者

(3)生徒会活動:生徒会役員、各種委員長、部長・主将を務めた者

(4)ボランティア・地域伝統活動等:継続的に行った実績を有する者

(5)資格取得等:漢字検定3級以上、英語検定3級以上、数学検定3級以上またはそれと同等の資格を有する者

(6)将来、農業又は農業関連分野の後継者となる強い意志がある者

(7)将来の職業が明確で、学習した内容を生かして進学又は就職をしようとする強い意志がある者
検査内容 ○ 面接
  1. (1)一次(個人面接 10分)
  2. (2)二次(個人面接 10分)
選抜方法
  1. 調査書(180点)
    「各教科の学習の記録」
    1・2年の9教科の評定合計(各45点)+3年の9教科の評定合計の2倍(90点)
  2. 実績および面接(120点)
    実績は調査書及び志望理由書に記載されている内容
  3. <合計 300点>
※合計点をもとに、総合的に判断して選抜する
一次選考の有無
学科名 情報処理科 定員 40人
募集定員 定員の15%(6人)
推薦基準
    1. 次の1~4の条件を満たした上で、5の条件のいずれかに該当する者

       

      1 本校の教育を受けるに足る能力・適性を持つ者

      2 基本的な生活習慣が身に付いている者

      3 本校の当該学科に志望する動機・理由が明確で、専門教育の各分野に興味・関心があり、自己の目標達成のため入学後も意欲的な高校生活を送ることが期待される者

      4 中学校3年間の欠席日数が原則10日以内の者

      ただし、やむを得ない理由があるときはこの限りではない。

      5 次のいずれかに該当する者

       ただし、(1)~(5)について、当該の活動を義務づけるものではない。

        なお、(1)~(5)は応募資格A、(6)~(7)は応募資格Bに該当する。

      (1)スポーツ活動:中学校体育連盟等の県大会出場、地区大会3位以上の者、またはそれと同等の実力のある者

      (2)文化・芸術活動:中学校文化連盟等の県大会出場、同等の各種コンクール入賞の者、またはそれと同等の実力のある者

      (3)生徒会活動:生徒会役員、各種委員長、部長・主将を務めた者

      (4)ボランティア・地域伝統活動等:継続的に行った実績を有する者

      (5)資格取得等:漢字検定3級以上、英語検定3級以上、数学検定3級以上またはそれと同等の資格を有する者

      (6)将来、商業又は商業関連分野の後継者となる強い意志がある者

      (7)将来の職業が明確で、学習した内容を生かして進学又は就職をしようとする強い意志がある者
検査内容 ○ 面接
  1. (1)一次(個人面接 10分)
  2. (2)二次(個人面接 10分)
選抜方法
  1. 調査書(180点)
    「各教科の学習の記録」
    1・2年の9教科の評定合計(各45点)+3年の9教科の評定合計の2倍(90点)
  2. 実績および面接(120点)
    実績は調査書及び志望理由書に記載されている内容
  3. <合計 300点>
※合計点をもとに、総合的に判断して選抜する
一次選考の有無

一般入学者選抜令和3年3月9日実施

学科・学系・コース 定員 推薦入学者選抜 一般入学者選抜
  • 面接方法
  • (面接は実施しない)
  • 選抜方法 小論文又は作文、適性検査の有無(空欄は斜線) 学力検査と調査書・面接などとの比率(空欄は斜線) 傾斜配点の有無とその内容
    有・無 個人 集団 小論文
    作文
    適性検査 A選考 B選考 C選考
    生産技術科 40 20 8 A選考70%
    B選考30%
    5:5 3:7
    情報処理科 40 15 6 A選考70%
    B選考30%
    5:5 3:7

    5.特色ある教育活動

    (1) 教育実践

    1. (1)1年生では、基礎・基本の習得、自主的・積極的な学習態度の育成を図り、2・3年生では、普通科目と専門科目の調和のとれた個別指導を強化しています。
      そのために、国語・数学・英語・簿記・財務会計Ⅰ・課題研究・総合実践・情報処理・ビジネス情報・プログラミングでは習熟度別やTT(チームティーチング)で授業を展開しています。
    2. (2)時代の進展に対応できる産業人の育成のために、『先進農家宿泊研修』・『チャレンジショップ』・『研究活動』や『ボランティア活動』を実施し、地域に開かれた特色ある教育活動を進めています。

    (2) 特別活動

    『校内体育大会(グリーンカップ)』・『緑峰祭』・『農業クラブ・商業クラブ校内意見発表会』等の諸行事をはじめ生徒会、農業クラブ・商業クラブにおいて、自主的・積極的参加をモットーに活動し、近年の農業クラブ活動ではプロジェクト研究発表等で全国大会優秀賞に輝くなど、大きな成果をあげています。部活動においても、運動部・文化部ともに熱心に活動を行っています。

    運動部 陸上部(男女) サッカー部(男) 硬式野球部(男)バレーボール部(女)
    文化部 吹奏楽部 書道部 美術部 写真部 茶華道部 馬事研究会

    生産技術科
    ホップ和紙の研究

    情報処理科
    チャレンジショップ

    活動の様子 はこちらで

    6.校長からひとこと

     遠野緑峰高校は、農業系の「生産技術科」と商業系の「情報処理科」の二つの学科が設置されている本年度72年目を迎えた伝統ある専門高校です。

    「自立・創造・躍進」を校訓に、建学の精神を表す「拓心」を校是として、遠野郷の自然と緑豊かな恵まれた教育環境の中で、生徒一人ひとりの特性や能力を引き出し、農業と商業、それぞれの専門性の深化を図り、地域産業界に貢献できる人材育成に努めています。

    生徒は、それぞれの専門的な知識・技術の習得、各種資格取得に積極的に挑戦し、意欲的に学習活動に励んでいます。また、各科生は農業クラブ、商業クラブの一員として、意見発表会や課題研究・プロジェクト発表を通じて、地域との深いつながりを感じながら、様々な研究課題に取り組んでいます。

    進路実現に向けても、地元企業等の絶大なるご協力を頂き、各年次ごとにキャリア教育を充実させて、進学・就職ともに希望する進路目標を達成しています。自己の夢の実現のために積極的に努力しようと考えている生徒の皆さん、自分を輝かせたいなら、個を大切にする遠野緑峰高校で一緒に学びませんか!

     皆さんをぜひお待ちしています。

    7.必要となる諸経費の概要

    【令和2年入学生実績】
    ○諸会費 3万9000円
     内訳:教育振興費15000円、PTA会費5400円、生徒会費10200円、部活動援助費7200円、同窓会費1200円)
    ○諸納金
     所属団体への分担金、検査・検定の代金、副教材費、生徒会誌制作費、野球応援バス代、芸術鑑賞代など。
      生産技術科    7万4000円
      情報処理科    7万3000円

    8.公立高等学校就学支援金制度に関する県教育委員会からのお知らせ

    1. (1)平成26年度から県立高校の授業料に高等学校等修学支援金制度が導入されました。
    2. (2)この制度により、一定の所得未満の家庭の高校生は授業料の納付が不要となりました。
    3. (3)一定の所得未満とは、保護者等の所得について、以下の算定式により計算した額が、30万4,200円未満の場合です(年収目安910万円未満)。
      【算定式】課税標準額(課税所得額)×6%-市町村民税の調整控除の額
    4. (4)手続き等については、入学手続き関係書類の送付と併せてお知らせする予定ですが、制度について詳しくお知りになりたい方は、下記の文部科学省ホームページ「高等学校等就学支援金制度(新制度)について」をご覧ください。
      http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/index.htm
    5. 【参考】県立高校授業料・通信制高校受講料
      全日制(月額)9,900円  定時制(月額)2,700円  通信制(1単位)190円
    高等学校修学支援金制度(新制度)について