HOME >> 校長から

本校は、1948(昭和23)年岩手県立久慈農林高等学校定時制種市分校として普通科1学級で創立されました。その後、1952(昭和27)年には潜水科(1963(昭和38)年久慈高校全日制別科潜水工業科となる)が設置され、1965(昭和40)年には普通科が全日制となり、1970(昭和45)年に普通科3学級、別科潜水工業科1学級の種市高校として独立しました。1972(昭和47)年には水中土木科(1988(昭和63)年海洋開発科設置により閉科)が新設され、1987(昭和62)年には新校舎が建築され、2018(平成30)年には創立70周年を迎えました。2019(令和元)年3月には、第七代「種市丸」43tが竣工し、より新しい設備での実習が行われています。
 また、2018(平成30)年4月に開寮した洋野町営種市高等学校学生寮(定員16名、原則として海洋開発科生徒のみ入寮可)で生活する生徒は、誕生会などのイベント等を通してお互いを理解し、将来の目標に向かって頑張っています。
 これまでの卒業生は、普通科約5,000名、潜水科・潜水工業科・水中土木科・海洋開発科合計約1,700名を数え、全国各地で活躍しております。
 この春の卒業生については、進学は、公立大2名を含む四年制大学6名、国立大学校1名、専門学校7名。就職は、自衛隊1名、県内8名、県外18名。
 部活動は、運動部8部、文化部2部があります。運動部の主な活躍を紹介します。レスリング部は、全国高校生グレコローマンスタイルレスリング選手権大会男子60圈92圓暴仂譴轡戰好16、北信越総体2021では男子92kg級(初戦)、女子47kg級(初戦)、53垉(初戦)、62圈塀蘋錙砲暴仂譟三重国体には女子1名が出場予定でしたが新型コロナウイルス感染症拡大により大会は中止。全国高等学校選抜レスリング大会では男子60(初戦)、125(初戦)に出場、92圓任和茖軌牝賞。県高校新人レスリング選手権大会優勝などの結果を残してくれました。卓球部は、県新人大会女子ダブルスでベスト8、野球部は、全国高校野球選手権岩手大会で連合チーム(大野高校、紫波総合高校、本校の洋野紫波連合)として岩手県初の1勝をあげるなどの活躍を見せてくれました。
120年以上の歴史を誇る「南部もぐり」の伝統を引き継ぐ海洋開発科。従来の水中土木工事のための調査、計画、設計、施工、管理に加え、近年は関西国際空港、羽田空港の拡張工事などの大規模事業をはじめ、海外での深海調査、油田採掘等で先端技術を駆使した工法の採用もあって、より高度な技術者が求められるようになり、本科ではその期待に応えるべく勉学に、資格取得に励んでいます。
 校是「自愛 自立 自彊」のもと、魅力化協働パートナーとともに生徒一人ひとりを大切に、そして社会に有益な人材の育成を目指して、74年目の種市高校は今日も歩みを進めます。


                                     校長 村上 智芳


↑ページのTOPへ
Copyright (C) 2013 Taneichi Koutougakkou.