中学生用案内 ダウンロード版はこちらです

設置学科等

課 程 学 科 名 コース名 設置年度 平成29年度 生徒数 (29.5.1現在)
1年 2年 3年
全日制 普 通 科   昭和23年 100 111 107
生産技術科 生産科学
生活科学
平成 5年 39 38 34
産業技術科   昭和61年 33 31 30

▲ 戻る

本校の目指す生徒像

自主・自律の精神に富み、生涯にわたり学ぶ意欲と国際的視野を持った、心身ともに健康でたくましい生徒。

▲ 戻る

平成30年度の入学者選抜方法について

平成30年度の募集定員や選抜方法は平成29年10月に確定します。

平成29年度一般入学者選抜方法(平成29年1月26日実施済)

普通科・生産技術科・産業技術科ともに共通
各選考方法の割合% 70 10 20
学力検査と調査書・面接等との比率 5:5 3:7 7:3
小論文・作文、適性検査、傾斜配点の有無等 な し

平成28年度諸経費 ※一年生のものです

  普通科 生産技術科 産業技術科
入学料  5,650 5,650 5,650
入学時諸納金
(運動着・靴を含む) 
85,600 95,300 103,200
諸会費  50,000  50,000  50,000 
 制服(夏物を除く)   男 41,790  41,790  41,790 
 女 43,670 43,670  43,670 
計    男 183,040  192,740  200,640 
 女  184,920 194,620  202,520 

※ 授業料(月額9900円)については、下欄の「授業料無償制見直しに関する県教育委員会からのお知らせ」を参照

▲ 戻る

特色ある教育活動

(1)教育目標

自主・自律の精神に富み、生涯にわたり学ぶ意欲と国際的視野を持った心身ともに健康でたくましい人間を育成する。

(2)学校経営方針

 丁寧に生徒と向き合い人間関係を作り、生徒一人ひとりを大事にする教育を実践し、普通科・専門学科設置校の特長を生かし高い志を持って21世紀を切り拓く人物を育てる。生徒と共に授業を作り、教職員も生徒も感動と変容を実感する学校づくりに本気で挑戦し、生徒・保護者・地域から信頼される学校を目指す。

(3)学科・コースの特徴

普通科

一人ひとりの個性・適性を生かす教育を目指し、進学・就職希望者に対して、特色ある教育活動を展開します。2年生から進路希望に応じたコース制をとり、大幅な科目の選択ができるのが特徴です。


生産技術科

100年を越える農業関連学科の歴史を継承し、実習活動による人間教育に加え、農業、調理、被服、福祉などに関する知識と技術を学ぶことで、社会に対する幅広い応用力を持つ人材を育てることを目標としています。幅広く多様な就職が選択可能なほか、専門性を深めるために進学する生徒も多数います。

- 生産科学コース

作物の栽培のほかに、環境保全、流通、経営、パソコン活用などの学習をし、社会性に優れた知識と技術を身につけることができます。

- 生活科学コース

被服や調理はもちろん、福祉や保育、看護、生物活用、情報処理など日常生活と密接に関わる分野の知識と技術を身につけることができます。


産業技術科

 エレクトロニクス・IT・ビジネスの基礎を習得し、日々変化する情報化社会へ柔軟に対応する力と、社会の中核となって活躍できる実践力を持った人材を育成します。

(4)部活動

心身を鍛え、社会性を養い、礼儀正しい人間性を育成することを目標として、部活動があります。

特にバドミントン、ソフトテニス、ボクシング、柔道部、吹奏楽部が県内上位の成績を収めており、ソフトボール、陸上競技、音楽、写真、書道部は全国レベルの活躍をしています。

運動部

陸上、硬式野球、ソフトボール、サッカー、ソフトテニス、バスケットボール、バレーボール、バドミントン、卓球、剣道、柔道、弓道、ワンダーフォーゲル、ボクシング

文化部

吹奏楽、音楽、書道、美術、演劇、写真、茶道、箏曲                                                  

(5)生徒会活動

本校では生徒会行事が充実しており、クラスマッチ、合唱コンクール、公開文化祭(千仰祭)等、いずれも盛大に行われ、生徒一人ひとりに活躍する機会があります。また、生徒会の活動状況をまとめた生徒会誌『轍』は、県高等学校生徒会誌コンクールにおいて平成5年から連続で上位入賞を果たしています。

地域と連携した活動やボランティア活動にも取り組んでおり、12月の「クリスマス企画」では、町内の老人ホームや病院を訪問し、清掃活動やミニコンサート等を実施するなど、多くの方々と交流を深めています。

▲ 戻る

校長から一言

 千厩高校は1901年(明治34年)に創立以来、様々な変遷を経て、今年創立116年目を迎えました。本校は普通科・生産技術科・産業技術科の3学科から構成されている学校です。丁寧に生徒一人ひとりと向き合い、人間関係を作り、生徒と授業を作り、生徒も教職員も感動と変容を実感する学校作りに本気で取り組んでいます。
 卒業後の進路については、本校には複数の学科があることから、国公立大学進学から管内企業の就職まで、個人の希望と適性を見極めながら、親身になって相談に乗り、各人の夢を叶えるよう全力でサポートしています。
 入学を希望する皆さんが、広大な敷地と恵まれた環境の中で、勉学に、部活動に、そして様々な学校行事を通して、明るく楽しい学校生活を送るとともに、自分の夢に向かい、切磋琢磨しながら、可能性を追求してほしいと考えています。
 より多くの中学生の皆さんが本校へ入学してくることを願っています。

▲ 戻る

授業料無償制見直しに関する県教育委員会からのお知らせ

(1)平成26年度から県立高校の授業料に高等学校等就学支援金制度が導入されました。。
(2)この制度により、一定の所得未満の家庭の高校生は授業料の納付が不要になりました。
(3)一定の所得未満とは、保護者の市町村民税所得割額が30万4200円未満の世帯となります。
(4)手続き等については、入学手続き関係書類の送付と併せてお知らせする予定ですが、制度について
   詳しく知りたい方は、下記の文部科学省ホームページ「高等学校等就学支援金制度(新制度)について」
   をご覧下さい。

  http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/index.htm

【参考】県立高校授業料・通信制受講料
   全日制(月額)9,900円 定時制(月額)2,700円 通信制(1単位)190円

▲ 戻る