学校概要

校長あいさつ

校長 稲森 藤夫

  千厩高校は、明治34年、郡立東磐井蚕業学校として創立されました。以来、時代の変化に応じた幾多の変遷を経て、平成23年に創立110周年記念式典を挙行しました。平成28年である今年は、創立115年目を迎え、岩手県でただ一校、普通科と農業系の生産技術科、工業系の産業技術科がある高校です。それぞれの科がそれぞれの特色を出しながら、全体として千厩高校の生徒が有意義な高校生活を送ることを目標としています。

  普通科は進学、専門学校、就職と多様な進路に対応する学科です。定員は、平成26年4月より120名で、大学や専門学校など進学を志す生徒や、就職を希望する生徒たちが普通教科を学んでいます。本校は、平成22年度以降、普通科を中心に国公立大学の合格者を20名前後出しています。また、就職に関しては、毎年のように就職内定率がほぼ100%に達し、継続的に公務員合格者も数多く輩出しています。

  生産技術科は普通科目のほかに農業関係の科目を学習します。定員は40名です。実習の時間や幼稚園、農協など外部との交流もあり知識だけではなく実践を通して農業を深く学んでいます。宮沢賢治先生の精神歌に「我らは黒き土に伏しまことの草の種まけり」という一節があります。人間性豊かな職業人の育成という観点から、人と接し、自然やものとかかわり、命を守り育てるという農業教育の特長を生かし,職業人として必要な人間性を養うとともに、環境問題や食の安全等についても考え、学ぶことを通して、生命・自然・ものを大切にする心、規範意識、倫理観等を育成しています。大学へ進学する生徒もおり、本校では最も歴史のある学科です。

  産業技術科は普通科目と工業関係の科目を学習します。定員は40名です。特に情報や電子関係について学んでいます。前身である千厩東高校時代からロボット競技には伝統があり、全国大会では2回の優勝経験があります。また、全国工業高等学校長協会ジュニアマイスター顕彰制度において、シルバー・ゴールドはもとより、プラチナ特別表彰を受賞するなど、資格取得や有用な各種検定、競技会への挑戦、最先端技術の習得、大学への進学等、目標をもった意欲的な学習を通して、知識、技術及び技能の定着、実践力の深化を図っています。

  部活動では、運動部、文化部、同好会を合わせ合計26の活動がおこなわれています。恵まれた環境の中で、日々努力している結果として、運動部でも文化部でも全国大会出場を果たしている部があります。今後もさらなる活躍が期待されています。

  本校は創立以来「生徒一人ひとりを大切にする教育」を最優先にして全教職員が一丸となって取り組んでいます。また、生徒一人ひとりが自己の在り方・生き方を考え、主体的に進路を選択し、社会人・職業人として自立するための能力を育むため、進路指導はもとより全ての教育活動をキャリア教育の視点から捉え直し、計画的・組織的に取り組んでいます。その結果として、入学してから卒業するまでの3年間で、千厩高生は見違えるほどの成長を見せてくれます。そしてこのことが外部からの高い評価につながっていると考えています。これからも生徒の限りない可能性を引き出しながら、学ぶ環境を整え、家庭との連携を密にして楽しく、快適な高校生活が送れるように努力していきます。

▲ 戻る

教育目標及び学校経営方針

教育目標

自主・自律の精神に富み、生涯にわたり学ぶ意欲と国際的視野を持った心身ともに健康でたくましい人間を育成する。

平成28年度学校経営方針

「生徒一人ひとりを大事にする教育」を実践する。普通科・生産技術科・産業技術科および学年・分掌の目標を明確に定め、その目標達成に職員が協同して取り組み、各分野での学校教育力の検証と向上を目指す。

  1. 生徒一人ひとりが学ぶ意義を理解し、学習面の基礎・基本を確実に定着させるため、生徒による授業評価や日常の授業での「気づき」を踏まえた授業改善により教員の授業力向上を図り、生徒にとってより分かりやすい授業を展開する。
  2. 生徒一人ひとりの豊かな感性や情操を育み、好ましい人間関係を築く能力や進んで人を助けるなどの基本的な道徳観を身につけさせるため、道徳教育や体験活動・読書活動を道徳教育全体計画に位置付けて学校教育活動全体で取り組む。
  3. 生徒一人ひとりが自己の在り方・生き方を考え、主体的に進路を選択し、社会人・職業人として自立するための能力を育むため、進路指導や職業指導をキャリア教育全体計画に位置付けて計画的・組織的に取り組む。
  4. 高校生が身につけなければならない基礎力 「 読む、聞く、書く、まとめる、考える、発表する 」 を養い、社会への関心を深めるため、新聞記事を活用した教育(NIE)および課題研究活動を推進する。
  5. 危機発生時に生徒や教職員の安全を確保するため、危機の予知・予測、危機の防止・回避、危機発生時の対処、危機の再発防止等の危機管理に努め、安全教育と安全管理に計画的・組織的に取り組む。
  6. 生徒・保護者・地域から信頼される学校にするため、目標達成型の学校経営計画の策定および学校評価(自己評価・学校関係者評価)の実施・公表を行うことで、学校評議員・PTA・同窓会、関係機関との連携を深めて 「 地域に開かれた学校づくり 」 を推進する。
  7. 東日本大震災津波の体験を踏まえ、災害の知識や身の守り方、復興における自分自身の役割、地域との関わり方などを総合的に学ぶ 「 いわての復興教育 」 プログラムに基づく教育活動を推進する。
  8. 生徒一人ひとりの健やかな心身の発達が、すべての教育活動の成果に結びつくものであり、日常的な健康観察を推し進めていく。

▲ 戻る

施設設備紹介

施設設備紹介(PDFファイル)

施設設設地図(別ウィンドウで開きます)

▲ 戻る

平成28年度 生徒状況

学年 男子 女子
1学年 普通科 A 16 23 39
B 17 22 39
C 16 23 39
生産技術科 D 12 26 38
産業技術科 E 31 0 31
  92 94 186
学年 男子 女子
2学年 普通科 A 14 19 33
B 15 25 40
C 17 18 35
生産技術科 D 12 23 35
産業技術科 E 31 0 31
  89 85 174
学年 男子 女子
3学年 普通科 A 15 11 26
B 14 12 26
C 15 16 31
D 15 17 32
生産技術科 E 8 33 41
産業技術科 F 37 0 37
  104 89 193
学校全体 男子 女子
285 268 553

▲ 戻る

教育課程

平成28年度教育課程(PDFファイル)

平成28年度入学生教育課程(PDFファイル)

▲ 戻る

年間行事予定

平成28年度年間行事予定表(PDFファイル)

▲ 戻る

アクセス

岩手県立千厩高等学校

アクセスマップ

〒029-0855
岩手県一関市千厩町千厩字石堂45-2
TEL: 0191-53-2091
FAX: 0191-52-3170

国道284号線沿い(岩手県千厩警察署近く)
JR大船渡線千厩駅下車。徒歩10分。

Google マップで見る

JR

東北新幹線・東北本線 "一ノ関駅" より大船渡線に乗り換え。
一ノ関駅 → 千厩駅(大船渡線) 約1時間弱
千厩駅から徒歩 約10分

バス

岩手県交通千厩高校前下車徒歩1分

一ノ関駅から 約25km
一関ICから 約28km
千厩駅から  約800m

▲ 戻る

校 訓

質実剛健

質素で飾り気がなく、誠実であり、心身ともに強くたくましい人間育成をめざす。

文武両道

学習活動と部活動を両立させ、知・徳・体のバランスのとれた人間育成をめざす。

▲ 戻る

校 章

校章イメージ

校章は戦後の学制改革による千厩高校の発足時に制定された。昭和49年の学校分離により千厩農業高校に、昭和63年の校名改称により千厩東高校に、さらに平成14年の学校再編計画により開校した千厩高校に受け継がれた。デザインは、桑葉に生糸を配したものである。桑樹は、生命力に旺盛にして強靭、生糸は、純粋無垢、優美高尚の象徴である。即ち、本校の礎が堅固であり、絶えず進展、躍動する青春を意味する。

▲ 戻る

スクールカラー

ネイビーブルー(明るい濃紺色)

100年の伝統を踏まえた落ち着いた色調の中に清楚さと礼儀正しさをあわせ持っている。

▲ 戻る

沿革

沿革(PDFファイル)

▲ 戻る

校歌・応援歌

校歌

千厩高校校歌「理想の翼」 (MP3 2.3MByte)

旧千厩高等学校校歌 (MP3 2.5MByte)

旧千厩高校校歌

旧千厩・千厩農業・千厩東高等学校校歌 (MP3 2.1MByte)

旧千厩東高校校歌

岩手県立農蚕学校校歌 (MP3 1.5MByte)

岩手県立農蚕学校校歌

応援歌

応援歌は、旧千厩高校と旧千厩東高校のいくつかの応援歌が受け継がれています。
歌詞のみ紹介します。

応援歌図1

応援歌図2

応援歌図3

応援歌図4

応援歌図5

応援歌図6

▲ 戻る

ダウンロード

学校案内

学校案内2016年版(PDFファイル)

千厩町ヒヤリマップ

千厩町ヒヤリマップ(PDFファイル)

各種申込書ダウンロード

生産技術科中学生体験入学Ⅱ
申込書類関係
実施要項(pdfファイル)
申込書(excelファイル)
担当者:生産技術科 瀬川範明(せがわ のりあき)
Mail: ptf61-n-segawa@iwate-ed.jp

▲ 戻る