学校概要

校長挨拶

校長 茂庭 隆彦

 千厩高校は、ミレニアム世紀である20世紀最初の1901年(明治34年)に、郡立東磐井蚕業学校として創立されました。以来、時代の変化に応じた幾多の変遷を経て、平成23年に創立110周年記念式典を挙行しました。平成30年である今年は、創立117年目を迎え、岩手県でただ一校、普通科と農業系の生産技術科、工業系の産業技術科がある高校です。さわやかな挨拶が飛び交う、相手を気遣う生徒の集まりです。校訓は「質実剛健」「文武両道」です。知・徳・体のバランスが取れ、質素で飾り気がなく誠実でタフネスさを備えた人間育成を目指します。それぞれの科が特色を出しながら、自主・自律の精神に富み、生涯にわたり学ぶ意欲と国際的視野を持った心身ともに健康でたくましい人間を育成することを目標としています。

 普通科は普通教科を中心に学習します。1学年の定員は、平成26年4月から120名です。大学や短期大学など進学を志す生徒や、就職を希望する生徒など多様な進路に対応する学科です。平成22年度以降、普通科を中心に国公立大学の合格者を20名前後(昨年度は23名)出しています。また、就職に関しては、毎年のように就職内定率が100%に達し、継続的に公務員合格者も数多く輩出しています。

 生産技術科は普通科目のほかに農業関係の教科を学習します。1学年の定員は40名です。実習の時間や幼稚園、農協など外部との交流もあり知識だけではなく実践を通して農業を深く学んでいます。宮沢賢治先生の精神歌に「我らは黒き土に伏しまことの草の種まけり」という一節があります。人間性豊かな職業人の育成という観点から、人と接し、自然やものとかかわり、命を守り育てるという農業教育の特長を生かし、職業人として必要な人間性を養うとともに、環境問題や食の安全等についても考え、学ぶことを通して、生命・自然・ものを大切にする心、規範意識、倫理観等を育成しています。大学へ進学する生徒もおり、本校では最も歴史のある学科です。

 産業技術科は普通教科と工業関係の教科を学習します。1学年の定員は40名です。特に情報や電子関係について学んでいます。昭和61年に全国初の産業技術科として設置され脚光を浴びました。前身である千厩東高校時代からロボット競技には伝統があり、全国大会では2回の優勝経験があります。また、全国工業高等学校長協会ジュニアマイスター顕彰制度において、シルバー・ゴールドはもとより、プラチナ特別表彰を受賞するなど、資格取得や有用な各種検定、競技会への挑戦、最先端技術の習得、大学への進学等、目標を持った意欲的な学習を通して、知識、技術及び技能の定着、実践力の深化を図っています。

 部活動では、運動部、文化部、同好会を合わせ合計22の活動が行われています。恵まれた環境の中で、日々努力している結果として、ソフトボール部、陸上競技部、箏曲部、吹奏楽部など県代表として東北大会以上に出場を果たしている部があります。現在、平成32年度までに隣接する校地に実習農地と合わせ、昨年度新設された弓道場のほか、硬式野球場、ソフトボール場、全天候型テニスコートが新設され第2グラウンドの整備も完成します。今後も更なる活躍が期待されています。

 本校は創立以来「生徒一人ひとりを大切にする教育」を最優先にして、全教職員が一丸となって取り組んでいます。また、生徒一人ひとりが自己の在り方・生き方を考え、主体的に進路を選択し、社会人・職業人として自立するための能力を育むため、NIEを始め諸活動を進路指導に連動させ、全ての教育活動をキャリア教育の視点から捉え直し計画的・組織的に取り組んでいます。その結果として、入学してから卒業するまでの3年間で、千厩高生は見違えるほどの成長を見せてくれます。このことが外部からの高い評価につながっていると考えています。今後は本地域にILCの誘致が見込まれ、教育・医療・住宅・インフラ環境が大きく変容し、一層地域に貢献するグローカルな人財の輩出が求められます。

▲ 戻る

平成30年度 教育目標及び学校経営方針

1 教育目標


 自主・自律の精神に富み、生涯にわたり学ぶ意欲と国際的視野を持った心身ともに健康でたくましい人間を育成する。   
 

2 学校経営方針

 丁寧に生徒と向き合い人間関係を作り、生徒一人ひとりを大事にする教育を実践し、普通科・専門学科併置校の特徴を生かし高い志を持って21世紀を切り拓く人物を育てる。生徒と共に授業を作り、教職員も生徒も感動と変容を実感する学校作りに本気で挑戦し、生徒・保護者・地域から信頼される学校を目指す。

(1) 授業の充実と学力向上

①  「分かる授業(生徒2年意識調査、国語80%・数学73%・英語目標65%)」、「主体的・対話的で深い学び」の授業を展開し、教えるから学び合う場に変え、基礎・基本的な知識や技能を習得させる(2年基礎力確認調査平均正答率、国語目標48%、数学[普]目標48%、英語目標48%)。全教職員による『千仰授業改善プロジェクト』(→(5)①)を推進する。 
目標に準拠した評価、観点別評価を定着させ、必要な生徒へきめ細やかな支援をする。
総合的な学習の時間、復興教育、朝読書や各教科の図書指導、「千高NIE」などを有機的に関連付けて推進し、思考力・表現力と情報処理能力の育成に努める。
授業と連動した家庭学習課題及び点検を励行し、家庭学習(2年平日家庭学習時間1時間未満目標36%、目標2時間以上21%)の充実を図る。 

(2) 生徒指導の充実、生徒会活動・部活動の活性化、健康な体と豊かな心を育む教育、復興教育、人権教育、主権者教育の推進及び地域振興への取組 
  生徒理解に努め、差別感や疎外感がない、生徒が生きがいを持てる学級経営をする。(自分にはよいところがあると思っている生徒の割合目標値67%
  「いわての復興教育」に取り組み、震災復興・地域振興に寄与する人財を育む。「そなえる」教育、避難訓練等を充実させ、減災意識の涵養と防災・安全教育を推進する。
  生徒会の三大目標「挨拶の励行、時間の厳守、端正な服装」の日常的実践を促す。
  生徒会活動の活性化を図る。部活動や生徒会活動・委員会活動・学校行事等に生徒が主役として主体的に取り組むことができるように全面的に支援する。
  生命に対する畏敬、他者との共生、いじめをノックアウトする人権尊重の態度の育成などの人権教育、ネット、スマートフォンの利用指導、犯罪の未然防止などの情報モラル教育を推進する。生徒の声を直接校長に届けるプリンシパルボックスを設置する。
  地域貢献活動や安全教育を実施する。一関市役所千厩支所等と連携して、ボランティアや地域活性化に努める。命の講演会、集会、通学路での交通指導やバイク実技講習・点検を行い無事故を目指す。
  SCや調査紙を活用し生徒一人ひとりの心身の健全な発達を促すための健康観察をする。
  主権者教育を計画的・継続的に実施する。 


(3) キャリア教育の推進と進路実現のための指導の充実

  「総合生活力」「人生設計力」の育成を図るキャリア教育を充実させる。
  生徒理解に努めるとともにNIEをはじめ諸活動体験を進路選択に連動させ、組織的、計画的かつきめ細やかな進路指導により進路志望実現を図る。
  小論文、志望理由書及び面接指導の校内研修の実施と生徒の進路希望に即した各種課外・面接指導・小論文指導を全校体制で組織的に推進する。
  進路情報や進路講演会を活用し、生徒・保護者に職場や上級学校への意識改革を図る。
3年進路目標:国公立大20名以上、大学等進学希望達成率92%・就職希望達成率100%


(4) 普通科・生産技術科・産業技術科の特徴を生かした教育及び三科融合によるイノベーションの推進
  普通科
多様な進路に対応した進路情報の提供と目標を実現する学力の育成を図る。 
  生産技術科
農業教育をベースに基礎基本が「分かり」「意欲的に取り組む」授業や実習を展開し、幅広い分野への志を持つ人財を育成する。(各種資格取得・検定合格への計画的な取組、農業技術検定合格率85%以上、プロジェクト研究の推進、上級学校への進学指導等)
  産業技術科
社会人基礎力を有し、工業に関する幅広い知識、実践的な技能・技術及び問題解決能力を併せ持った人財を育成する。(ジュニアマイスター表彰者10名以上、第二種電気工事士合格率60%以上、技能検定合格率75%以上、丙種危険物取扱者合格率70%以上等) 
地域企業との連携や地域の方々との交流を図り、地域の産業を支えるものづくり人財を育成する。(課題研究、企業と連携したインターンシップ・講演会等) 
  三科を融合する本校独自の特色ある取組の年度内の実施、中・長期の在り方を検討する『千仰イノベーションワーキンググループ』を設置する。 


(5) 教職員の教育力の向上及び信頼される学校作りの推進

  全教職員がチームを作り教材研究の徹底と指導法研究などOJTによる組織的な授業力向上を主眼とした『千仰授業改善プロジェクト』に取り組む。
  自己評価・学校関係者評価・授業アンケートを行い、学校運営・組織力の改善を図る。
  学校・各学科の説明会や学校ホームページへの速やかな情報掲載や更新、校報の発行などの情報発信力を強化する。苦情に対しても誠意を持ってスピーディに対応する。
  教職員の教育力向上を図るため先進校視察・研修等への派遣を計画的に実施する。
  時間、物など授業・部活動に集中できる環境を整備して、校務の効率化に努める。
  平成32年度完成予定の新グラウンド整備への対応と代替練習場確保等の調整を行う。
  教育に対する市民・県民の信頼を確保するためコンプライアンスを推進し、適切堅実な業務環境の構築と不祥事の撲滅を期する。

▲ 戻る

施設設備紹介

施設設備紹介(PDFファイル)

施設設設地図(別ウィンドウで開きます)

▲ 戻る

平成30年度 生徒状況

学年 男子 女子
1学年 普通科 A 13 23 36
B 13 24 37
C 14 23 37
生産技術科 D 13 25 38
産業技術科 E 31 0 31
  84 95 179
学年 男子 女子
2学年 普通科 A 10 18 28
B 9 21 30
C 16 26 42
生産技術科 D 14 25 39
産業技術科 E 33 0 33
  82 90 172
学年 男子 女子
3学年 普通科 A 20 13 33
B 9 27 36
C 18 24 42
生産技術科 D 12 26 38
産業技術科 E 29 0 29
  88 90 178
学校全体 男子 女子
256 275 529

▲ 戻る

教育課程

平成30年度授業時数一覧(PDFファイル)

▲ 戻る

年間行事予定

平成30年度年間行事予定表(PDFファイル)

▲ 戻る

アクセス

岩手県立千厩高等学校

アクセスマップ

〒029-0803
岩手県一関市千厩町千厩字石堂45-2
TEL: 0191-53-2091
FAX: 0191-52-3170

国道284号線沿い(岩手県千厩警察署近く)
JR大船渡線千厩駅下車。徒歩10分。

Google マップで見る

JR

東北新幹線・東北本線 "一ノ関駅" より大船渡線に乗り換え。
一ノ関駅 → 千厩駅(大船渡線) 約1時間弱
千厩駅から徒歩 約10分

バス

岩手県交通千厩高校前下車徒歩1分

一ノ関駅から 約25km
一関ICから 約28km
千厩駅から  約800m

▲ 戻る

校 訓

質実剛健

質素で飾り気がなく、誠実であり、心身ともに強くたくましい人間育成をめざす。

文武両道

学習活動と部活動を両立させ、知・徳・体のバランスのとれた人間育成をめざす。

▲ 戻る

校 章

校章イメージ

校章は戦後の学制改革による千厩高校の発足時に制定された。昭和49年の学校分離により千厩農業高校に、昭和63年の校名改称により千厩東高校に、さらに平成14年の学校再編計画により開校した千厩高校に受け継がれた。デザインは、桑葉に生糸を配したものである。桑樹は、生命力に旺盛にして強靭、生糸は、純粋無垢、優美高尚の象徴である。即ち、本校の礎が堅固であり、絶えず進展、躍動する青春を意味する。

▲ 戻る

スクールカラー

ネイビーブルー(明るい濃紺色)

100年の伝統を踏まえた落ち着いた色調の中に清楚さと礼儀正しさを併せ持っている。

▲ 戻る

沿革

沿革(PDFファイル)

▲ 戻る

校歌・応援歌

校歌

千厩高校校歌「理想の翼」 (MP3 2.3MByte)

旧千厩高等学校校歌 (MP3 2.5MByte)

旧千厩高校校歌

旧千厩・千厩農業・千厩東高等学校校歌 (MP3 2.1MByte)

旧千厩東高校校歌

岩手県立農蚕学校校歌 (MP3 1.5MByte)

岩手県立農蚕学校校歌

応援歌

応援歌は、旧千厩高校と旧千厩東高校のいくつかの応援歌が受け継がれています。
歌詞のみ紹介します。

応援歌図1

応援歌図2

応援歌図3

応援歌図4

応援歌図5

応援歌図6

▲ 戻る

ダウンロード

学校案内

学校案内2018年版 (PDFファイル)

千厩町ヒヤリマップ

千厩町ヒヤリマップ(PDFファイル)

各種申込書ダウンロード

平成30年度 生産技術科体験入学Ⅱ(9月29日(土)実施)
千厩高校生産技術科体験入学Ⅱ申込ファイル H30 (Excelファイル)


▲ 戻る