本文へスキップ

岩手県立杜陵高等学校奥州校は、定時制と通信制の課程からなる岩手県で最も新しい単位制の学校です(平成21年4月開校)

【定時制】TEL. 0197-22-8611

〒023-0816 岩手県奥州市水沢区西町3-20

【通信制】TEL. 0197-25-2983

〒023-0064 岩手県奥州市水沢区字土器田1水沢商業高校内

単位制とはCREDIT-BASED SYSTEM

   奥州校 定時制・通信制課程は、「単位制」による学習で卒業を目指す課程です。    

「単位」とは
 単位とは、学習の量を示す言葉です。奥州校定時制課程では、週1時間(45分)の授業を1年間受けると1単位となります。例えば、「国語総合」が、週4時間あると4単位になります。奥州校では、二期制を採用していますので、前期終了時2単位、後期終了時2単位が認められると、通年で4単位となります。
 通信制課程では、科目毎に、単位数に即したスクーリング受講規程数、レポート提出規定数が定められ、それぞれの規定回数をクリアしてテストを受験し合格することで単位の修得が認められます。
 例)「現代社会」2単位  スクーリング回数6回、レポート提出数6回、テスト2回
「学年制」との違い       
 学年制の高等学校では、規程の単位数をその学年で修得しない(落とす)と原級留置となります。原級留置になると、落とした科目の単位以外の修得した単位も無効になり、再度同じ学年に在籍し、学習をし直さなければなりません。
 単位制では、その年に修得した教科の単位は生かされ、学習する科目の単位を積み上げて高校在学期間が3年以上で74単位以上修得(必履修科目の修得を含む)ができれば卒業することがができます。
・自分のペース、自分のスケジュールで学校生活を送ることができます。
・他の高校で修得した単位を生かすことができます。
・定時制・通信制との併修ができます。
・学年毎の進級認定を行わないので留年がありません。
単位認定制度
 高等学校卒業程度認定試験の合格、漢字検定、英語検定などの資格取得、ボランティア活動、インターンシップ等の実績も単位として認定(修得した科目に増単)する制度があります。
 ※検定の種類や級・種別により認定にならないものもあります 。     

バナースペース

杜陵高校奥州校への お問い合わせ

【定時制】

〒023-0816
岩手県奥州市水沢区西町3-20
TEL 0197-22-8611
月曜日〜金曜日(8:30〜21:20)
行事によって休日の場合があります
FAX 0197-22-8612

【通信制】

〒023-0064
岩手県奥州市水沢区字土器田1
 水沢商業高校内
TEL 0197-25-2983
火曜日〜金曜日、およびスクーリング
のある日曜日(8:30〜17:00)
FAX 0197-25-2983