校長挨拶

魅力あふれる遠野高等学校

 校長 三浦 立 

 本校は、1901(明治34)年、柳田國男『遠野物語』で知られる遠野市に岩手県下三番目の旧制中学校として創立された、本県屈指の歴史を誇る伝統校です。令和3年に創立120周年を迎えました。

 校訓「修徳尚武」のもと、卒業生は2万3千有余名を数え、県内はもとより日本全国、そして世界各地に優れた人材を送り出しています。

 本校が所在する遠野市は、「永遠の日本のふるさと」を標榜し、北上高地の只中に在りながら、悠遠の歴史のもと、全世界に唯一無二の存在感を示してきました。

 本校は、地域から愛され、魅力あふれる学校であるために、「生徒が輝く学校」、「満足度の高い学校」及び「地域と共に歩む学校」という学校像を描いています。

 この学校像を実現するための行動指針として、生徒は、「グローバルに考え、ローカルに行動し、未来を切り拓いて行く力を身につける」、教員は、「生徒の多様な能力の開発と伸長を追求し、自らも学び続け、資質の向上を図る」ことを掲げました。

 勉学はもちろん、全国的にもよく知られたサッカーに代表される部活動や対外活動等を一層充実させ、本校の魅力に磨きをかけていきたいと思います。

 一方で、時代は確実に変化しています。これからの社会で活躍するために不可欠な資質・能力を育成していくため、遠野高校では、「確かな学力を育むための授業改善」を進めています。本校の取り組みが、新時代における岩手の高校教育の新たな潮流となるよう、教職員一丸となって努力して参る所存です。

 また、「総合的な探究の時間」では、「新しい『遠野物語』を創るプロジェクト」に取り組んでいます。このプロジェクトは、自ら課題を発見し、解決に向けた道筋を探る中で、思考力、判断力、表現力を育み、他者と協働しながら、人間としての在り方生き方を考えていくプログラムです。このプロジェクトを通して、遠野高校の生徒は、新しい『遠野物語』の主人公として成長していきます。多様性に富む持続可能な社会を構成する一員として、一人ひとりが何を為すべきか、いかに行動すべきか主体的に考えるようになります。

 教職員による授業改善の努力と、生徒の自己練磨によって、校是「師弟一如」の如く、学校全体で永遠に成長し続けることを願ってやみません。

 私たち教職員一同は、生徒及び保護者並びに地域の皆様の期待に応えるべく、地域に誇りを持ち、地域を愛し、新時代で活躍する人材育成をめざし、様々な教育活動を通して生徒の成長を支えて参ります。

 皆様の御理解、御支援と御協力をお願い申し上げます。

 令和3年 4月 

©2018 Iwate Prefectural Tono Senior High School
ページトップへ