小学部/中学部/訪問教育


■■小学部


1
現在、小学部には通常学級、特別学級、そして訪問学級の6学級があります。
児童のニーズに応じた学習活動はもちろんのこと、
近隣の小学校との学校間交流も盛んに行っています。



  日常生活の指導
 身辺自立と基本的な生活習慣を身につけるために、衣服の着脱・排せつ・清潔・移動・食事・清掃・安全等を中心として取り組んでいます。 また、学級・教室単位で朝の会や帰りの会にも取り組んでいます。望ましい生活習慣の育成を図るために、個々の実態に合わせて継続的に学習しています。      


  生活単元学習
 午前の2時間分を帯状に、週10時間設定しています。自立的な生活に必要な内容を実際的・総合的に学習しています。 内容は制作的活動(絵画や工作など)、勤労的活動(畑での活動など)、ゲーム的活動などがあります。 遊びや学部行事も単元化して学習しています。学習集団は、学部全体、学年・学級単位等、単元によって工夫しています。 また、月1回の「牛乳パック大作戦」では、地域の牛乳パック回収に取り組んでいます。     


  音楽・体育
 小学部一斉で取り組む学習です。音楽では、季節や月ごとの行事と関連した歌や合奏をしています。体育では、リトミックやダンスで楽しみながら体を動かしたり、基礎的な体の動きが意識できるような内容を工夫しています。     


  国語・算数
 一人一人の課題に応じながら、生活の中の身近な事柄や興味関心のある内容を題材にして「ことば・数・認知」の学習を行っています。 個別の指導計画に基づきながら、「読む」や「書く」だけではなく、実際に具体物を操作しながら学ぶ体験的な学習も取り入れ、 柔軟な授業構成を心がけています。     


  自立活動
 よりよい生活を送るために、一人でできることが増えるよう指導しています。 重複学級では、時間を個別に設けて運動・動作の基本的技術やコミュニケーションの基礎知識などの課題に取り組んでいます。     



  特別活動
 小学部4年生以上の児童生徒が協力して活動しています。異年齢の交流を行うことで、 学校生活に主体的に参加し、集団のルールを学ぶ場として「委員会活動」「クラブ」等を行っています。     




■■中学部


現在、中学部には通常学級、特別学級を含め、3学級があります。
中学部では毎年、近隣の中学校と交流体育祭・交流文化祭を行っており、
本番までの1週間を中学校に通学しながら、練習に励んでいきます。



  日常生活の指導
 身辺自立と基本的な生活習慣をみにつけるために、衣服の着脱・排せつ・清潔・移動・食事・清掃・安全等を中心として取り組んでいます。 また、学級・教室単位で朝の会や帰りの会にも取り組んでいます。望ましい生活習慣の育成を図るために、個々の実態に合わせて継続的に学習しています。      


  生活単元学習
 生徒が生活上の課題となる問題の解決に向けて目標や目的を設定し、実際的な場面や具体的な方法を用いながら学習していきます。
 中学部では生活単元学習について6つの基本的な柱を設定し、教科学習の指導内容と連携しながら授業計画を組み立てて、実施しています。    
  行事単元
行事を通して体験することのできる達成感や成就感をはじめ、学校生活の中で学習意欲や興味関心を引き起こす学習。  
 調理活動単元
 数学、国語分野、認知、手指機能訓練をはじめ、生活経験拡大に向けた総合学習。
 季節単元
 日常生活の中で季節感や生活習慣の変化を意識し、日々の暮らしの中に興味関心を持つ学習。
 買い物単元
 金銭実務を通して生活に係るコミュニケーションなど生活の中にある身近な社会とのかかわりを経験する学習。
 社会マナー
 日常生活で必要性のある事柄を実際の活動を通して体験し、社会スキルの向上を図る学習。  
 集団ゲーム単元
 活動の実際に合わせた数学、国語分野、認知、手指機能などの総合的学習内容の展開と構成集団の意識化、コミュニケーション能力の向上。  


  教科学習(国語、数学、保健体育、音楽、美術)
 一人一人の課題に応じながら、生活の中の身近な事柄や興味関心のある内容を題材にして「ことば・数・認知」の学習を行っています。 個別の指導計画に基づきながら、「読む」や「書く」だけではなく、実際に具体物を操作しながら学ぶ体験的な学習も取り入れ、 柔軟な授業構成を心がけています。  


  自立活動
 よりよい生活を送るために、一人でできることが増えるよう指導しています。 重複学級では、時間を個別に設けて運動・動作の基本的技術やコミュニケーションの基礎知識などの課題に取り組んでいます。     


  作業学習
 生活に関わる「役割」や「手伝い・仕事」を発展させながら、将来の社会自立に向けて作業活動を通して働くことの喜びや達成感・成就感を味わわせる学習です。中学部の段階では作業技術等の習得ではなく、作業活動に対する興味関心の育成、挨拶や返事などの態度の習得、同一作業に取り組む忍耐力や集中力、作業目標の達成感・充実感にみられる経験を特に留意して目標設定に取り組んでいます。


  総合的な学習の時間
 全校児童生徒が協力して地域から牛乳パックを回収する「牛乳パック大作戦」と中学部の生徒がペットボトルキャップを回収して創作活動やワクチンに換える団体への寄付を行う「eco de VolArtプロジェクト」に取り組んでいます。
 リサイクル回収活動を通して、生徒の地域理解や環境資源への興味関心、社会貢献活動への参加と発展する形で取り組んでいます。活動を通して交流校や地域の住民の方々とコミュニケーション拡大も図られ、社会経験の拡大にも繋がっています。
    


  特別活動
 小学部4年生以上の児童と一緒に活動を通して、児童生徒会活動を中心に「クラブ活動」「委員会活動」を行っています。「クラブ活動」ではレクリエーション活動を通して集団を意識する気持ちや異年齢に優しくする気持ちなどを学ぶとともに、「委員会活動」では自分たちの学習環境に対する意識を高めるよう整理整頓活動や清掃活動などに取り組んでいます。     


■■訪問教育


現在奥中山校には、小学部に訪問学級が1学級あります。
週3回(1回の授業で2時間)、自立活動を中心とした学習活動を行っており、
学校行事の際はスクーリングとして奥中山校に通学し、 友達との活動を楽しんでいます。


  訪問教育
      
 訪問教育では自立活動の6つの内容である、「健康の保持」「心理的な安定」「人間関係の形成」「環境の把握」「身体の動き」「コミュニケーション」を踏まえ、児童生徒の実態に合った学習活動に取り組んでいます。
 学習内容としては主に、手や指先を使った制作活動や、感覚遊び、体全体を使った体操などその日の体調や児童生徒の様子に合わせた活動を行っています。また、「みたけ夏まつり」や「交流運動会」などの学校行事の際は、スクーリングとして学校に通学し、奥中山校の友達や近隣の学校の友達との活動を楽しんでいます。     
 

岩手県立盛岡みたけ支援学校奥中山校
〒028-5134 岩手県二戸郡一戸町奥中山字西田子1054-1
TEL:0195-35-3036 FAX:0195-35-3883
MAIL:mitake-oku@iwate-ed.jp