校長挨拶

校長の写真

本校は、大槌川と小鎚川の清流や三陸海岸に面する豊かな自然を有する大槌町に、大正8年町立大槌女子職業補習学校として創立され、その後大槌実科高等女学校、大槌高等女学校、そして昭和23年現在の「岩手県立大槌高等学校」と改称し、今年度大きな節目となる創立百周年を迎えました。この百年の間に、本校を巣立った卒業生は1万人を超え、県内はもとより、全国各地で活躍しています。

「創立の大正」から「激動の昭和」、「大震災の平成」、そして「令和」と時代が変わり、校舎も幾度か移転し、そこに学ぶ者が変わっても、本校が目指す姿は校歌に歌われ、先輩から後輩へと、絶えること無く引き継がれてきました。

現在の本校の特徴としては2つのことがあげられます。1つめは「復興研究会」の活動です。東日本大震災津波直後、本校は避難所となり、当時の生徒たちが避難所運営に献身的に携り、多くの方々から励ましと賞賛をいただきました。その後も生徒たちは、その活動と意思を引き継ぎ、現在も地域の復興の記録と情報発信を続けています。

2つ目は、大槌町との連携による「大槌高校魅力化構想」です。本校は、地元大槌町から多大な支援を受け、目指す生徒像を共有し、町と共に子どもを育てている学校です。大槌町は0歳から18歳までの学びの保障を掲げており、高等学校教育の充実についても積極的に進めています。このような先進的な取り組みにより、今年度から3年間文部科学省から「地域との協働による高等学校教育改革推進事業-地域魅力化型-」の指定を受けました。

本校は、創立百周年を過去と現在を見つめる良き機会とし、「NEXT STAGE~誇り高き百年の輝きを未来へ~」というスローガンのもと、大槌町をはじめ三陸地域の復興を担い、これからの社会を力強く生きる若者を育成していきます。

校長 瀬戸和彦

TOP