本文へスキップ


   

学校案内


中学生用案内
 岩 手 県 立 大 船 渡 高 等 学 校
創立:昭和24年4月1日
開校記念日:4月15日
所在地 〒022-0006
岩手県大船渡市^川町字長洞7-1
電話番号 
0192−26−4441(事務室)
0192−26−4306(全日制職員室)
0192−26−4445(定時制職員室)
FAX番号 
0192−26−4307(事務室)
0192−26−0792(全日制職員室)
0192−26−0795(定時制職員室)
ホームページアドレス 
http://www2.iwate-ed.jp/ofu-h/
交通機関 
JR東日本、三陸鉄道
「盛駅」下車徒歩20分
岩手県交通バス
「大船渡高校入口」下車徒歩5分
「サンリアSC前」下車徒歩15分
校長 高橋正紀  
1 設置学科等
課 程 学科名 設置年度 平成29年度生徒数
1年 2年 3年 4年
全日制 普通科 昭和24年 200 173 198 571
定時制 普通科 昭和23年 7 5 4 3 19

2 本校の目指す生徒像
 校  訓  「自主獨立」 自分の責任において自分の力と意志で物事を成すこと       
 教育目標  知 ・ 徳 ・ 体の調和のとれた人間形成を目指し、社会の変化に主体的に対応できる能力と国際的視野をもった人間の育成を期す。
(1)真理を求め、自ら主体的に学ぶ姿勢を持つ青年の育成
(2)互いに個性を尊重し、敬愛する心を持つ青年の育成
(3)心身の調和がとれ、強くたくましい精神力と体力を持つ青年の育成
 目指す学校像  生徒と教職員が「自主獨立」の気概をもち、文武一道に取り組む爽やかな学校
(1)質の高い授業を提供し、主体的な学びを促し、生徒の高い志を実現させる学校
(2)学習と部活動との両立を支援し、充実した高校生活を体験させ、豊かな心をもつ自立した人間を育成する学校
(3)教職員が高い使命感をもち、自己研鑽と修養に努め、充実した教育実践ができる学校

3 平成30年度の入学者選抜方法について
 平成30年度の募集定員や選抜方法等は、平成29年10月に確定します。
 ≪参考資料≫ 平成29年度入学者選抜方法(平成29年1月及び3月に実施済みのもの)
 (1) 推薦入学者選抜(平成29年1月26日実施) 
     →こちらをクリックしてください。
 (2)一般入学者選抜(平成29年3月9日実施)
    定員  【全日制】 200名のうち、推薦入学選抜の合格者を除いた数
        【定時制】 40名
   B
 ABC選考の割合(BC選考なし)  10  ―  ―
 学力検査と調査書・面接等との比率  5:5  
小論文・作文、適性検査、傾斜配点の実施の有無  無    

4 特色ある教育活動
(1)学習活動
 【全日制】
@ 数学・英語で習熟度別学習を取り入れるなど、各教科・科目において基礎学力の充実向上を目指します。
A 長期休業日に課外授業等を実施するなど、さらなる学力向上を目指します。
B 第2学年から進路目標に応じたコース制(文系・理系)となり、第3学年ではさらに分かれ(文系→文T・文U)、興味関心のある教科・科目を重点的に学習します。
【定時制】
 基礎・基本を重視した指導で基礎学力の向上を図ります。(第1学年数学は学校設定科目数学R〈リラーン〉を学習します)

(2)進路指導
【全日制】
@ 一人一人の進路目標達成に重点を置いた指導をします。
A 各種講演会・ガイダンスや日頃の指導を通して進路意識の高揚を図り、生徒自身が自己の将来像を描くことができるようにします。
B 生徒自身が進路資料を活用して積極的に進路情報を収集し、進路相談等を通して進路目標の実現が図ることができるようにします。
【定時制】
 生徒の適性や進路希望に応じて、インターンシップやボランティアを積極的に推進し、課外授業・面接指導・添削等を行って、一人一人の進路実現を図ります。

(3)特別活動
【全日制】
@ 「文武一道」を実践し、学習活動と部活動の両立を図って、生徒の部活動全員参加を推進しています。
A 運動部では平成28年度 空手道男子個人、弓道女子個人、ビーチバレーボール男子で全国大会に出場し、空手道団体個人、陸上競技、柔道個人で東北大会に出場しています。サッカー・バレーボール・バスケットボール、バドミントン・卓球・ソフトテニス・ソフトボール・水泳の各クラブが県大会上位進出、東北大会以上出場を目標に活動しています。甲子園での活躍が有名な硬式野球部も常に県大会上位進出、甲子園出場を狙っています。
B 文化部では、美術が全国・東北レベルの活躍を見せ、吹奏楽・演劇・音楽・茶道・書道・報道・自然科学・JRC・囲碁将棋・パソコンも積極的に活動し、様々な大会で入賞しています。
【定時制】
バドミントン・卓球の2つの部があり、ここ数年卓球部は男子団体・男子個人、バドミントン部は女子団体がそれぞれ全国大会に出場を果たしています。また、近年は文化活動においても意欲的に活動しています。

5 卒業生の進路
【全日制】
 卒業生のほとんどが大学等に進学し、7名が就職しています。平成29年3月には国公立大学合格者85名(東北大学4名、東京外国語大学1名、東京芸術大学1名を含む)、私立大学合格者185名(慶應義塾大学文学部1名を含む)という実績を残しました。
【定時制】
 毎年、就職する生徒と進学する生徒がおおよそ半数ずついます。就職先は、管内から県外の企業まで多方面に渡り、進学は、4年制大学や専門学校等となっています。

6 校長から一言
 本校は、質の高い授業を提供し、生徒の高い志を実現させることを目指しています。また、充実した高校生活を体験させ、自立した人間を育成する学校を目指し、「自主獨立」の校訓のもと、生徒と教職員が一丸となって取り組んでいる清新の気風に満ちた学校です。
 東日本大震災以降、「大高の元気が地域の元気」をスローガンに、地域とのつながりを大切にした教育に力を入れています。また、キャリア教育が充実しており、自分の人生や生き方をしっかり考えさせる教育を行っています。
 定時制は、昼は仕事をとおして社会から学び、夜は学校で勉学に励むという生活です。少人数なので、落ち着いた雰囲気の中できめ細かい指導が受けられます。
 中学生の皆さん。イチョウの門をくぐり、大高坂を登って、この大高で思い切り青春を謳歌しましょう。

7 必要となる諸経費の概要
      →こちらをクリックしてください。

8 公立高等学校就学支援金制度に関する県教育委員会からのお知らせ 
(1)平成26年度から県立高校の授業料に高等学校等就学支援金制度が導入されました。
(2)この制度により、一定の所得未満の家庭の高校生は授業料の納付が不要となりました。
(3)一定の所得未満とは、保護者の市町村民税所得割額の合算が30万4200円未満です。
(4)手続き等については、入学手続き関係書類の送付と併せてお知らせする予定ですが、制度について詳しくお知りになりたい方は、下記の文部科学省ホームページ「高等学校等就学支援金制度(新制度)について」をご覧下さい。
  http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/index.htm

【参考】県立高校授業料・通信制受講料
  全日制(月額)9,900円 定時制(月額)2,700円 通信制(1単位)190円

基本情報

岩手県立大船渡高等学校

〒022-0004
岩手県大船渡市猪川町長洞7-1
TEL.0192-26-4441(事務室)
FAX.0192-26-4307(事務室)
TEL.0192-26-4306(職員室)
FAX.0192-26-0792(職員室)
TEL.0192-26-4445(定時制)
FAX.0192-26-0795(定時制)
ofunato_HS@iwate-ed.jp