本文へスキップ

岩手県立宮古商業高等学校は、今年創立98年目を迎える伝統ある独立商業高校です。

TEL. 0193-62-6856 FAX. 0193-62-6857

〒027-0024 岩手県宮古市磯鶏三丁目5番1号

学校案内学校案内・CONCEPT

1.校章

校章


 校章の由来

 校章の図案は生徒・保護者・職員から募集し,当時生徒の高橋俊昭氏のものが採用され,校章制定委員会が修正決定した。3枚の菊の葉は霜にも耐える精麗を表し,全体のMは宮古を,各々のMは中庸(Moderation),礼儀作法(Manners),最高の努力(Maximum effort)を象徴している。

2.校訓

校章




 尽心=Mind   礼節=Manner   中庸=Moderation




3.目指す生徒像


 どのようなことにも最善の心尽くし(人に尽くしたり思いやりや努力)ができる人、礼儀作法を身につけ節度があり,人間として調和のとれた心を持った人。

4.教育目標

 ①意欲的に問題に取り組み,自分で考え抜く態度を養う。
 ②基本的な生活習慣を身につけ,行動を自律できる能力を養う。
 ③勤労意欲と実践力を育て,自己を実現させる能力を育てる。

※本校の目指す生徒像 -生徒心得 第1章「総則」-
 本校生徒は高校生活を通して、民主社会に有意な形成者となるため、必要な教養と資質を養わなければならない。そのためには毎日の学習を真剣に取り組むことはいうまでもないが、本校校訓である「尽心」・「礼節」・「中庸」を備えた人間となるように学校生活を送らなければならない。

5.重点目標

 1 学習指導の充実
   基礎基本の定着を図り、観点別評価を実施し、分かる授業の工夫と学力向上を目指す。

  (1)教師:生徒の学習意欲を高めることを重視し、生徒参加型授業(言語活動)を取り入れ、分かりやすい授業の
    工夫と改善を行う。
    ① 教員相互で授業を見られるよう公開授業を行う教師の割合:100%
    ② 授業内容の理解を促進する課題を計画的に出す割合:65%
  (2)生徒:自ら進んで学習に取り組み、家庭学習及び読書の習慣を身に付ける。
    ① 家庭学習を1時間以上行う割合:50%以上
    ② 授業規律の確立:ベル着100% 、提出物100%
    ③ 授業内容が分かる生徒の割合:80%
    ④ 基礎力確認調査の英語・数学の目標正答率:55%
  (3) 資格取得への計画的な取り組み。(教科科目の目標や定着度、理解度の確認)
    ① 教科学習目標の達成:1年は全員基本の3級(初級)及び2級(中級)を取得する。
    ② 上級資格への積極的な挑戦:2 ・3年生は上級資格に挑戦し、卒業までに
     1種目は1級(上級)以上を取得する: 80%以上

 2 生徒指導の充実
   創立97年の歴史と伝統を引継ぎ、愛校心とプライドを身に付け、生徒が主体となって活動できる
   学校を目指す。

  (1)生徒会活動や部活動、ボランティア活動の活性化を推進する。
    ① 部活動参加率:100%
    ② 生徒会活動の満足度:80%
    ③ ボランティア活動参加率:70%
    ④ 県大会ベスト8 以上の上位進出:5つ以上の部
  (2)道徳教育を推進し、豊かな心を育む教育の充実を図る。
    自分にはよいところがあると思っている生徒の割合: 65%
  (3)生活指導や交通安全指導の徹底を図る。
    交通事故を含め指導案件:0 件
  (4)お互いが尊重し合って学校生活を送ることができるよう、いじめが起こらない健全な生活を支援する。

 3 進路指導の充実
   進路目標達成に向けて、キャリア教育を推進する。

  (1)将来の自分を見据えた進路指導を行う。
    3年生の進路達成率:100%
  (2)本校生の評定等と合格実績の統計資料の分析により具体的到達目標を設定させるとともに
    その可能性を求める。
  (3)1 ・2年生の三者面談を前後期2 回実施し、きめ細かい指導を行い、生徒の自己実現を叶えるため、
    生徒・保護者・教員の連携を強化する。
  (4)キャリア教育としてインターンシップの実施、宮商デパートの充実を図る。
    ① インターンシップの実施率:100%
    ② 宮商デパートの満足度: 100%

 4 復興教育の充実
   「いきる・かかわる・そなえる」を実践する。


  (1)非常時災害時に備えて教職員の役割と校内体制の充実を図る。
    AED 、救急対応訓練の実施: 教職員受講率90%
  (2)生徒面談を充実し、生徒個々の特別な教育的ニーズの把握や心のケアが必要な生徒への指導・支援に努める。
  (3)防災意識の向上を目指し、様々な機会を捉えて防災教育を実施する。
    防災に係る講演会や具体的な研修機会の実施全生徒受講

 5 学校評価の実施と学校運営の改善
   学校評価を実施し、課題解決と改善に取り組み、学校としての目標が達成できるように
   よりよい教育活動を実現する。

  (1)生徒を考え意識した学校運営の推進を図る。
  (2)学校We b ページやメール配信を活用した学校情報の提供を充実させる。
    ① 学校メール週1 回の配信
    ② Webページの随時更新
  (3)教職員の積極的な改善提案の奨励と具体的な方策の推進。
  (4)いわて希望郷国体の実施年として成功に向け、学校をあげて協力する。
  (5)高い専門性と確かな指導力を発揮できるように、必要な研修には積極的に参加する。

6.沿革

大正 8年 4月 1日
宮古尋常高等小学校に高等小学校卒業を入学資格とする町立宮古実業補習学校を認可併置 修業年限1年
大正13年 4月 1日
町立宮古実業補習学校 修業年限2年
大正14年 4月 1日
町立宮古商業補習学校と改称 修業年限2ヵ年
大正15年 4月 1日
宮古商業専修学校と改称
昭和 3年 4月 9日
町立宮古商業専修学校,宮古公会堂を校舎にあて移転
昭和11年 4月 1日
青年学校令実施に伴ない,宮古男子青年学校商業本科と改称 修業年限2ヵ年 宮古尋常高等小学校裏に移転
昭和16年 4月15日
文部省から宮古市立商業学校設立認可 従来の宮古男子青年学校商業本科(修業年限2ヵ年)第1学年,第2学年の生徒を編入試験の上,入学を許可
昭和17年 4月 1日
学則変更により,宮古市立商業学校修業年限5ヵ年となる
男子第1学年100名募集第一本科となる
同年5月7日第二本科(修業年限2ヵ年制)の入学を許可
昭和18年 4月 1日
宮古市立商業学校第一本科のみ男子100名募集 第二本科募集停止
昭和19年 4月 1日
宮古市立女子商業学校,市内藤原の岩手県立宮古水産学校旧校舎へ移転
昭和20年 4月 1日
宮古市立女子商業学校,岩手県立宮古高等女学校校舎内へ移転
昭和21年 4月 1日
宮古市立女子商業学校を岩手県立宮古高等女学校に併合
昭和22年 9月25日
岩手県立宮古中学校,藤原に新築校舎落成し,宮古市立商業学校移転
昭和23年 3月31日
宮古市立商業学校(5年制)第1回卒業
昭和23年 4月 1日
学制改革により,岩手県立宮古中学校を岩手県立宮古第一高等学校と改称。宮古市立商業学校を統合し,商業科併置
昭和24年 4月 1日
岩手県立宮古第一高等学校,第二高等学校を統合し,岩手県立宮古高等学校と改称
昭和38年 4月 1日
岩手県立宮古高等学校から商業科家政科が分離独立し,岩手県立宮古商業高等学校を設立し,現在地に移転
昭和39年 5月20日
体育館新築落成
昭和39年11月14日
分離独立校舎落成記念式典を挙行
昭和40年 3月30日
増築校舎,落成
昭和43年 1月25日
クラブ部室,落成
昭和43年12月 2日
柔道場 誠之館 落成
昭和47年 4月 1日
小学科制採用
商業科3学級,経理科2学級,事務科1学級,営業科1学級募集(家政科募集停止)
昭和47年 8月17日
25mプール,落成
昭和48年 3月27日
創立50周年記念式典ならびに産振棟増設記念式典挙行
昭和54年10月22日
創立60周年記念式典を挙行
昭和56年 3月31日
記念碑「理想に燃えて」卒業生より寄贈される
昭和57年 3月31日
第二体育館新築落成,校内舗装工事完了
昭和60年 4月 1日
情報処理科1学級新設(商業科1学級減)
商業科2,経理科2,事務科1,営業科1,情報処理科1となる
昭和62年 4月 1日
経理科1学級臨時学級減
商業科2,経理科1,事務科1,営業科1,情報処理科1となる
平成元年 2月 6日
新産振棟,新築落成
平成元年 3月22日
柔剣道場,新築落成
平成元年 4月 1日
国際経済科1学級新設(事務科募集停止)
商業科2,経理科1,営業科1,情報処理科1,国際経済科1となる
平成元年11月 4日
創立70周年,独立25周年記念式典を挙行
平成 2年 2月 3日
青森県立黒石商業高等学校と姉妹校締結
平成 5年 1月13日
部室新築落成
平成 5年 3月26日
レスリング場新築落成
平成 5年 4月 1日
商業科1学級減
営業科1,国際経済科1,経理科1,情報処理科1となる
平成 6年 3月25日
校舎大規模改造第一期工事完成
平成 6年 4月 1日
営業科を流通経済科,経理科を会計科と科名変更
商業科1,情報処理科1,国際経済科1,会計科1,流通経済科1となる
平成 7年 3月24日
校舎大規模改造第二期工事完成
平成10年 3月 1日
第一体育館大規模改修工事完成
平成10年 4月 1日
学校改変により学級新設(国際経済科,情報処理科募集停止)
商業科1,会計科1,流通経済科1,情報科1となる
平成11年10月22日
創立80周年記念式典を挙行
平成11年11月 5日
青森県立黒石商業高等学校姉妹校締結10周年記念式典
平成12年 3月17日
産振棟大規模改造工事完成
平成12年 8月 8日
グラウンド改修工事完成
平成13年10月 1日
いわて教育情報ネットワーク導入
平成14年 3月18日
セミナーハウス「尽心館」新築落成
平成17年 6月10日
高校再編計画により岩手県立宮古商業高等学校の存続決定
平成21年10月24日
創立90周年記念式典を挙行
平成25年 1月22日
校舎等耐震補強工事完成
(平成21年:第一体育館、平成23年:西校舎、平成24年:東校舎)

バナースペース

岩手県立宮古商業高等学校

〒027-0024
岩手県宮古市磯鶏三丁目5番1号

TEL 0193-62-6856
FAX 0193-62-6857
E-Mail myc-h@iwate-ed.jp