本文へスキップ

岩手県立宮古商工高等学校は、工業と商業を学ぶ5つの学科をもつ校舎制による専門高校です。

商業校舎 TEL.0193-62-6856

〒027-0024 岩手県宮古市磯鶏三丁目5-1

工業校舎 TEL.0193-67-2201

〒027-0202 岩手県宮古市赤前第1地割81

学校概要INTRODACTION TO THE SCHOOL

< 校 章 >

                 

制  定 令和2年4月1日
デザイン 高橋 俊彦 氏(旧宮古商業高校生徒)のデザインした宮古商業高校の校章を元に作成
意  図 宮古商業高校の校章デザインを元に 中央の「商」の文字を「高」に変更。
中央の3枚の菊の葉は霜にも耐える清麗を表し、全体のMは 宮古(Miyako)を、
各々3つのMは
尽心(最高の努力:Maximum effort)、礼節(礼儀作法:Manners)、中庸(Moderation)
を象徴している。


< 校 訓 >

尽心(じんしん)  ・・・ 何事にも心のかぎりを尽し、最高の努力をすること
礼節(れいせつ)  ・・・ 礼儀を持って心から相手を思い、節度ある行動を取ること
中庸(ちゅうよう) ・・・ 偏ることがなく、過不足なく常に調和が取れていること


特色ある教育活動

模擬株式会社「宮商デパート」の取り組み
「総合的な学習の時間」の取り組みとして、全校生徒、職員が株主となって模擬株式会社を設立し、商品の仕入れから販売までを生徒自らが企画し運営するものです。
津波模型による地域防災の取組
機械科3年課題研究「津波模型班」は,2005(平成17)年度から宮古湾などの立体模型を製作し,造波装置と組み合わせて津波発生時の浸水の様子を再現できるようにしました。この津波模型を活用し,地域のイベントや近隣の小中学校に直接出向いて実演を交えた津波防災の出前授業を行っています。
高校生ものづくりコンテスト電気工事部門
ものづくりコンテストは,高校生による工業技術・技能を競うものです。そのうち電気工事部門は,一般住宅内の電気配線をイメージした課題に基づき,モデル的に電気工事を行いその正確性を競います。
車いすボランティアの活動
建築設備科3年課題研究「車いすボランティア班」では故障した車いすを修理して,近隣の学校に提供したり「いわて車いすフレンズ」の活動に協力しています。
資格の取得
商業系(簿記、情報処理、商業経済、ビジネス文書実務、珠算・電卓、英語など)、工業系(技能検定、二級ボイラー技士、危険物取扱者試験 丙・乙、第一種・第二種電気工事士など)の各種検定や資格取得に取り組み、進路実現につなげています。


教育課程

(1) 令和成2年度教育課程(商業校舎)(PDF A4)

(2) 令和成2年度教育課程(工業校舎)(PDF A4)

(3) 令和2年度年度入学者の在籍期間の教育課程(全体)(PDF A4)



沿革

本校は、令和元年度100周年を迎えた宮古商業高校と、47年の歴史を持った宮古工業高校が統合して誕生した本県初の校舎制による専門高校です。

前身となる両校の沿革は こちら をご覧ください。



生徒の状況(令和2年度)

(1) 在籍生徒数

1学年 工業校舎 商業校舎
機械システム 電気システム 総合ビジネス 流通ビジネス 情報ビジネス
25 15  16  19 23  98
1  21  21  17 60
26  15  37  40 40  158
2学年 工業校舎 商業校舎
機械 電気
電子
建設
設備
商業 会計 流通
経済
情報
17 27 20 7 5 16 16 44
1  0  3  33  9  13  21 76
18  27  23  40  14  29  37 188
3学年 工業校舎 商業校舎
機械 電気
電子
建設
設備
商業 会計 流通
経済
情報
22 18 17 11 5 21 24 118
0  1  0  29 16   17  8 71
22  19  17  40  21  38  32 189


バナースペース

岩手県立宮古商工高等学校

※学校全般・商業教育に関すること

<商業校舎>
 〒027-0024
 岩手県宮古市磯鶏三丁目5-1

 TEL 0193-62-6856
 FAX 0193-62-6857


※工業教育に関すること

<工業校舎>
 〒027-0202
 岩手県宮古市赤前第1地割81

 TEL 0193-67-2201
 FAX 0193-67-2215