<動画あり>一番草の収納作業のお知らせ!ロールにしているところ

愛農農場では、肥育している牛たちの主食である乾草(牧草を刈り取って乾燥させたもの)の収納作業を行いました。
この時期に刈り取られる牧草は「一番草」といい、一年のうちでもっとも収量が多く、栄養価も高いといわれています。
牧草は通常、年に3回刈り取られ、早いほうから「一番草」「二番草」「三番草」と呼ばれます。

刈り取って、乾燥させた牧草はロールベーラという機械でロールケーキのように丸められ、その後、ラッピングマシーンという機械でビニールで密閉します。

愛農農場にお邪魔して、乾草をロールにしている作業の様子を撮影してきました。

↓ロールにしているところ。1分程度の動画(データサイズ約4MB)です。ご注意ください。

 

2020年06月11日