岩手県立盛岡工業高等学校

Morioka Technical High School

昭和41年~昭和63年まで

年 月 日 事       項
昭和41年1月 ラグビー部が、第45回全国高等学校ラグビーフットボール選手権大会で優勝する。
 
(ラグビー部全国優勝パレード)
昭和41年4月1日 普通科の臨時学級廃止に伴い工業課程のみとなる。
昭和43年4月1日 工芸科を募集停止し、デザイン科を新設する。
昭和45年4月 紫波郡都南村大字羽場字松崎に新校舎完成し移転する。
(建設造成中の本校地)
昭和45年10月 ラグビー部が、第25回国民体育大会(岩手大会)で優勝する。
昭和45年10月21日 新校舎の落成式並びに70周年記念式典を挙げ記念体育館の建設と寄宿舎等の用地(7,029㎡)を確保する。
昭和46年1月 ラグビー部が、第50回全国高等学校ラグビーフットボール選手権大会で優勝する。
昭和46年3月22日 第2期工事の機械科、建築科、土木科、デザイン科の実習室を増築する。
 
(電子科実習の様子)
昭和47年3月 第3期工事の機械科鋳造工場を増築する。
昭和48年3月31日 校地東端に寄宿舎(994㎡)を新築し入舎を開始する。
昭和48年4月 工業化学科を1学級減じ情報技術科を増設する。
昭和48年8月13日 水泳プール(25m・7コース)を設置する。
昭和49年6月14日 工業化学科と情報技術科の実習棟(1,314㎡)を増築する。

(バイク通学が全盛であったが、登下校時に生徒の死亡事故が多発していった)
昭和50年3月29日 建築科、土木科、デザイン科の実習棟を増築する。
昭和53年10月20日 創立80周年記念式典を挙げ、記念誌を発刊する。
昭和56年4月 定時制機械科に技能連携制度を新設する。
 
(念願の野球部甲子園出場 56年、57年と連続出場を果たす)
昭和57年3月 庭球コート用地に第二体育館(736㎡)を増築する。
昭和59年3月 情報技術科第二総合実習室並びに工業化学科製図室(502㎡)を増築する。
昭和60年3月 運動部部室(338㎡)を増築する。
昭和60年4月1日 高等学校の管理運営に関する規則の改正に伴い学則を改正する。
昭和63年10月21日 創立90周年記念式典を挙げ、記念誌を発刊する。