岩手県立盛岡工業高等学校

Morioka Technical High School

【進路指導】       岩手県立盛岡工業高等学校 進路指導部

1 進路目標の実現に向けて

 自分の進路をどのように考え、行動し、実現するかは日頃から学習活動をとおして職業観や勤労観を養うことが大切です。3年間の取り組みの中で企業が期待すること(挨拶、礼儀、忍耐力、コミュニケーション能力等)を自覚し、身につけることも重要です。1年次から進路目標を設定し、そのための取り組みを自ら計画し、目標の実現に向けた行動を起こすことが進路目標の実現につながっていきます。本校は工業の専門高校でもあり、学年毎に次のような進路目標を設定し、指導しています。

<1年> 自分の適正や個性の理解から、働く意義や社会貢献の大切さを学びます。基礎学力を身につけ、基本的な生活習慣を確立しながら、自分なりの考えを持ち、進路目標を設定する土台づくりの時期です。

<2年> 進路情報を取り入れ、具体的に目標を決める時期です。社会人講師による講演会、インターンシップ、工場見学等を通じて職業の理解、社会人として必要とされる資質、マナーを学びます。進学課外、資格取得で実力や資質を養成する時期でもあります。

<3年 進路目標の実現に向けてより具体的な実力を養成します。就職では就職模擬試験、模擬面接、進学では進学模擬試験、課外学習等に取り組みます。進路情報(企業の採用情報、大学の入試要項等)を的確にとらえることも大切です。

[※PDF形式]

2 平成29年度 進路指導年間計画

3 平成28年度 進路状況【全日制課程 進路内定状況】

4 平成28年度 進路先一覧(企業名及び校種別の学校名は五十音順)