岩手県立盛岡青松支援学校ホームページ
学校案内 学部案内 支援センター PTA・同窓会 アクセス お問い合せ サイトマップ
校長挨拶学校概要学校運営計画教育課程児童・生徒数年間行事予定
  HOME > 学校案内 > 学校概要

学校概要

○盛岡青松支援学校とは

 本校は平成21年4月1日に、青山養護学校と松園養護学校が統合し開校した特別支援学校です。継続して医療や生活規制が必要な児童生徒のための病弱を主とする小学部・中学部・高等部・訪問教育部(医大)・もりおかこども分教室を設置した特別支援学校として開校しました。
 社会自立や生きる力を育むことを目指し、小学部、中学部、高等部で、課外活動も含め、一般の小学校・中学校・高等学校に準じた教育を行っています。
 中学部・高等部の卒業生は高等学校・大学・専門学校への進学・一般就職・福祉就労等を目指しています。

           
 
○校章について

 雄大と調和を表す岩手山と松をモチーフに、保護者・教職員に温かく見守られる生徒のイメージを描き、病気や障がいを克服し、自立する力を身につけるようにと願いを込めました。

校章制定委員会 制定
○学校の目標

 児童生徒が病気や障がいを乗り越え主体的に学習に取り組み、希望を持ち明るく強く生き抜く力と豊かな人間性を育成する。

○学習について

 一般の小学校、中学校、高等学校に準じた教育を行います。
 一般の学校にはない「自立活動」という時間があり、自分の病気についての理解を深めながら、健康を取り戻すための学習や体力の向上に取り組んでいます。

○学校生活について

  • 自宅や病院・学園から通学しての学習や、病院内に設けられた教室での学習があります。
  • 児童生徒一人一人の病状に配慮した手厚い教育を行っています。
  • 児童会、生徒会、部活動も行っています。
○在学中の経費について

 本校に入学・転入学すると、ご家庭の収入によって、教科書購入費、交通費、修学旅行費、学用品購入費などをまかなう「就学奨励費」が支給されます。
 ことりさわ学園・みどり学園に入所している児童生徒は「児童福祉法による措置費」が支給されますので「就学奨励費」の対象とはなりません。
 小学部・中学部・訪問教育部・高等部とも授業料は必要ありませんが、PTA会費等の諸会費が必要となります。

○主な行事

 前 期
入学式、始業式、入学おめでとう会、対面式、産業現場等における実習、リーダー研修会、避難訓練、児童・生徒総会、遠足、高総体、運動会、校外学習、修学旅行、他校交流会、交通安全教室、水泳教室
 
 後 期
高文祭、リーダー研修会、生徒会総会、産業現場等における実習、防犯・避難訓練、連合音楽会、作品展示会、修学旅行(高)、校外学習、ステージ発表、6年生を送る会、予餞会、卒業式、修了式
 

○隣接する施設 みちのくこども療育センター

 学校に隣接し、社会福祉法人岩手愛児会が経営する三施設からなっています。
  • もりおかこども病院 (TEL 019-662-5656)
  • みちのく・みどり学園 (TEL 019-662-5696)
  • ことりさわ学園 (TEL 019-662-5257)
※岩手県立盛岡青松支援学校とみちのくこども療育センターの歴史
○校 歌

盛岡青松支援学校 校 歌

作 詞   校歌制定委員会   作 曲   西澤 ななえ

高く 高く そびえる 岩手山
松の緑に 風渡る
ともに集いて 語り合い 語り合い
瞳明るく 瞳明るく 生き生きと


流れ 流れ 遙かな 北上の
水をたたえる 四十四田
ともに学びて 高め合い 高め合い
望みを胸に 望みを胸に はばたいて


ひかり ひかり あふれる 学舎は
青空の下 夢満ちる
ともに励まし 助け合い 助け合い
心合わせて 心合わせて 健やかに 健やかに





校歌を聴く
【MP3形式】
  • : 岩手県立大学混声合唱団 Polish
  • ピアノ伴奏: 吉田 紅子

(Windows Media Player の入手)
Windows Media Player の入手
 

○旧松園養護学校、旧青山養護学校 校歌
 
 旧松園養護学校、旧青山養護学校 校歌(歌詞、音声)のページへ






HOME


(このページ【学校概要】の閲覧者累計)
Since 2010/ 3/ 7

Copyright(C)2009- Morioka Seishou special needs education school All rights reserved.