岩手県立盛岡青松支援学校ホームページ
学校案内 学部案内 支援センター PTA・同窓会 アクセス お問い合せ サイトマップ
校長挨拶学校概要学校運営計画教育課程児童・生徒数年間行事予定
  HOME > 学校案内 > 校長挨拶

あ い さ つ

校 長   横澤 修

 
 本校は、平成21年4月1日、岩手県立青山養護学校(昭和52年創立)と、岩手県立松園養護学校(昭和55年創立)の2つの病弱・虚弱を対象とした学校が統合して開校した特別支援学校です。盛岡市の郊外、松園地区に位置し、高くそびえる岩手山の壮大な眺めを背景に、近くに「南部片富士湖」と呼ばれる四十四田ダムの湖面が広がるなど、豊かな自然に囲まれています。
 小学部・中学部・高等部が設置され、自宅からの通学生のほか、隣接する『みちのくこども療育センター』が運営する「みちのくみどり学園」(児童養護施設:昭和32年〜)、「ことりさわ学園」(児童心理治療施設:昭和62年〜)からも通学しています。また、盛岡市内にある「岩手医科大学付属病院」内には訪問教育部(小学部・中学部)が設置され、入院している児童生徒が院内の学習室等で学んでいます。
 以上のように、本校では医療や福祉、地域と連携しながら、心と体のケアを適切に行い、一人ひとりが充実した学校生活を送ることができるよう学習環境や指導・支援体制を整え、子どもたちの健やかな成長を教育の立場から支えていこう、と職員が一丸となって努力しているところです。
 「明朗(明るく元気な人)」「自主(すすんで学ぶ人)」「創造(挑戦し考える人)」を校訓に、希望をもち明るく強く生き抜く力と豊かな人間性を育てることを目標に、今年度も指導・支援に当たって参りますので皆様からのご理解、ご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。


校 訓
明朗(明るく元気な人)
自主(すすんで学ぶ人)
創造(挑戦し考える人)

HOME


Copyright(C)2009- Morioka Seishou special needs education school All rights reserved.