地域コーディネーター




教育魅力化コーディネーターについて
教育魅力化コーディネーターの役割
 今日の教育現場においては、地域に開かれた教育課程実現に向けたカリキュラムづくりなど、勉強だけに縛られない学びの創出への試みがなされています。その中で町全体が学びの場となり、学び続ける人づくりを目指しています。実際に学校現場に入って、生徒と地域社会を接続することによって主体的かつ自己探究的な学びの機会を提供し、個々にあった伴走活動を行いながら、先生のニーズと生徒の状態を把握して新しい何かを生み出すきっかけを作る役割を担うのが教育魅力化コーディネーターです。

SS探究(ゼミ活動)支援
 コーディネーターは毎週木曜日に実施される「総合的な探究の時間(SS探究)」で生徒の探究支援・地域資源の紹介などを行っています。活動の様子は当ホームページ内 SSHページもしくはFacebookページをご覧ください。
県立釜石高校Facebookページ
https://www.facebook.com/Kamaishissh/

Kamaishiコンパス
 2015年より高校生が自分の意志で将来や進路を切り開くきっかけをつくるため、地域内外の大人を社会人講師として招聘し、キャリア教育プログラム提供をしています。民間企業人材、復興支援員、行政職員からなる事務局の運営に加え、各学年の特徴や生徒のニーズに合わせたプログラムとなるよう先生方と協議を重ねています。Kamaishiコンパスについては、以下をご覧ください。
https://kamaishicompass.com/
774プロジェクト
 SSHの探究活動や、釜石コンパス事業、高校生のプロジェクト伴走活動など、多様なセクターで取り組みが行われ、それを通じて釜石の高校生の興味関心や活動の可能性が広がってきました。その中で、学校や行政、地域団体が連携し、今までの取り組みの効果をより高め、高校生の探究や活動を応援することができる場の必要性が高まってきました。釜石高校敷地内のセミナーハウスを活用することで、高校生と地域の大人がより日常的に関わることのできる場づくりをしています。多様な地域コミュニティとのつながりを創出し、高校生の探究や主体的な活動を通した学びを拡大するために、具体的には以下のような活動を行っています。
★774(名無し)プロジェクト 事業計画書
★774(名無し)プロジェクト 活動イメージ図
★774プロジェクト通信(2021.01号) 2021.03.17
★774プロジェクト通信(創刊号) 2021.01.29
コーディネーター紹介
恒屋梢海(つねや こうみ)
a)名前:恒屋梢海、生年月日:1995年5月25日、出身:栃木県
b)所属:総合政策課 オープンシティ推進室
    釜石高校非常勤講師(英語科)
c)自己紹介

 大学時代より、教育に関心があり、学習塾でのアルバイトや英語の教員免許取得のための勉強を行ってきました。当時は教科での勉強を通して子どもたちと関わってきましたが、自分より若い世代の人と関わり、寄り添う中で、私自身が成長させられていると実感できることも多くありました。教科に限らず、視野を広げて教育に携わりたいと思い、ご縁があってコーディネーターという立場で釜石で居場所を頂きました。社会に出るまでの間、どのような経験や学びが重要なことなのかを探究し続けていき、釜石に貢献できるよう精進していきます。

八木橋朋広(やぎはし ともひろ)
a.名前:八木橋朋広、生年月日:1994年9月20、出身:埼玉県
b.所属:総合政策課 オープンシティ推進室
c.自己紹介

 大学時代に教育系のNPO法人で2年ほどインターンを行っており、当時から教職員ではなく、地域のお兄さんのような立場からこども達に関わりたいという思いを持っていました。人材育成という分野に身を置き、新卒採用コンサルタントとして業務に携わり、その後釜石市にやってきました。今後は大人とこども双方との丁寧なコミュニケーションを通して、高校だけでなく地域に還元できるように活動していきたいと思っています。

教育魅力化コーディネーターSNS
日々の活動や学校の様子について情報発信をしています。
活動の詳細は以下をご確認ください。
facebook