中学生のみなさんへ
創立 昭和23年5月21日
現住所 〒028-8802
岩手県九戸郡洋野町大野58-12-55
電話番号 0194-77-2125
FAX番号 0194-77-2127
HPアドレス http://www2.iwate-ed.jp/ohn-h/
交通機関 岩手県北バス(久慈・大野線)
大野高校前下車 徒歩1分
校長名 清川 義彦 (平成30年4月1日着任)
設置学科等
課程 学科名 設置年度 平成30年度生徒数
全日制 普通科 昭和49年 1年 2年 3年
35 28 42
本校の目指す生徒像
  1. 基礎的・基本的な学力とともに、これからの時代に必要な主体性を持って多様な人々と協働して学びに向かう力を身につけている生徒。

  2. キャリア教育を通して社会に対する理解を深め、目標を持って進路実現に邁進しようとする生徒。

  3. 地域社会の活動に積極的に参加し、地域の活性化や地域防災に貢献しようとする生徒。
特色ある教育活動
◎ 多様な体験学習・実技・実習を行っています
  • 工芸の授業→大野デザインセンターでの木工、さき織り、陶芸
  • 商業の授業→情報処理、ビジネス基礎
  • 総合的な学習の時間→地域を知る「地域のまつり北奥羽ナニャドヤラ大会参加」
  • 「里山整備事業」として全校生徒でマツタケ山づくり、間伐材を活用したシイタケ、ナメコの栽培に取り組んでいます。
◎ 進路に応じた授業の編成により進路選択の実現を目指します
  • ビジネスコース(就職主コース)・・・多くの選択科目・実技科目
    → 例:情報処理、異文化理解、フードデザイン
  • 普通コース(進学主コース)・・・進学に応じた履修科目
    → 例:古典、政治経済、数学Ⅲ、英語表現Ⅱ等
◎ 進路状況(H29年度)
  • 進学→国公立大学2名合格:岩手大学1名、北海道教育大学釧路校1名
        私立大学3名合格:東北学院大学、朝日大学、八戸工業大学、各1名
  • 就職→細谷地、十文字チキン、プライム下舘、ユニバース等 37名
◎ きめ細かな個人指導により一人ひとりの力を伸ばします
  • 数学、英語の「習熟度別授業」、国語の「T.T.授業」
  • 朝学習、課外学習、週末課題による「自主学習」とその指導
  • 課外、添削、補習等による「個別指導」
◎ 幅広い分野の資格取得への取り組み
  • 英語検定、漢字検定、ビジネス文書検定、介護職員初任者研修等
◎ 部活動の充実
  • 運動部→野球部、卓球部(男女)、バレ-ボール部(女子)、サッカー部(男子)、バスケットボール部(男女)、ソフトテニス部(男女)
  • 文化部→吹奏楽部、自然科学部、総合文化部
  • ≪主な成績(H29年度)≫
    ・卓球部(女子) 岩手県高校総体団体戦優勝(7連覇)、東北高等学校卓球選手権大会シングルス準優勝
    ・吹奏楽部 全日本吹奏楽コンクール岩手県大会銅賞
校長から一言

 創立70周年を迎え、歴史と伝統のある大野高校は、生徒一人ひとりの個性を尊重し、大切に育てています。また、生徒と教師がともに学び、成長を実感し、充実した高校生活を送ることを目標としています。夢を持ち、これから社会に出て行こうとする皆さんが、自分で限界を作らず、自らの可能性を最大限伸ばすことができるよう応援します。

公立高等学校就学支援金制度に関する県教育委員会からのお知らせ
  1. 平成26年度から県立高校の授業料に高等学校等就学支援金制度が導入されました。
  2. この制度により、一定の所得未満の家庭の高校生は授業料の納付が不要となりました。
  3. 一定の所得未満とは、保護者の市町村民税所得割額の合算が30万4200円未満です。
    なお、平成30年7月1日から保護者の県民税・市町村民税所得割の合算額が50万7000円未満に変更となります。
  4. 手続き等については、入学手続き関係書類の送付と併せてお知らせする予定ですが、制度について詳しくお知りになりたい方は、下記の文部科学省ホームページ「高等学校等就学支援金制度(新制度)について」をご覧下さい。
  5. 【参考】県立高校授業料・通信制受講料
       全日制(月額)9,900円 定時制(月額)2,700円 通信制(1単位)190円

      本校諸経費