岩手県立盛岡第一高等学校


スーパーグローバルハイスクール

  1. トップページ »
  2. SGH »
  3. 2学年
SG課題研究U

7/14(金)5,6校時 研究計画コンテスト
 前期調査の第4回として、コース毎に研究計画コンテストが行われました。夏休み前の活動の成果を発表し、生徒の相互採点で各コースの最優秀班を決定しました。最優秀班のテーマとフィールドワーク先は次の通りです。
 (i)21世紀型地方都市の探求(都市コース)
   104班:いわてに若者を呼び寄せるためには(盛岡)
 (ii)ローカルな魅力を活かしたグローバル観光モデルの探求(観光コース)
   214班:SNSを通じて写真で魅力を発信し、足を運んでもらう(釜石、宮古)
 (iii) "Made in Iwate"ブランド確立へ向けた探求(貿易コース)
   310班:オーストラリアやアメリカに負けない前沢牛に向けた探求(前沢)
 (iv) グローバルスタンダード教育モデルの探求(教育コース)
   410班:普段の授業に工夫を加えることによる受け身的な教育から自立型教育への転
      換を模索する(横浜)
 (v) グローバルな知の拠点の創造へ向けた探求(ILCコース)
   504班:岩手を波力発電のパイオニアにするための研究(東京)
 (vi) 世界を支える地域医療の探求(医療コース)
   604班:園芸療法で高齢者を精神・肉体の両面からケアし、少子高齢化が進む地域の
      つながりを再建する(花巻)
   609班:においによる交感神経及び副交感神経への作用(東京)
 活動後、ここまでのSG課題研究IIの学びを振り返る「リフレクションシート」を記入しました。このうち活動への「意欲」に関する項目では、95%の生徒が「自発的に調べたり資料を探したりするようになった。」または「活動するうちにおもしろく感じるようになってきた。」と回答しました。多くの生徒が前向きに活動に取り組んでいます。
 
 資料「ルーブリック」 「リフレクションシート」
転載・転用を禁じます。
次へ