この3月で、東日本大震災から8年が経ちます。

  今もなお児童生徒や保護者に寄り添い、健康教育活動をすすめておられる会員の皆様、関係者
 の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

  会員の皆様もいろいろな思いを抱きながら、この日を迎えていることと思います。未来を担う子ども
 たちと同様に皆様も心身ともに健やかな日々を送られることを願っております。

  本部会の東日本大震災支援対策委員会の活動は、今年度で終わりますが、私たちは、自然災害
 について「決して忘れない」という思いを持ち続けながら、岩手の子どもたちが健やかに笑顔で、そして、
 安心して安全に学校生活を送ることができるように、今後も皆様と力を合わせ、復興への道のりを
 一歩一歩ともに歩んでまいります。
 
  

 東日本大震災から8年目の3月11日を迎えて・・・