東日本大震災から8年が過ぎようとしています。
 毎年、「3.11」この日をどのように過ごしたら良いかと考えます。
 一人静かに思いをめぐらせたい。仲間と語り合いたい。この日だからこそ、災害の恐ろしさや日頃
の備えについて、声を大きくして確かめ合いたい。皆様も、様々な思いを抱き過ごしておられるので
はないでしょうか。

 8年間の東日本大震災支援対策委員会の活動や皆様からいただいた『声』から、必要とされる支援は、地域によって異なり、時間の経過に伴い変わっていくことがわかりました。
 また、年月が過ぎてやっと「辛い」と伝え始めた子どもたちの姿もうかがえます。

 目に見えて街の復興が進んでいますが、保健室は見えないものに目を凝らし、子どもたちに寄り添う場でありたいと思います。

 東日本大震災から8年目の3月11日を迎えて・・・・・