【校章由来】

 図案は、「菖蒲の葉」3枚を台とし、これに「銀杏の葉」3枚を浮かせて構成したものである。
 「雌雄異株にして長寿をあらわす」という銀杏に、男女共学の意味と、生徒一人ひとりの明るい未来、校運久遠の発展の願いを込め、これに「剛毅をあらわす」菖蒲を組み合わせることによって文質調和の人格形成を目標とする本校教育の象徴とした。
 ちなみに、本校発祥の地(山田町八幡町3番地20 現在の山田町役場)には、銀杏が育成し、その時節には菖蒲の花が美しく咲き乱れていたという。
【学校概要】

 創立年
      大正15年(1926年)4月1日
 課程       全日制課程
 校長       佐 野  茂 樹  (さの しげき)
 副校長      寒河江 和 広  (さがえ かずひろ)


 平成28年度生徒在籍数(平成28年5月1日現在)
  1年生(2クラス) 34名
  2年生(2クラス) 48名
  3年生(2クラス) 49名
  合 計       131名
HOME
Yamada High School

○学校案内          PDFデータ

学校紹介

山田高校校章
身体を鍛え
勉学に勤しみ
真理を究め
叡智を磨き
豊かな心を養え
【校訓】
岩手県立山田高等学校
岩手県立
本文へジャンプ
【沿革】

元号 西暦 事柄
大正15年 1926年 山田町立実科高等女学校を山田尋常高等小学校に併置
昭和18年 1943年 山田町立高等女学校と改称
昭和21年 1946年 山田町外4ヶ村組合立岩手県山田高等学校に昇格認可
4月1日開校、定員300人
5月2日 定時制課程を併置 
11月1日岩手県立山田高等学校となる(開校記念日)       
昭和25年 1950年 山田町飯岡に校舎落成
11月16日 校歌制定
昭和31年 1956年 山田町山田に校舎落成、全日制課程移転
昭和48年 1973年 定時制課程募集停止
昭和51年 1976年 11月1日創立50周年記念式典
昭和52年 1977年 定時制課程閉校式
昭和55年 1980年 1学年定員270名
昭和58年 1983年 山田町織笠に新校舎落成移転 1学年定員7学級
新校舎落成記念式典挙行
昭和59年 1984年 校訓碑除幕式挙行
昭和60年 1985年 10月27日創立60周年記念式典
平成元年 1989年 同窓会館(菖風館)落成
平成3年 1991年 普通科に情報処理コース1学級設置(2000年募集停止)
平成7年 1995年 艇庫落成
創立70周年記念碑建立除幕式
10月6日創立70周年記念式典
平成13年 2001年 校旗新調(平成9年度〜11年度卒業生より寄贈)
平成14年 2002年 1学年普通科3学級 定員120名
平成17年 2005年 1学年普通科2学級 定員80名
10月21日創立80周年記念式典
平成19年 2007年 1学年より新制服となる
平成23年 2011年 東日本大震災
平成24年 2012年 艇庫災害復旧工事完成