令和2年4月
岩手県立山田高等学校長 宮    学
                                           


 

 本日は、岩手県立山田高等学校のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

本校は大正15年4月、山田町立実科高等女学校として設立され、幾多の変遷を経て、昭和23年に岩手県立山田高等学校となりました。平成28年には創立90周年を迎え、沿岸の歴史と伝統ある高校として、これまで数多くの優れた人材を輩出してきました。「身体を鍛え、勉学に勤しみ、真理を究め、叡智を磨き、豊かな心を養え」を校訓とし、知・徳・体のバランスのとれた人間形成を目指すことを教育目標としています。生徒・教職員はこれらに則り、弛まぬ努力をする日々を送っています。


 進路では、国公立をはじめとする四年制大学や県立宮古短大・県立宮古高看等への進学、管内をはじめとする県内外優良企業への就職に実績を残し、決定率100%を堅持しています。部活動ではインターハイ出場40回を優に超える伝統のボート部、県高校総体優勝14回を誇る空手道部、諸行事への出演等で地域貢献を続ける吹奏楽部をはじめ、各部それぞれのステージで生徒たちは輝いています。また、復興活動の一環としての他校交流では、青森県立名久井農業高校をはじめ、平舘高校、雫石高校との交流事業が継続されて、学校の魅力創造の一助となっています。

 

山田町をはじめとする三陸沿岸地域は、東日本大震災をはじめとする過去の幾多の災害を、人間の叡智と地域の連帯で乗り越えてきました。またその過程では、国内からはもとより、世界中からのご支援ご声援があったことを決して忘れることはありません。

 

令和2年度は、新型コロナウィルスという予期せぬ社会状況の中でのスタートとなりましたが、生徒・教職員一同、皆様方からいただいたご支援に対する感謝の気持ちを忘れることなく、社会貢献を果たすべく確かな歩みを続けていこうと決意しています。今後とも変わらぬご理解とご協力を賜りますことをお願い申し上げ、挨拶といたします。
HOME
Yamada High School

校長あいさつ

岩手県立山田高等学校
岩手県立
本文へジャンプ