岩手県立杜陵高等学校
Home ご挨拶 学校案内 定時・通信の比較 定時制 証明書 中学生 サイトマップ
通信制
 
>> 通信制の特色
>> 学習のポイント
>> 時間割
>> 諸会費・特典
>> 生徒会活動
>> 進学・就職状況
>> FAQ
>> 募集要項
>> 在校生のページ
>> 通信制生徒会長より
通信制の特色
 

●通信制生徒会長挨拶


 
    22C2 通信制生徒会長  菅川翔子 

 皆さん、こんにちは。

 岩手県立杜陵高等学校、通信制ホームページをご覧頂き、誠に有難うございます。私は、杜陵高等学校通信制で、生徒会長を務めています菅川と申します。たいへん僭越ではありますが、私の経験をふまえ、この杜陵高等学校について、少し説明したいと思います。

 まず、この学校に入学するにあたり、数々の不安もあることと思います。体調の事、新しい交友関係への不安、仕事との両立、不登校や別室登校。理由は一人一人違う事でしょう。実際、私も多くの不安を持って入学した生徒の一人です。

 私は、幼い頃にT型糖尿病という病にかかり、毎日4回の注射を打たなければなりません。当然、学校にいる時間でも注射を打たなければなりませんでした。自分一人だけ、周りとは違う。皆が皆、病気を理解してくれるわけではありません。時には冷たい言葉に傷ついたり、学校へ行くのが嫌になる事もありました。保健室も借りられず、お手洗いの個室に隠れて注射を打つ日々が続き、家に引きこもる事が多くなりました。そしてとうとう出席日数が足りず、前の学校にはいられなくなってしまいました。

 そんな時に知ったのが、この杜陵高等学校の存在です。

 この学校の大きな特徴は、定時制も通信制も、テストに合格すると、その科目の単位がもらえ、それを増やして卒業を目ざすという単位であるという事です。他の学校とは違い、自分で時間割を組み、授業を受ける事が出来ます。毎日学校に来るのが厳しい場合でも、通信制では週に1、2回のスクーリングで単位を取得する事が可能です。つまりは、自分にあったペースで授業が受けられるという事です。

 また、この学校では髪型や服装に関する決まりもありません。自分らしい姿で通う事も可能です。

 ここまでの説明では多くの便利な点があり、優しい学校、簡単に卒業出来そうだと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、とても重要な事があります。定時制、通信制、共に重要なこと、それは『自己管理』です。当然周りの人々とは違う、自分オリジナルの時間割になります。

 定時制では毎日の登校、通信制では時間割に合わせてのスクーリングへの出席とレポート提出。それが出来なければテストを受ける事も出来ません。とりあえず通っていれば良いというわけではないのです。わからない事は自分から聞きに行き、理解しなければならない事もあるでしょう。

 大切なのは自分のやる気です。目標を持つ事なのです。夢や理想に向かって努力する事はけして簡単な事ではないでしょう。多くの努力が必要となってきます。

 しかし、自分は一人ではありません。家族や友人、先生方も手を差し伸べ、支えてくれます。微弱ではありますが、私に何か出来る事があればいくらでも相談してくれて構いません。自分一人で全てを抱え込む必要はないのです。

 今までに不登校だったから。体が弱いから。そんな理由で学校に馴染めないのではと不安になる方もいるかもしれません。ですが、自分だけというわけではありません。全てではないにしろ、そんな人々がこの学校には沢山います。私もその一人です。

 様々な不安や辛さに押しつぶされ、一度は諦めかけてしまった高校入学や卒業。それを果たすために、挑戦してみてはいかがでしょうか。何かが変わるかもしれません。

 さて、ここまで色々と語ってはきましたが、最後に決めるのは自分自身です。自分がどうしたいかが大切なのです。特に中学生の皆さん、友達がみんな高校に進学するからとか、学校の先生や家族、周りの人たちに言われたからといって、無理に入学する必要はありません。それでは頑張る事が出来ないからです。自分なりの目標を見つけ、卒業したいと思った方は、ぜひ一緒に頑張りましょう。この学校は、そんなあなたの居場所になり、夢を叶えてくれるかもしれません。ゆっくりと考え、決断してほしいと思います。

 最後に、取りあえずの入学ではなく、自分自身で決めた是非の入学であることを心から願い、4月にお会いできることを楽しみにしています。


Copyright(C) Toryo Highschool