岩手県立杜陵高等学校
メニュー サイトマップ 中学生 通信制 単位制 単位・通信の比較 学校案内 Home
ご挨拶
 
>> 校長よりご挨拶
校長よりご挨拶
 

 


 

一人ひとりの未来のために

 岩手県立杜陵高等学校のホームページにアクセスしていただき、誠にありがとうございます。

 

本校は、大正13年、全国3校目、東北初の夜間中学校として設立された歴史ある学校です。本校には、全国初が3つあります。

・昭和12年、夜間中学校として独立校舎を得たこと。

・昭和43年、県の定時制通信制教育のセンタースクールになったこと。

・昭和63年、必要な科目を選択して学ぶ単位制へと移行したこと。

 また、昭和49年には、沿岸の通信制教育の充実のため宮古分室を設置し(なお、宮古分室は、平成30年度から県立宮古高等学校通信制に移管されました。)、平成21年には、通信制水沢分室を分校とし定時制を併置して奥州校を設置しました。

 杜陵高等学校は、歴史と伝統に加え、定時制通信制教育における先駆的な実践に取り組んでいる学校です。

 

本校には、大きく分けて2つの学び方があります。あなたに合った学び方を選択し、自分のペースに合わせて学習を進めることができるのが大きな特徴です。

1)定時制課程〔本校・奥州校〕

   条件を満たしながら、自分の興味・関心に応じて科目を選択してオリジナルの時間割を作ります。そして、本校定時制課程では、午前・午後・夜間部の三部制、奥州校定時制課程では、昼間部・夜間部の二部制において授業を受けて単位習得を目指します。

2)通信制課程〔本校・奥州校〕

   自宅などにおける自学自習を基本として、:レポートの提出と添削指導、:スクーリングと呼ばれる面接指導、:習得の度合いを確認するためのテストをそれぞれ行います。通信制課程では、このRSTによって単位修得を目指します。

 

杜陵高等学校は、生徒一人ひとりの課題に対応する教育を実践し、個を生かす丁寧な指導を行うとともに、生徒と教職員がともに学び、共感しながら生徒の志を大切にし、学びをとおして未来に向かって成長しようとする生徒諸君を支援していきます。

杜陵高等学校は、これからも生徒、保護者、地域の皆様の更なる期待に応えるために、生徒が明るく生き生きと学べる学校であること、また、生徒一人ひとりの成長と夢をかなえる学校であることを目指していきます。

 

平成31年4月

岩手県立杜陵高等学校
校長 荒木田 光 孝

 

Copyright(C) Toryo Highschool