岩手県立杜陵高等学校
Home 学校案内 定時・通信の比較 定時制 通信制 証明書 中学生 サイトマップ
ご挨拶
 
>> 校長よりご挨拶
校長よりご挨拶
 

 

  明日の一歩のために

  岩手県立杜陵高等学校のホームページにアクセスしていただき、誠にありがとうございます。
 本校は、大正13年、全国3校目の夜間中学校として設立された歴史ある学校です。本校には、「全国初」が3つあります。昭和12年に夜間中学校として独立校舎を得たこと。昭和43年に県の定時制通信制教育のセンタースクールとなったこと。昭和63年には必要な科目を選択して学ぶ単位制へと移行したことです。そして、昭和49年には沿岸の通信制教育の充実のため宮古分室を設け、平成21年には通信制水沢分室を分校とし定時制を併置して奥州校を設けました。杜陵高等学校は、歴史と伝統に加え、定時制通信制教育における先駆的な実践を有する学校です。
 本校には大きく分けて2つの学び方があります。
 (1)定時制課程[本校奥州校] 条件を満たしながら、自分の興味・関心に
    応じて科目を選択してオリジナルの時間割をつくり、本校は午前・午後・
    夜間部の三部制で、奥州校は昼間部・夜間部の二部制で学ぶ単位制の学び
    方
  (2)通信制課程[本校奥州校宮古分室] 自宅などにおける自学自習を
    基本として、(R)レポートの提出と添削指導・(S)スクーリングと呼
    ばれる面接指導・(T)テストで習得の度合いをはかり単位修得を目指す
    学び方

 この2つの学び方を選択したうえで多様な学習形態で学ぶことができ、あなたに合った学びの場がきっと見つかります。
 また、杜陵高校が目標とする教育目標は次のとおりです。
 (1)自分自身を大切にし、同じ仲間の個性を尊重できる人を育成する 
 (2)自主自立の精神を持ち、社会に貢献できる人を育成する 
 (3)社会的マナーを身につけ、自ら進んで学ぶ意欲を持ち続ける人を育成
    する

  杜陵高校は、「明るく 元気で生き生きとし けじめのある学校」です。
明るく」:元気に爽やかな挨拶を交わすと、体の中から「さぁ!頑張るぞ」と
      いうエネルギーがわいて生き生きとしてきます。社会の一員として、
      そして人間として大切なことです。

元気で」:欠席・遅刻・早退をしないで元気に登校することです。欠席等をし
      ないということは、しっかりと自己管理ができている証拠です。ま
      た、単位修得にも直結することですから、健康に気をつけて通学し
      てください。

けじめ」:過去の自分から切り替えをはかり、新たな自分を見つける生活をす
      ることです。集中と転換をはかって、メリハリのある生活を心がけ
      ましょう。

 さらに、杜陵高等学校は「生徒個々に対応する教育実践の先進校」を目指し、「社会に出て発揮できる生きる力」を育てます。
 それぞれの目標に向かって精一杯がんばる一人ひとりを、先生方は全力で支えていきます。明日の自分が、今日の自分よりも一歩前に進んでいられるように、嘘はつかず、正直に、腹を立てずに、(たわ)まず、励みましょう。一緒に学びましょう。 

平成28年4月

                        岩手県立杜陵高等学校  
                        校長 佐々木 和 哉  

 

Copyright(C) Toryo Highschool