中学生用案内

設置学科

過程 学科名
コース名
設置年度 平成29年度生徒
1年 2年 3年
全日制 普通科 明治34年 139名 129名 141名

本校の目指す生徒像

教育目標

教育基本法並びに学校教育法に基づき、次のような人間の育成を目標とする。

  1. 豊かな知性と人間愛をもつ人
  2. 高い徳性と美を求める心をもつ人
  3. 強い体力と自主・自立の精神をもつ人

本校の求める生徒像

  1. 教育目標にそった知性・徳性・体力の調和のとれた人間形成をめざし、切磋琢磨の校風に基づきながら、明るく活気に満ち、自己実現に向けてたゆまざる努力をする生徒
  2. 創立116年目を迎えた歴史と伝統ある本校において、新たな歴史と伝統づくりのために、学習に、部活動に全力を傾けて取り組む生徒

平成30年度の入学者選抜方法について

推薦入学者選抜

課程 全日制 学科 普通科 募集定員 16名
推薦基準

次の1~4の条件を満たした上で、5の条件に該当する者

  • 1 本校の教育を受けるに足る能力・適性を持つ者
  • 2 人物に優れ、基本的生活習慣が身に付いている者
  • 3 志願理由が明確かつ適切で、意欲的な高校生活を送ることが期待される者
  • 4 中学校3年間の欠席日数が10日以下の者(ただし、特別な事情がある場合を除く)
  • 5 野球(男)、サッカー(男)、剣道(男女)の競技において顕著な成績を収めた者で、入学後も当該部活動に所属し、3年間活動する意志のある者

なお、5は応募資格Aに該当する

※ 顕著な成績とは、団体及び個人種目において、次の(1)、(2)のいずれかの実績を持つ者(ただし、野球、サッカーについては、いずれも中学2年または3年の実績であること。また、団体種目においては登録メンバーであること。)

  • (1)県大会団体16位以上の者
    サッカー:iリーグDiv2はブロック4位以上
    野球:Kボール、リトルシニア大会含む
    剣道:個人の場合は県大会出場以上
  • (2)県の選抜選手、強化選手または県トレセンに選ばれた者
    サッカー:クラブユーストレセンは含まない
    サッカー部(男)は、県スポーツ強化推進校に指定されています
検査内容
  • 1 面接
    • (1)一次(個人面接 5分程度)
    • (2)二次(個人面接 5分程度)
  • 2 作文
    指示されたテーマについて、600字程度で自分の考えをまとめる(40分)
選抜方法

1 調査書(100点)
「各教科の学習の記録」1・2・3年の評定の合計(135点)を100点に圧縮
2 実績点(100点)
調査書および志願理由書に記載されている実績
3 面接(50点)
4 作文(50点)

 <合計 300点>
 ※ 合計点をもとに、総合的に判断して選抜する

一次選考の有無 なし

一般入学者選抜

課程 全日制 学科 普通科 定員 160名
(推薦入学者を含む)
A B C
各選考方法の割合 70 30 0
学力検査と調査書面接等との割合 5:5 3:7 7:3
小論文・作文、適性検査、傾斜配点の有無等

特色ある教育活動

教育課程の特色

適性・進路希望に応じ、学年進行のコース設定をしています。各コースではその特色を十分に発揮できる学習内容に編成しています。

1学年 均一クラス(4クラス)
2学年 文系 (3クラス)
理系 (1クラス)
3学年 文系I【文系4年制大学・文系短期大学】 (2クラス)
文系II【文系専門学校・就職】 (1クラス)
理系【理系4年制大学・理系専門学校・医療系専門学校】 (1クラス)

学習活動

基礎・基本を重視した教科指導と、進路目標に応じた個別指導に力を注いでいます。授業を重視するとともに家庭学習の充実を強く指導しています。朝学習、放課後課外授業、添削指導などを計画的・継続的に実施して学力向上に努めています。

特別活動等

  • ア 生徒会活動
    全国唯一の伝統行事「うさぎ狩り」をはじめ、「鍋城祭」(文化祭)や「体育祭」等を実施して、全生徒の士気を高めています。
  • イ 運動部活動(全国大会レベルの活動)
    サッカー部(26回の全国高校選手権出場を誇る。平成17年度全国サッカー選手権で準決勝に進出し、県勢初の国立競技場のピッチに立ちました。また、平成19年度にも同大会でベスト8となりました。)、陸上競技部(東北大会出場4年連続)。水泳部(平成26年度東北大会出場)。
  • ウ 文化部活動(全国大会レベルの活動)
    邦楽部(筝曲)(平成17年・21年・23年・27年全国高校総合文化祭に出場)。吹奏楽部(平成25年に7年連続東北大会出場)。理科研究部(平成27年高総文祭ポスター部門審査員特別賞)。

校長から一言

本校の生徒は素直で礼儀正しく、爽やかな生徒集団であります。目標を持って前向きに取り組んでおり、校訓「修徳尚武」の意味する文武両道を生徒と教職員が一丸となって実践しております。志を高く持ち、本校で自分を磨いてみませんか。

諸経費の概要(平成29年度実績)

入学時に必要な金額 入学金 5,650円
入学時諸納金 21,000円
教科書代 約10,000円
(選択科目により異なります)
体育着 16,400円
女子制服 セット52,500円
(希望者サマースカート16,000、半袖ブラウス3,800)
内履きズック 3,000円
1学年補助教材費等 *1) 男子 57,489円
女子 57,132円
2学年補助教材費等 *1) 51,387~53,490円
3学年補助教材費等 *1) 53,927円~92,032円
(模試代金を含む)
授業料 *2) 下記「授業料無償制見直しに関する県教育委員会からのお知らせ」をご覧ください。
諸会費
(PTA会費・生徒会費等)
51,500円(5,150円×10ヶ月)
  • *1)【補助教材費等】はあくまで目安であり、コース及び選択科目によって多少の差が生じます。また、いずれの学年も3分割納入可能です。
  • *2)【授業料】について、在学期間が3年を越える人、一度高等学校を卒業した人は、年間118,800円(月額9,900円)を徴収します。

授業料無償制見直しに関する県教育委員会からのお知らせ

  • (1)法律の改正により、現在の高校授業料不徴収制度は平成25年度末で廃止されました。
  • (2)平成26年4月に県立高校に入学した生徒から、生徒の保護者等の収入が一定額以上の世帯の場合には、授業料を納付していただきます。
  • (3)「収入が一定額以上の世帯」とは、課税証明書に記載されている前年度の市町村民税所得割額が30万4200円以上の世帯となります。
  • (4)手続き等については、入学手続き関係書類の送付と併せてお知らせする予定ですが、制度について詳しくお知りになりたい方は、下記の文部科学省ホームページ「高等学校等就学支援金制度(新制度)について」をご覧ください。
    http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/index.htm
    【参考】県立高校授業料・通信制受講料
    全日制(月額)9,900円 定時制(月額)2,700円 通信制(1単位)190円
©2018 Iwate Prefectural Tono Senior High School
ページトップへ