学校概要・お知らせ学校案内・部活動校報「平高の窓」中学生用案内同窓会証明書
   学校概要 「校訓」「基本精神」「校章」

 【校訓】  開拓者精神

 【基本精神】 自勝(自分の欲望に勝つ)   自強(自分を励まして努力する)
          自立(自分の力で行っていく) 自尊(自分にプライドを持つ)


ムラサキ写真

【校章の由来】

 昭和22年に岩手県下を御巡幸された天皇陛下が国分県知事に対し,紫草(むらさき)の移植を依頼された。

 万葉の古歌にもうたわれる武蔵野の紫草が現在全く絶滅して,いにしえの武蔵野のおもかげを止めていないのを残念に思われた陛下が,岩手の山野に今なお紫草が野生していると聞かれ,これを吹上御苑内の野草園に移植しようとお考えになられたからである。

 国分知事から本校初代校長小山真一郎氏に依頼があり,小山校長が移植に成功し,昭和24年8月1日上京献上の手続きをとり,御苑内生物研究所の一隅に移植された。小山校長は,さらに同年10月12日再び陛下のお召しによって持参した紫草を陛下と共に移植され,ご陪食の光栄に浴した。

 現在の校章はこれを記念して船越健次郎氏に依頼し,紫草の葉と花を図案化したものである。

  岩手県立平舘高等学校 校歌(菊池 知勇 作詞  菊池 ユキ 作曲)


 ほのぼの明くる 岩手山

 はるかにかすむ 裾野原

 若き吾等の ゆたかなる

 夢をやどして ここに建つ

 ああ平舘 ああ平舘高校


     


 みどりいやます 岩手山

 むらさき薫る 裾野原

 若き吾等の 研き合ふ

 知恵の光と ここに建つ

 ああ平舘 ああ平舘高校



 もみじ燃え立つ 岩手山

 しぐれ過ぎゆく 裾野原

 若き吾等の まごころの

 色に匂ひて ここに建つ

 ああ平舘 ああ平舘高校



4 

 深雪かがやく 岩手山

 木枯らしすさぶ 裾野原

 若き吾等の 湧き上る

 力にみちて ここに建つ

 ああ平舘 ああ平舘高校

 
 学校からのお知らせ

平成28年度第1回学校評議委員会報告(PDF

平高27年度進学合格先、就職先一覧

平成27年度学校評価アンケート結果 及び 第2回学校評議委員会の様子

 学校評価アンケート集計結果(PDF)   分析(PDF)  第2回学校評議委員会「提言等のまとめ」(PDF)

平高26年度進学合格先、就職先一覧

平成26年度学校評価アンケート結果 及び 第2回学校評議委員会の様子

 学校評価アンケート集計結果(PDF)  集計表1(PDF)、2(PDF)  自由記述(PDF)  分析(PDF)  第2回学校評議委員会の様子(PDF)

平舘高校いじめ防止基本方針

  普通科(定員:80名/学年、総定員:80×3=240名)

 進学と就職の両方に対応しています。国語・数学・英語・地歴公民・理科の主要5教科を中心に満遍なく学び、高校生として必要な素養を身につけます。

 2学年からは、「Ⅰコース(就職主コース)」と「Ⅱコース(進学主コース)」に分かれて学びます。

平成25年度進路実績はこちら(PDF)

普通科時間割

 Ⅰコースでは、簿記などの商業科目も学ぶと共に、情報処理検定・ビジネス文書検定・簿記検定・電卓検定などに積極的に取り組み、就職した際に即戦力となる人材を養成します。

 Ⅱコースでは、普段の授業はもちろんのこと、各種模擬試験や課外授業・添削指導などを通して4年制大学・短期大学の入学試験に対応できる学力を養成していきます。

  家政科学科(定員:40名/学年、総定員:40×3=120名)

 家政科学科では、家庭経営者としての能力と態度を身につける際に、科学的な視点で学習・理解できるよう促しています。

そして、人々の生活の各分野において、よりよい暮らし・生活方法を提案・実践できる能力を備えた人材を育成しています。

 ファッション造形基礎・フードデザイン・調理など家政科学関連科目の授業・実習を充実させると共に、体験学習や各種講演会を数多く実施し、生活関連産業に関わる職業に従事する能力を高めていきます。

 2学年からは、「ビジネスコース」と「ツーリストコース」に分かれて学びます。

 「ビジネスコース」では、特に事務、販売等の分野への就職を意識し、生活産業情報・ビジネス基礎等の科目も学びます。

 「ツーリストコース」では、特に観光関連サービス企業への就職を意識し、地理・観光一般等の科目も学びます。

平成25年度進路実績はこちら(PDF)

家政科時間割