校訓・指導計画 本文へジャンプ


校訓

点滴穿石  
         (てんてきせんせき) - 点滴、石を穿つ

小さな水滴でも長い年月の間には固い石に穴をあけることができる。
これは継続して努力することの大切さを教えています。


指導計画

1【教育方針】

 高等普通教育を施す中で、知、徳、体の調和のとれた人格を形成し、
生徒一人一人がその個性や能力を伸長し、自己実現をはかる礎となる教育を行う。
 基本的生活習慣の確立及び基礎・基本を重視する学習内容の定着を図ることに
重点を置いて教育を行う。
 地域における役割を認識し、より開かれた学校づくりを推進する。


2【教育目標】

1 知識・技能の基礎・基本に関わる事項の定着
2 自らを律し、自己実現に向けて主体的に努力する態度の育成
3 個性の伸長と社会に貢献できる創造性の開発
4 奉仕活動への積極的参加による福祉の精神の涵養
5 伝統文化を尊重する国際感覚豊かな人間性の育成
6 情報化社会に対応する適切な情報選択の能力の育成


3【目指す学校像】

1 生徒と教師、保護者が信頼し合う学校
2 自由と創造にあふれた授業が生き生きと進められている学校
3 集団や個人への思いやりがあり、規律が守られている学校
4 明るくさわやかな、あいさつが飛び交う学校


4【育てる生徒像】

1 生活習慣が身につき、感性豊かな生徒
2 基礎的・基本的な学力が身につき、明確に自己表現ができる生徒
3 社会性を持ち、自己実現に意欲をもって取り組む生徒
4 文化を創造し、伝統を継承する積極的な態度をもつ生徒
5 健康やスポーツに関心をもち、心身の調和がとれた生徒


5【生徒の生活実践目標】

1 さわやかな学校づくりを目指し、整容についてお互いに気をつけましょう。
2 授業を大切に、まじめに受けましょう。
3 日々の部活動に積極的に参加し、活性化をめざしましょう。


6【指導重点目標】

 学校力を高める
1 学力向上の強化
2 生徒指導の充実
3 進路指導の充実
4 生徒理解の充実
5 地域への貢献の推進
6 教職員の資質向上の推進

   トップページに戻る