紫波総合高等学校 扉ページ > 学校長より





夏季休業前授業納め式あいさつ(要旨)

 

 まずもって、野球部の皆さんはたいへんお疲れ様でした。そして感動をありがとうございました。最後まで、あきらめない、粘り強い紫波総合らしい戦いぶりに感動しました。3年生の部員の皆さんは今までの苦しい練習や周りからのプレッシャーに耐えながら、素晴らしい活躍を見せてくれました。この3年間の誇りを胸に、次のステップへ進路実現に向けて、自信を持って進んでください。また、応援団の皆さん、吹奏楽部の皆さん、そして全校生徒の諸君は最後まで大きな声で、皆がひとつになって応援していただき、ありがとうございました。選手、応援生徒に心から感謝いたします。本当にありがとうございました。この貴重な経験を次ぎ生かしていければと思います。また皆で頑張りましょう。

さて、いよいよ明日から夏休み、夏季休業になります。高校期における長期休業は、人間的に大きく成長できる、なくてはならない貴重な期間であります。まず、自分なりの自由な長い時間ができます。何をやろうか、ワクワクしてるかと思います。しかしながら、やるべきことはしっかり押さえておかなくてなりません。

ひとつ、本校の生活信条である。「五つの実践:挨拶、整容、立腰、守時、清掃」を休み中であっても常に心がけてください。そして夏休みだからこそできる部活動があるかと思います。ぜひ、顧問の先生と挑戦すべき実のある活動をめざしてみてください。来月には新人大会地区予選や県高総文祭、各種コンクールなどが始まるかと思います。12年生の諸君にとっては意義ある貴重な練習期間です。頑張ってください。期待しています。

二つ目は、夏休みの宿題、課題を頑張ってください。高校生は勉強が仕事です。計画的に行ってください。

三つ目は、家の手伝いや地域のボランティアです。普段できないことを時間のあるこの時期に是非、やってみてください。成長できる体験があると思います。

四つ目は、読書、スポーツ、文化活動など人間的に成長できるものがあります。文化部の人は、スポーツを、運動部の人は文化活動を心がけてください。

そして、両者に共通するものとして、読書を心がけてください。図書館にはたくさんの本があります。是非、一冊かりて、読んでみてください。本を読むと、読みながら考えることで、各分野の一流の方々と対話することができます。野球の一流の方、テニスやバスケットボールの有名選手や優秀なコーチなど、様々方の話を聞くことができます。

また、本を読みながら人生を重ねていくと、自分の経験値を1.5倍から2倍に高めるとも言われています。自分が理解する力、アプローチする力が高まります。複数の角度から問題をとらえる姿勢ができてきます。活字を自分の中で理解し、映像化することで想像力が養われます。様々な状況をバーチャルで考えることができます。人間のだいたいの思考パターン、考え方がわかるようになります。「あの人はこういうことを言いたいんじゃないか?」「次はこう考えるのではないか?」など先を読めるようになります。

以上のようなことから、読書は自分の人生を豊にしてくれます。漢字がどうとか、スタイルがどうとかというよりは、中身、内容に興味を持って読んでみてください。時間がない時は、短い文章の新聞やスマホでも結構です。誰かが、自分の意見を力強く、述べているようなものをいっぱい読んでみましょう。きっと、あなた方の考え方に新しいアイデアや幅広い充実した考え方ができるようになると思います。夏休みの読書をぜひ、心がけてください。

3年生の皆さんは最後の夏休みになります。就職や進学等、進路決定に向けた重要な時期となります。自分の人生を左右する大きな意義ある期間です。悔いが残らないよう、自分から進んで、積極的に目標をつかみにいってください。一生懸命に頑張ってください。

最後に、休み中は、常に紫波総合高校生としての看板を背負っていることを忘れず、自分の行動がふさわしいものかどうかを判断しながら生活してください。大きく成長した元気な皆さんに、817日の授業始め式で会えることを祈念し、講話とします。

以上



(平成28年7月22日)

Copyright (C) 2003-2016 SHIWA Comprehensive Senior High School.