紫波総合高等学校 扉ページ > 学校長より





1年生オリエンテーション校長講話
            
1年生オリエンテーション 校長講話(要旨)

○滝田1年次長が入学式時に「睡眠と食事が大切」との話があったが、高校生活のたいへん重要なポイントであります。心がけてほしい。
○まず、はじめに「休むな、遅れるな、いい奴といわれる人になろう。」を目指してほしい。このことは社会に出てからも大切なこととなります。
○大徳寺大泉寺住職のことば「こころは行動となり、行動は習癖となり、習癖は品性となり、品性は運命を決する。」心がけ一つですべてが決まる。運命を決してしまう。
○アメリカの心理学者のことば「人は思うような人になるのだ。」だから、努力せよ。目標を持って行動しなさい。そうなるように理想の自分を見つけてほしい。
○夢を持つことの大切さについて話します。ある小学生の夢を語った作文を読みます。有名な作文です。「ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。・・・」
これは、大企業の関係者からも絶賛されているものです。~になりたい、のほかに、契約金1億円とか、打率5割8分3厘とか、数字を気にするところなど、目標を自分でイメージできる力があり、実現力につながっていることが素晴らしいことだと思います。また、友達と遊ぶ時間は1週間に3時間ほどと野球と遊びでは、野球をする時間が多く、幼くして、野球が遊びよりも楽しいものと、感じているようなところも素晴らしいものと思います。ご存じのとおり、彼は40歳で、まだ、現役プレーヤーとしてスタメンで出場し活躍しています。「目標をイメージできる力が実現力となる。」皆さんも夢をいだき、イメージしてみてください。それが、実現につながるものとなります。
○北海道大学創始者のクラーク博士の「ボーイズビーアンビシャス」「少年よ、大志をいだけ」「少年よ、大きなこころざしを心の中に持て、夢を目標に持て。」という意味です。
 好きな部活動について、日々に授業、勉強について、そして将来の進路について大きなこころざしを心の中に持ってほしい。そして、ゆくゆくは自分の人生の夢を描いてほしい。そのことが、次への行動を生み、次へのステップにつながります。
○欲求があれば、必ず壁にぶつかります。そのときは近くの友達や、先生方に相談してください。自分で解決できないものも誰かと一緒であれば、対応できるものがあります。
○高校時代で友達、先生の教えが間違えなく大きな財産となります。大切にしてください。
○何のために勉強するが、学ぶのかについては、知識は点であり点と点が結ばれて線となります。その線と線は何本も集まり面となります。点だったものが、応用力にも発展性にもつながっていきます。無回転ボールやナックルボールなど物体の後ろ側にできる気流が大きく関係しています。物理で習うジャイロ効果の応用となります。高校で学ぶすべての点は将来、線をなすもので、面にもつながる重要なものです。無駄なことはありません。
○本校の五つの実践(挨拶、整容、立腰、清掃、守時)を大切に、確実に行ってほしい。
○3年後の皆さんの成長を確信しています。楽しみにしています。頑張ってください。

(平成28年4月11日)

Copyright (C) 2003-2016 SHIWA Comprehensive Senior High School.