紫波総合高等学校扉ページ > 中学生用案内(平成28年12月16日改定)
概 要
校名
創立
開校記念日
所在地
電話番号
FAX番号
ホームページ
交通機関
校長名 
岩手県立紫波総合高等学校
昭和5年4月1日(平成16年度より総合学科高校に改編)
5月6日
028−3305岩手県紫波郡紫波町日詰字朝日田1番地
019−672−3690
019−672−2647
http://www2.iwate-ed.jp/shw-h/
JR東北本線 紫波中央駅下車 徒歩10分
渡邊好章
設置学科・生徒数
                                             平成28年4月1日現在
課 程 学科名 設置年度 平成28年度生徒数
1年次 2年次 3年次 合計
全日制 総合学科 平成16年度 165 166 184 515
目指す学校像
(1) 生徒が学びと学校生活を楽しむ、明るく目標を持って通える学校をめざす。
(2) 地域・保護者からの期待に応えて貢献できる、求心力を持った学校をめざす。
(3) 教職員が生徒と互恵的に関わり、やりがいを持って協働できる学校をめざす。
平成29年度の入学者選抜方法について
@平成29年度推薦入学者選抜


推薦入試

A平成29年度一般入学者選抜
一般入試
 
特色ある活動
 ◇ 学 習 活 動  ◇ 学 校 行 事  ◇ 部 活 動
 日々の授業をとおして,学習活動の充実と学力の向上を図りながら、将来の進路目標の達成を目指して努力している。特に平成16年度より本校は「総合学科高校」に改編され、多様な実技・実習・実験等を通して「生きた知識・技能」の習得を目指している。 例えば、コンピュータ室を中心にコンピュータを数多く設置して情報化時代に即応した 先端技術の習得や、英語・国語などの科目に関わる検定、情報技術・情報処理などの実務に関 わる資格、社会が求めている各種資格取得を目指して、日常の学習に取り組んでいる。 また、地域でのボランティア活動に積極的に取り組み、地域に貢献する人材の育成と幅広い視野を養えるよう活動している。
 例年10月に行う文化祭「紫鷲祭」は,日常の学習活動の発表の場として、地域の住民はもとより多くの人々が心待ちにしている学校行事の一つである。
 「校内スポーツ大会」は、生徒と職員の心が触れ合う場となっている。競技に参加する生徒も応援する生徒も一緒になり、クラスの団結が深まる行事である。
  「修学旅行」は、高校生活の思い出として生徒の心に残る一大行事である。
 



文化部・運動部とも活発に活動している。
 運動部では、特に自転車競技部の活躍がめざましく、インターハイや国民体育大会等で全国にその名をとどろかせている。
 文化部では、美術部、書道部、棋道部、吹奏楽部、演劇部等が各種展示会や発表会で活躍している。
 これらの活動を支えている生徒会執行部や応援団等は、合宿等を実施し全校生徒の士気の高揚に励んでいる。
 





 校長から一言
 中学生の皆さん。紫波総合高校は、県央部唯一の公立総合学科高校です。総合学科高校は入学してから、じっくりと自分の進路を考え、学ぶことができます。本校の魅力は、誰もが安心・安全な学習環境の中で、自分の可能性に挑戦できるということです。そして何より、心優しき生徒たちが笑顔で挨拶を交わし、学習や部活動、ボランティア活動に励む姿こそ、私たち教職員の誇りであり、本校の一番の魅力の源(みなもと)であります。
 また、進路実績も年々向上し、それぞれの夢に向かって大きく羽ばたいていっています。
 皆さんも是非一緒に、ますます楽しく実りある紫波総合高校を創っていきましょう。
 生徒・職員一同、心よりお待ちしています。
校長 渡邊 好章
 公立高等学校就学支援金制度に関する県教育委員会からのお知らせ
 <参考:昨年度の通知>授業料・諸経費
Copyright (C)  SHIWA Comprehensive Senior High Schoo