紫波総合高等学校扉ページ > 学校概要 > 沿革
 沿革
昭和 5年 4月 1日  日詰実業補習学校を日詰町立実業専修学校と改称し、修業年限2ヵ年とする 
(紫波郡日詰町日詰新田9地割235−1)
昭和10年 7月29日 町立日詰実業専修青年学校と改称
昭和15年 3月31日 日詰町立日詰実業専修青年学校第二部の内容を充実し、
実業学校令農学校規定により、町立日詰農学校設立を認可
昭和15年 4月12 高等女学校令により、日詰実科高等女学校の併置認可
昭和15年 7月 6 町立日詰農学校および日詰実科高等女学校を開校
昭和18年 4月 1日 日詰実科高等女学校と改称
昭和19年 4月 5日 中等学校令の改正により甲種に昇格、日詰農学校と改称、
高等女学校を廃止し女子部を敷設 修業年限男子3ヵ年、女子2ヵ年
昭和20年 4月 1 女子部に専攻科を付設
昭和22年 4月 1 修業年限女子部3ヵ年学制改革により、中等部を併設、
本年度入学生を併設中学校第3学年に編入
昭和23年 3月31 日詰町外14ヵ村総合立に変更認可、日詰農業高等学校と改称
昭和23年 4月 1 岩手県立日詰高等学校定時制課程を併置
昭和23年11月 1日 県に移管、岩手県立日詰高等学校と改称
昭和24年 4月 1 普通課程を併置、定時制課程に志和分校を柏高校より所属替
昭和24年 6月 7 第1期工事竣工、2学年および3学年新校舎に移転 
所在地 紫波郡日詰新田9地割字朝日田15
昭和27年 4月 1 家庭科を併設
昭和30年 4月 1 定時制本校(夜間)の生徒募集を停止
昭和30年 4月 1 町名変更により、学校所在地 紫波郡紫波町日詰字朝日田1番地に変更
昭和30年 8月 1 岩手県立紫波高等学校と改称
昭和32年 4月 1 定時制志和分校の生徒募集を停止
昭和33年 3月31 定時制課程を廃止
昭和38年 4月 1 普通科生徒定員を2学級増加、家庭科を家政科に変更
普通科4学級、農業科1学級、家政科1学級募集
昭和42年 2月23 屋内体育館工事竣工
昭和44年 4月 1 園芸科1学級設置、普通科3学級、農業科1学級、家政科1学級募集
昭和46年 2月 5 本校舎、第2校舎、第3校舎等火災焼失
昭和46年 3月25 第1線校舎竣工
昭和46年12月12 第2線校舎、ボイラー室、農業機械実習室、温室竣工
昭和47年 4月 1 普通科臨時学級1学級増の募集
昭和47年10月18 創立40周年並びに校舎落成記念式典を挙行
昭和48年 8月27 プールおよびプール付属棟竣工
昭和49年 4月 1 園芸科募集停止
昭和50年 4月 1 普通科臨時学級(1学級)募集停止
昭和51年 3月31 園芸科廃止
昭和54年 2月13 宿泊研修施設柏鷲会館竣工
昭和55年 9月14 創立50周年記念式典を挙行
昭和57年 4月 1 普通科1学級減、普通科4学級、農業科1学級、家政科1学級募集
昭和58年 4月 1 普通科1学級増、普通科5学級、農業科1学級、家政科1学級募集
昭和58年11月25 部室棟竣工
昭和60年 3月18 産振棟竣工
昭和60年 3月27 第二体育館および格技場竣工
昭和60年 9月 7 教育施設設備落成記念式典を挙行
昭和62年 4月 1 情報デザイン科1学級設置(定員45名)、家政科募集停止
昭和63年 3月23 情報デザイン科棟竣工
平成元 年 4月 1日  普通科5学級、農業科1学級、情報デザイン科1学級募集
平成 2年10月28日 創立60周年記念式典を挙行、記念事業(海外派遣)開始
平成 5年 4月 1 普通科4学級、農業科1学級、情報デザイン科1学級募集
平成 6年 2月22 自転車競技練習場竣工
平成 8年 4月 1 普通科1学級増(普通科5学級)
平成 9年 7月25 第一体育館取り壊し
平成10年 3月27 第一体育館改築
平成10年12月28 グランド防球ネット新設
平成11年 3月19 公共下水道切替使用開始
平成12年10月 7 創立70周年記念式典挙行
平成15年 7月10 新校舎等新築工事着工
平成16年 3月24 部室等竣工
平成16年 4月 1 岩手県立紫波総合高等学校と改称
総合学科6学級設置(定員240名)普通科、農業科、情報デザイン科募集停止
平成16年 4月 6 岩手県立紫波総合高等学校開校式を挙行
平成16年11月25 岩手県立紫波総合高等学校新校舎竣工
平成16年12月13 新校舎へ移転
平成17年 5月14 旧校舎取り壊し
平成17年10月22 校舎落成記念式典を挙行
平成18年 8月11 グラウンド改修工事竣工
平成22年10月9日  創立80周年記念式典挙行
Copyright (C)  SHIWA Comprehensive Senior High School.