1 学科の目標 1 学科の目標
 教科「農業」と「家庭」の各分野の学習を通して、学校生活や社会生活において、自ら課題を見つけ解決できる能力と実践力を育てる。  ビジネスに関する各分野についての知識と技術を習得させ、社会人として適切に対応できる能力と態度を育てると共に、地域社会に貢献する人材を育成する。
2 特色 2 特色
<生産科学コース> (1)専門教科に習熟度別学習を取り入れることで基礎基本を定着させるとともに、個々の得意分野について専門性の深化を図る。
(1)農業の基礎的・基本的な知識と技術を習得させ、新しい技術に対応出来る能力を育む。
(2)流通に関する知識とサービスに関する実践的な態度を育て、地域社会の発展を図る能力と態度を育む。 (2)ビジネスに関する上級学校への進学に対応するために普通教科に力を入れる。
(3)実験・実習など実際的、体験的な学習を通して問題解決能力と意欲的な態度を育てると同時に、生命を大事にする心と自然に対する畏敬の念を育み豊かな感性と人間性を育てる。 (3)課題解決学習などを通じてビジネスマナーを身につける。
(4)マルチメディアに対応した情報処理機器を活用して、情報活用能力を育成する。
<生活文化コース>
(1)食物・被服・保育に関する知識と技術を習得し、生活の充実向上を図る生活技術について実践的な態度を育てる。
(2)生活文化の継承、生活習慣の活用に関する基礎的知識、技術を習得し、豊かで健全な家庭経営をはぐくむ能力と態度を養う。
3 専門教科で取り組む内容及び検定 3 専門教科で取り組む内容及び検定
対象 科目名 内容 目標級 対象 科目名 内容 目標級
1年 農業科学基礎  農業生物の育成についての体験的、探求的な学習を通して、農業に関する基礎的な知識と技術を習得させ、農業及び農業学習についての興味・関心を高めるとともに、科学的思考力と問題解決能力を伸ばし、農業の各分野の発展を図る能力と態度を育てます。

教材:ダイズ等
1年 ビジネス基礎  ビジネスに関する基礎的な知識等を習得させ、心構えや諸活動に対する能力と態度を育てます。 全商業高等学校協会主催

商業経済検定3級

珠算・電卓検定3級
作物  稲作を中心に作物の栽培に取り組み、生育調査を通じて体系的に学習します。また、作物の流通や品質管理・食品加工の現状についても学びます。 情報処理  情報処理機器(パソコン)の活用に関する技術と知識を学び、情報を適切に収集・処理し、活用できる能力を身につける科目です。
 主に、ワープロソフトWordと表計算ソフトExcelを使って学習します。
全国商業高等学校協会主催

情報処理検定3級

ワープロ実務検定3級
1~2年 農業情報処理  農業に情報を活用することの大切さを学習します。
<1年>
 コンピュータによる情報の活用を中心に、ワープロや表計算ソフトの利用方法、プレゼンテーションソフトの習得を目指します。
<2年>
 ハードウエアの学習から、表計算の応用、インターネットの活用を学習し、個人でコンピュータを利用できる能力を育てます。
全国商業高等学校協会主催 1~2年 簿記  企業の様々な活動を記録・計算・整理する技術(=簿記)の基本的な仕組みについて学習します。 全国商業高等学校協会主催

簿記実務検定3~2級
ワープロ実務検定3級
情報処理検定3~B2級
2年 野菜  野菜の一般的な生理・生態を中心に学習します。各論では、一般的な野菜を取り上げ圃場、施設栽培の基礎を学習しています。 2年 商業技術  商業文書、商業デザイン、計算などの基礎的な知識と技術を習得し、商業技術の意義や役割について理解し、ビジネスの諸活動に活用する能力と態度を身につけます。 全国商業高等学校協会主催

ワープロ実務検定3~2級

珠算・電卓検定3~2級

情報処理検定3~B2級
生産科学コース 生活文化コース
科目名 内容 目標級 対象 科目名 内容 目標級
2年 畜産  家畜(肉用牛)の繁殖、育成と出産および肥育に関する知識と技術を習得し、管理と給飼、給水などの飼育管理を学びます。さらに畜産物の生産、流通、利用並びに畜産と地域環境との関係について学習します。 2年 グリーンライフ  交流、余暇活動の展開に必要な知識と技術を習得させ、農業や農村の持つ多面的な機能と対人サービスの特性を理解させるとともに、交流余暇活動を導入した経営の改善を図る能力と態度を育てます。
草花  壇用草花(マリーゴールド、サルビア、インパチェンス、アゲラタム、ゼラニューム)や鉢花(シクラメン)などの性質を学習するとともに、温室において栽培実習を行い、ひいては遠野市内一円への販売方法や植栽方法などを学習します。 マーケティング  モノやサービスを効率よく販売する考え方や、マーケティングの意義・役割、現在の企業環境などについて学習します。 全商業高等学校協会主催

商業経済検定2級
3年 農業経営  農業経営の要点と会計(簿記)を中心に学習します。また、様々な経営形態を学習し、組織的・企業的な経営について学び、経営者として必要な能力を育てます。 2~3年 フードデザイン  栄養、食品、献立、調理、テーブルコーディネートなどに関する知識と技術を習得させ、食事を総合的にデザインする能力と態度を育てます。 家庭科技術検定

食物調理3~1級
2~3年 原価計算  1・2年次で学んだ簿記の知識を生かし、製造業において製品が完成するまでの原価の計算法について学習します。 全国商業高等学校協会主催

簿記実務検定3~1級原価計算
農業機械  技術革新によって高性能な機械が出現し、農作業を長時間及び重労働から解放させましたが、その導入には従来の土地の生産性や人々が有する労働生産性をはるかに越えた代償も伴います。この経済原理を理解した上で経営にあたることが必要です。各種農業機械の構造、操作方法、点検整備について実習を取り入れて学習します。 被服製作  被服構成の基礎、構成技法などに関する知識と技術を習得させ、被服を創造的に製作する能力と態度を育てます。 家庭科技術検定

被服製作3~1級
3年 会計
「ビジネス情報」と選択
 株式会社などの企業が行う企業会計について、株式会社の仕組みや経営活動を理解しながら学習します。 全国商業高等学校協会主催

簿記実務検定2~1級会計
食品製造  遠野の特産物を活用した付加価値製品の商品を開発するために、食品製造における基礎的な知識と技術を身につけると伴に、衛生管理マナーの学習を行います。さらには、農と食の一連の過程(生産・加工・流通・販売)を実習も取り入れて学ぶことで六次産業化に対応できる能力と態度を育てます。 3年 課題研究  農業に関する課題を設定し、その課題の解決を図る学習を通して、専門的な知識と技術の深化、総合化を図るとともに、問題解決の能力や自発的・創造的な学習態度を育てます。 教材として、被服製作・福祉・食物などの家庭生活の分野からテーマを決定し、研究しています。プロジェクト学習の成果を学校で実践し、技術の定着を図ります。 ビジネス情報
「会計」と選択
 コンピュータを用いて、企業における各種の業務を効率的に行う方法を学びます。そして、仕事を迅速かつ正確に行う能力を養います。 全国商業高等学校協会主催

情報処理検定B2~B1級
 植物バイテク  花や野菜などの植物を中心に、組織培養法の基礎・基本となる知識と技術を学び、組織培養の手順や、培地作成、無菌操作の基本的な技術を習得します。 文書デザイン   文書に関する知識と技術を習得させ、各種メディアで作成した情報を理解させるとともに、情報を効果的に発信する能力と態度を育てます。 全国商業高等学校協会主催

ワープロ実務検定1級
課題研究 農業に関する課題を設定し、その課題の解決を図る学習を通して、専門的な知識と技術の深化、総合化を図るとともに、問題解決の能力や自発的、創造的な学習態度を育てます。 教材として農業分野からテーマを決定し、研究しています。プロジェクト学習の成果を学校農場で実践し、技術の定着を図ります。また、プロジェクト学習の成果をもとに今後の社会生活や経営改善ができる能力と態度を養成します。 総合実践 1・2年で学習した知識や技術を活かし、検定取得や商業に関する様々な活動の理解を深めていきます。 全国商業高等学校協会主催

珠算・電卓検定1級
1~3年 総合実習 <1年> 危険物取扱者試験丙・乙種


日本農業技術検定3級
ビジネス実践  就職後即戦力として会社で活躍できるよう、社会人として必要なマナーや知識を学習していきます。
 全体を6グループに分け(A班~F班)、草花・野菜・果樹・畜産作物の3部門をローテーションします。農業に対する興味や関心を高めるために、実習を通して基礎的基本的な管理知識や技術を身に付けて、農業の理解を深めます。班単位での実習により、生徒相互の理解や扶助により豊かな人間性と社会性を養います。
<2年> 課題研究  ビジネスに関する課題を設定し、それを解決する学習の中で、1年次から学んできた内容を総合的に活かし、自発的・創造的に問題解決していく力を身につけます。 全国商業高等学校協会主催

簿記実務検定2~1級
 草花・畜産作物・野菜・果樹の専攻実習を行い、プロジェクト学習による、草花、畜産、作物、野菜・果樹の一貫した生産管理技術の学習を行い、生徒の興味関心を中心とした課題解決学習を推進し、主体的に学ぶ態度を育成します。また、農家研修も行います。
<3年>
 草花・畜産作物・野菜・果樹の専攻実習を行い、学識経験者講演、校外研修や季節に合わせた食農教育実習なども取り入れて学んでいます。