〒028-4398
岩手県岩手郡岩手町大字五日市第10地割4
TEL:0195ー62-2334 / FAX:0195ー62-3203

校長挨拶

 本日は、岩手県立沼宮内高等学校のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 本校は、昭和23年に創立されて以来、「将来の進路に見通しを持ち、知育・徳育・体育の調和のとれた、社会に貢献できる、心豊かな人間を育てる」ことを教育目標とし、今年で69年を迎えます。校章に図案化されている「雪持ち笹」は、笹をおおう雪の白さ、雪の重さに耐える笹の柔軟さ、凍てつく冬を耐える粘り強さを表しており、校訓の「清潔・強靱・寛容」につながっております。
 校舎は、多くの彫刻が見守る石神の丘や町立美術館を一望できる高台に位置し、校舎内外には感性豊かな生徒たちが制作した絵画、彫刻、ポスターなどがあり文化の香り高い環境のもとで生徒は勉学や部活動、学校行事に全力投球で、いきいきと学校生活を送っています。
 学習においては、基礎・基本を重視しつつ、進学・就職どちらにも対応できるカリキュラムを取り入れており、社会人としてのマナーを身につけ、生涯にわたって学習する態度を育成し、一人ひとりの進路希望の実現のために丁寧できめ細かな指導を行っております。
 部活動においては、インターハイ優勝の実績を持ち、平成28年度岩手県新人大会でアベック優勝を果たして全国選抜大会に出場するなど、全国屈指の強豪校として活躍するホッケー部を中心に、各部それぞれが自分たちの目標を見据えて活躍しています。また、文化部も岩手県高総文祭入選の造形美術部(美術・書道)を始めとして、切磋琢磨しながら自己の技量を高め、それぞれの分野で成果を上げています。
 本校は、当たり前のことを当たり前にできる沼高生を育て、全ての生徒・保護者が入学してよかったと思う学校、ふるさとを支え、地域に愛され応援される学校を目指して参ります。今後とも、沼宮内高校へのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

                        岩手県立沼宮内高等学校
                        校 長  長谷川 昌生