建築設備科

建築と設備について学習し,建築や居住空間の計画・設計,施工管理などの業務に従事する技術者を育成します。


建築設備科で学べること

配管作業

建築設備って何ですか?

建物を建築したとき,外側を作るのが『建築』で,そこで人が生活できるように機能を与えるのが『設備』の役割です。具体的には,建築工事に空調設備や給排水設備,電気設備工事が一体となり建物に命が与えられます。全部を含めて『建築設備』といいます。

教科・科目

普通教科

  • 国語,地理歴史・公民,数学,理科,保健体育,芸術(美術・書道),英語,家庭

専門教科・科目

  • 工業技術基礎,課題研究,実習,製図,情報技術基礎,設備計画,建築構造,空気調和設備,衛生・防災設備,建築施工,建築法規

主な取組

スターリングエンジンカー
  • 全国ロボット競技大会出場 平成26年
  • 空飛ぶ「車いす」韓国へ2名派遣
  • 管内小中学校へ車いす3台寄贈 平成26年
  • 技能検定3級<建築配管作業> 合格:平平成23年17名,24年12名,25年16名,26年21名
  • スターリングエンジンカー全国大会出場

取得を目指す資格

給水プラント
  • 技能検定3級 建築配管作業
  • 2級管工事施工管理技術者検定
  • 2級ボイラー技士
  • 建築CAD検定試験
  • 空調・衛生設備士(学科卒業によって資格取得期間が短縮)
  • 建築設備士(学科卒業によって資格取得期間が短縮)

このページの先頭へ

© 岩手県立宮古工業高等学校