地震・津波の際の対応について

2013(平成25)年11月27日制定

保護者の皆様

岩手県立宮古工業高等学校

地震・津波の際の対応について

日頃より本校の教育活動に対しましてご支援ご協力を賜り誠にありがとうございます。
 さて,東日本大震災の経験に基づき,非常時の対応について,下記のとおり対応させていただきます。ご理解のほどよろしくお願い致します。

1 在校時に地震・津波に関する注意報等が出された場合
 地震・津波等の災害が発生し,避難指示が発令されるなど二次災害のおそれがある場合や津波警報・注意報が出された場合は,迎えに来た保護者への生徒の引き渡しは行わず,学校で待機させるなど学校管理の下で保護します。保護者が学校に引き取りに来られた場合は,別室等で待機をお願いします。津波警報・注意報が解除となったときは,生徒の安全が確認され次第,引き渡しを行う場合があります。保護者との連絡が取れない理由で引き渡しができない生徒については,学校において保護することとします。

2 登下校時に地震・津波に関する注意報等が出された場合
 公共交通機関利用時は,乗務員の指示に従ってください。保護者等が送迎している場合はそれぞれで判断し行動(避難等)してください。徒歩や自転車で移動中は,生徒自身の判断で水辺(低地)から離れ,高台へ避難するなど,交通に注意し行動してください。通学路の危険地域や安全な場所を保護者と生徒が事前に確認しておいてください。また,無理に登校させないでください。学校への連絡は安全が確保されてからで構いません。連絡が少し遅れても,生徒・保護者・家族の安全が第一です。

3 在宅時(休日や夜間を含む)に地震・津波に関する注意報等が出された場合
 可能な限り速やかに情報を収集し,待機または安全な場所に避難をしてください。特にも,津波警報・注意報等が発令中は安全な避難場所に待機し状況を見てから学校に連絡をお願いします。
 災害の規模によっては,停電や固定電話の不通等も想定されます。各ご家庭におかれましても日頃より地域の防災施設等の状況等を確認の上,安全な避難対応をお願いします。

宮古地区高等学校の申し合わせ事項
 在校時に遠地地震・津波注意報が発令され,津波到達予想時刻まで2時間以上ある場合については,以下のように対応します。
(1)生徒が保護者と連絡を取り,その,到達予想時刻から30分以上前に安全に帰宅できる生徒は帰宅させます。
(2)沿岸部を通らずに帰宅できる生徒も帰宅させます。
(3)自宅が被害を受ける可能性のある地域にある生徒については学校で待機させます。

※ 上記の対応については,岩手県災害対策本部規定に基づく,岩手教育委員会の「学校防災・災害対応指針」によるもので,生徒の安全確保を最優先に対応します。

宮古工業高校のツイッター 

メインメニュー

関係者向け

このページの先頭へ

© 岩手県立宮古工業高等学校