専攻科

専攻科は水産・海洋系の高校を卒業後に入学する2年制学科で、船舶の運航に関する知識・技術を習得し、上級の海技従事者国家試験合格をめざします。
4級海技士の航海・運用の両方の資格を取得できる養成機関もあります。
3級海技士(航海)に、目的意識・やる気がある多くの生徒が合格しています。
詳しくは専攻科学科紹介の「パンフレット」をご覧ください。

学科の目標と指導の重点

目標
船舶の運航に関し最新の知識、技術を習得させ、同時に船舶職員としての資質を高め上級海技免状を取得させることにより、船舶の幹部職員として、水産業、海運業の発展に寄与できる人材を養成する。
指導の重点
  1. 最新鋭の練習船による1年3ヶ月の乗船実習で、船舶職員としてとるべき態度を身につけさせるともに、船舶運航並びに漁業に関する基礎知識技術を習得させる。
  2. 技術革新の進展と国家試験制度の同行に対応し、教育内容の充実を図り、資格取得に努める。

主な就職先

イイノガストランスポート、東日本船舶(株)、北星海運(株)、栄興船舶(株)、
春徳汽船(株)、昭和マリタイム(株)、中央海運(株)、大井漁業(株)