学校の歴史

沿革

明治28年10月15日

宮古、鍬ヶ崎両組合立高等小学校内に水産補習学校を附設、本校の創立はここに胚胎す。

明治31年 4月 1日

下閉伊郡簡易水産学校と改称、郡立に変更独立。

明治32年 2月

実業学校令発布学則改正乙種程度の郡立水産学校に改称。

明治34年 2月12日

本県告示第46号をもって県立水産学校設置の達示あり、郡立学校を閉鎖し、県に移管。

明治34年 4月 1日

県立水産学校開設、甲種実業学校として発足。

明治34年 5月18日

授業開始、開校記念日とする。

明治37年 3月

第1回卒業式挙行、卒業生11名。

明治38年 2月

学則を改正して本科を漁労、製造の二科とする。

明治38年 3月

宮古萩林清之助氏所有「妙福丸」(45トン)を実習船として購入。

明治43年 5月

創立10周年記念式典挙行。

明治44年 3月29日

試験船「岩手丸」建造。

大正元年 3月

「妙福丸」廃船。

大正 3年 4月

予科を設置。

大正 3年 7月

沿岸漁労実習船として「初音丸」(六トン)を建造。

大正 4年 3月

漁労、製造の分科を廃止。

大正 9年10月17日

創立20周年記念式典挙行。

大正10年 4月

校訓「質実・勤勉・整頓」を制定し校風の振作を図る。

大正10年10月27日

岩手県水産試験場所属「岩手丸」を実習船として本校に移管、「日出島丸」と改名。

大正12年 4月 1日

予科を廃止、水産科4年制とする。

大正13年11月

「初音丸」を廃船とし、2代目「初音丸」(6トン)を建造。

昭和 3年 4月23日

水産、漁労の二科とする。

昭和 4年 8月28日

実習船「日出島丸」廃船。

昭和 5年 3月31日

実習船「宮古丸」(73トン)進水。

昭和 5年10月20日

創立30周年記念式典、「宮古丸」竣工式挙行。

昭和 8年 8月18日

岩手県立六原青年道場として海洋道場を附設。

昭和13年 3月31日

実習船「宮古丸」、79トンに増トン。

昭和14年 7月

実習船「鏡丸」(7トン)進水。

昭和18年 9月

宮古市大字磯鶏第12地割仏沢163番地に校舎新築移転。

昭和19年 4月 1日

水産科を製造科と改称。

昭和20年 4月 1日

「岩手県立宮古水産学校」と改称。

昭和22年 4月 1日

新制中学校併設。

昭和23年 4月 1日

学制改革により「宮古水産高等学校」となり、併設中学校を廃止する。
水産増殖科を設置、漁労科を漁業科に、製造科を水産製造科と改称。

昭和23年 9月16日

実習船「鏡丸」、水害により喪失。

昭和24年 4月 1日

水産部、普通部よりなる綜合高等学校となり「岩手県立三陸高等学校」と改称。

昭和24年10月

「鏡丸」代船(6トン)進水。

昭和24年10月14日

創立55周年記念式典挙行。

昭和25年 4月 1日

三井造船所有「月山寮」を寄宿舎として買収。

昭和26年 4月 1日

水産部に新たに綜合水産科、水産家庭科を設置、船越分室を設置。

昭和27年 4月 1日

「岩手県立宮古水産高等学校」と改称。

昭和28年 2月10日

共同実習船「岩手丸」(266.58トン)進水。

昭和28年 4月 1日

普通科募集停止、専攻科漁業科を設置、水産家庭科を家庭科と改称。

昭和29年 1月13日

鏡丸(6トン)を払い下げ、恵比寿丸(20トン)を購入、鏡丸と改称。

昭和29年10月22日

創立60周年記念式典挙行。

昭和30年 7月23日

創立60周年記念水産実習場兼水産博物館落成。

昭和31年 4月 1日

本校船越分室を船越出張教室(水産科)と改称。

昭和32年 2月12日

「宮古丸」(S5年製)廃船。

昭和32年 5月14日

実習船「二代宮古丸」(84.05トン)進水。

昭和32年 6月22日

「宮古丸」竣工記念式典挙行。

昭和35年 5月24日

チリ地震津波により実習船「鏡丸」大破沈没。

昭和35年10月25日

共同実習船「岩手丸」(二代目378.89トン)進水。

昭和36年 2月17日

放火により講堂全焼。

昭和36年 2月20日

放火により柔道場、水産製造実習場を焼失。

昭和36年 5月

「鏡丸」の代船、「かがみ丸」(35.25トン)進水。

昭和37年 9月22日

体育館、製造実習場、漁業実習場、化学実験室新築になり落成式挙行。

昭和38年 4月 1日

本校船越出張教室を廃止して岩手県立宮古水産高等学校船越分校(定時制水産科)設置。
家庭科を家政科と改称。

昭和40年 2月13日

水産増殖科高浜実習場ならびに綜合水産科経営実習場新築落成。

昭和40年 7月30日

創立70周年記念プール(25m、5コース)完工(PTA同窓会寄贈)。

昭和40年10月 6日

創立70周年記念式典挙行。

昭和41年 1月31日

実習船「三代宮古丸」(201.73トン)竣工。

昭和41年 4月 1日

無線通信科設置。

昭和42年 3月31日

冷蔵、冷凍設備完成、水産増殖科用実習艇さつき(1トン)建造。

昭和42年 9月 1日

「宮古丸」、「広田丸」、「かがみ丸」、「久慈丸」の集中管理を命ぜられる。

昭和43年 2月24日

宮古地区県立高校学校合同寄宿舎完成。

昭和43年 3月30日

「広田丸」、「かがみ丸」の代船として共同実習船「りあす丸」(208.17トン)竣工。

昭和43年 8月31日

新校舎落成。

昭和45年 5月15日

第3級無線通信士の予備試験及び英語の試験免除校として認定される。

昭和46年 4月 1日

水産増殖科、綜合水産科募集停止、新たに漁業経営科、機関科を設置。

昭和47年 1月22日

実習船「第二りあす丸」(424.95トン)竣工。

昭和47年 3月25日

産振施設棟完成。

昭和47年 4月 1日

食物科設置、昭和46年12月25日調理師養成施設として指定さる。

昭和47年 8月10日

第54回全国高等学校野球選手権北奥羽代表として甲子園に出場。

昭和48年 3月16日

機関科実習棟、食物科実習室完成。

昭和49年 2月 5日

漁業科、機関科、船舶職員養成施設として指定さる。
乙2航、内燃2機、国家試験のうち筆記試験免除となる。

昭和50年11月 1日

創立80周年記念式典挙行。

昭和51年 1月 6日

栽培漁業実習場完成。

昭和51年 3月31日

船越分校廃止。

昭和52年 3月30日

柔剣道場完成。

昭和52年10月31日

第二グラウンド整地工事完了、引渡式挙行。

昭和53年 3月15日

「宮古丸」、「りあす丸」の代船として「第一りあす丸」(476.96トン)竣工。

昭和53年 3月25日

「第一りあす丸」竣工祝賀記念式典挙行。

昭和53年 3月30日

漁業経営科実習艇「耕洋」建造。

昭和55年 3月25日

水泳プール完成(25m8コース 附属95m^2)。

昭和57年 3月31日

宮古地区県立高等学校合同寄宿舎閉舎。

昭和59年 3月 1日

船舶職員法の改正により船舶職員養成施設
乙2航、内燃乙2機(49.2.5)が、五級(航)、内燃五級(機)の指定になる。

昭和59年 3月 1日

・漁業科が免許講習の指定を受ける(レーダー観測者講習、救命講習、消火講習、航海英語)。
・機関科が免許講習の指定を受ける(救命講習、消火講習)。
・専攻科漁業科が免許講習の指定を受ける(レーダーシミュレーター講習、上級航海英語講習)。

昭和59年 4月 1日

家政科1学級臨時贈。

昭和60年 7月10日

水産博物館の資料を岩手県水産科学館に移管。

昭和60年10月26日

創立90周年記念式典挙行。

昭和61年 3月17日

「第二りあす丸」の代船として「新りあす丸」(471トン)竣工。

昭和61年 3月18日

宮古地区県立高等学校合同寄宿舎取り壊し。

昭和61年 3月22日

「新りあす丸」竣工祝賀記念式典挙行。

昭和61年 4月 1日

無線通信科募集停止、新たに電子通信科を設置。

昭和62年 4月 1日

家政科1学級減(59臨時増分)

昭和62年10月17日

水産博物館、運動部室取り壊し。

昭和63年 1月28日

生徒部室完成。

昭和63年 4月1 日

漁業経営科募集停止、新たに海洋生産科学科を設置。

昭和63年12月 2日

水産製造実習場取り壊し。

平成元年 2月 5日

レスリング場取り壊し。

平成元年 2月27日

栽培漁業実習室完成。

平成元年 3月27日

水産製造科実習棟完成。

平成 2年 4月 1日

漁業科、機関科募集停止、新たに海洋漁業科を設置。

平成 3年 3月26日

第二体育館完成。

平成 4年 3月25日

校舎大規模改修(A棟・B棟外装工事)。

平成 4年 4月 1日

電子通信科募集停止。

平成 5年 2月25日

校舎大規模改修(A棟・B棟内装工事)。

平成 5年 3月10日

新しい校訓「勤勉・誠実・進取」を制定し校風の刷新を図る。

平成 5年 3月31日

「第一りあす丸」廃船。

平成 5年 4月 1日

制服を改め、ブレザースタイルの新制服とし、学年進行で実施。

平成 5年 4月 8日

新校訓の精神を体した4つの教育目標を新しく制定。

平成 6年 1月19日

内閣総理大臣「鈴木善幸」揮毫新校訓入り錨モニュメント建立除幕式。

平成 6年 3月10日

沿岸漁業共同実習船「翔洋(しょうよう)」(139トン)竣工。

平成 6年 3月19日

翔洋竣工記念式典挙行。

平成 6年 3月26日

月山コンパスモニュメント建立除幕式。

平成 7年10月11日

4級小型船舶操縦士教習艇「蒼風」進水。

平成 7年10月20日

国旗掲揚塔完成。

平成 7年10月25日

百周年記念会館「拓洋会館」落成。

平成 7年10月27日

創立百周年記念式典・祝賀会挙行(宮古市民文化会館)。

平成 8年 1月15日

『懐顧悠々創立百周年記念誌』発刊。

平成 8年 3月22日

4級小型船舶操縦士第一種養成施設として指定さる。

平成 8年 5月24日

第一体育館・ボクシング場・模型標本室・製造化学実習室・屋内体育館付属便所取り壊し。

平成 8年12月25日

第一体育館完成。

平成 9年 3月 7日

屋外排水設備完成。

平成 9年 3月10日

食品科学総合実習室・ボクシング場完成。

平成 9年 4月 1日

海洋漁業科・海洋生産科学科募集停止。新たに海洋技術科設置。
水産製造科募集停止、新たに食品製造科を設置。

平成10年12月11日

校舎大規模改修(C棟内外装工事)

平成11年 6月15日 グランド整備工事完成。
平成12年 1月31日

操船シミュレータ設置。

平成12年 3月31日 パソコン実習室設置。
平成13年 3月15日

新りあす丸の代船としてりあす丸竣工。

平成13年 3月28日

りあす丸竣工記念式典挙行。

平成13年 4月 1日

食品製造科、家政科募集停止、新たに食品家政科を設置。

平成14年 4月 1日

校舎大規模改修(A・B棟、機関実習室にFF式ストーブ設置)

平成14年 2月26日

いわて教育情報ネットワーク運用開始

平成14年 2月28日

屋外電気設備改修

歴代校長一覧 戻る