学校紹介 
 
 

ようこそ!岩手県立水沢工業高等学校のホームページへ

  挨  拶


岩手県立水沢工業高等学校
校 長   佐々木 光男  


本校は,昭和43年4月に開校し、現在は機械科、電気科、設備システム科、インテリア科の4学科を設置し、創立52年目を迎えました。これまでに7、500名あまりの卒業生を輩出し、次代を担うエンジニアとして地域はもとより日本国内外において高く評価されているところであります。
 目指す学校の姿として「生徒の夢を実現できる学校」を掲げ、校訓の「創造」「敬愛」「錬磨」の下、生徒たちは学習活動や生徒会活動、部活動に一生懸命励んでいます。
 工業高校として専門教育を通して将来の自己実現や社会に対する使命感・役割を認識し、資格取得も含めて,工業に関する知識・技術を習得し、計画的に自主的に学習する態度が身につく学校であると確信しています。
 その現れとして、昨年度の資格検定において電気工事士、ボイラー技士、建築施工管理者などに多くの合格者を出すなど、ジュニアマイスター顕彰制度においても顕著な成績を収めていることは、県内工業系高校の中でも上位に位置するものであり、生徒一人ひとりの努力の成果だと自負しております。また、基本的生活習慣も確立されており多くの生徒が皆勤あるいは精勤を達成しております。
 部活動においては県の強化指定部であるボクシング部をはじめ陸上部やバレーボール部などが県大会上位の成績を収め、東北大会や全国大会へも出場しております。文化部では機械工作部のロボット競技全国大会出場や無線・情報部のロボット相撲大会やマイコンカーラリー大会でも今後の活躍に期待できます。

本校は一昨年度、50周年の記念すべき節目を迎えました。この節目を機に「SFプラン50(Suiko future Plan after 50th)」という企画を立ち上げ、より一層の学校活性化を図っていきます。専門教育は広く社会と連携し実践的な教育が必要となります。普通科目の学習では広い教養を身に付け、さらに職場就業体験や現場見学、工場見学、実験・実習をとおして専門的基礎基本の知識・技術を身に付け、そして友だちを思いやりお互いに支えあえる心を育てていける学校を目指して参りますので,関係の皆様のご協力・ご支援をお願い申し上げます。


Copyright(C)2013 Mizusawa Technical High School All Rights reserved