平成28年度 一日体験入学の実施について(ご案内)   (2016/06/24更新)
 1 期 日 平成28年7月29日(金)
 2 場 所 岩手県立水沢商業高等学校 奥州市水沢区字土器田1番地
 3 詳 細  こちらをご覧ください→ 案内文書    参加申込書
 
 
 
 
 
  
平成29年度 中学生用案内(2016/6/25更新)
o 創立      昭和4年 4月11日
o 開校記念日  4月11日
o 郵便番号   〒023-0064
o 所在地    岩手県奥州市水沢区字土器田1番地
o 電話番号   0197-24-2101(事務室)・0197-24-2104(職員室)
o FAX      0197-24-2102
o 交通機関   JR水沢駅より徒歩20分
o 校長      佐々木 巧(ささき たくみ)
 
 
1 設置学科等 
(平成27年5月1日現在)
課程 学科名 設置年度 平成26年度在籍数
1年 2年 3年 合計
全日制 商 業 科 昭和 4年 33 37 41 111
全日制 会計ビジネス科 平成16年 40 39 41 120
全日制 情報システム科 平成16年 42 25 39 106
全日制合計  115 101 121  337
  
2 本校のめざす生徒像
校訓
 明 浄 直 (めい じょう ちょく)
教育目標
 1.豊かな人間性を備え、社会に貢献し得る人間を育成する。
 2.志を高く堅持し、たゆまぬ向上心を持って努力する強固な意志と旺盛な意欲を養う。
 3.広い視野に立って物事を考え、礼節を重んじる態度を養う。
 4.勤労を貴び、協調と奉仕の精神を養う。
目指す学校像
 1.有為な人材の輩出をとおして、地域社会に貢献する学校
 2.商業高校の専門性に基づく特色のある教育活動を備えた魅力ある学校
 3.安全・安心かつ明るく満足感のある学校生活を送り、将来にわたり誇りを抱く学校
  
3 平成29年度の入学者選抜方法について (2106/12/9更新)
   (1) 推薦入学者選抜(平成29126日実施)
 

学科名

全学科(商業科、会計ビジネス科、情報システム科)

定員

各科40

募集定員

各科定員の10%(各4人)

 

次の1〜4の条件をすべて満たした上で、5の条件のいずれかに該当する者

1 本校の教育を受けるに足る能力・適性を持つ者

2 基本的生活習慣が身についている者

3 志望する学科に対する興味関心が高く、入学後も意欲的に高校生活
を送ることが期待できる者

4 中学校3年間の欠席日数が原則9日以内の者

5 次のいずれかに該当する者

なお、(1)〜(3)は応募資格Aに該当する
(1)中学校体育連盟等の主催する大会において、県大会出場以上の
成績またはそれと同等の能力を有すると認められる者で、入学後も本
校の当該部活動を継続する意志のある者

なお、野球は各種大会(Kボール等)に出場した者も含む

<当該部>
硬式野球(男)、ソフトテニス(男女)、バレーボール(女)、
バドミントン(男女)、陸上競技(男女)、ソフトボール(女)、
卓球(男女)、弓道(女)、バスケットボール(男女)

(2)中学校文化連盟等の主催する文化・芸術活動等において、
県大会以上の発表会やコンクール等で入賞または入選した者
で、入学後も本校の当該部活動を継続する意志のある者

<当該部>
吹奏楽、美術
(3)珠算の1級以上を取得した者で、本校の珠算電卓部に所属し、
活動する意志のある者

1 面接

個人面接(15分程度)

2 作文

600800字(40分)

 

1 調査書(90点)

「各教科の学習の記録」
1・2・3年の9教科の評定の合計(135点)を90点に圧縮

2 実 績(110点)

調査書及び志願理由書に記載されている実績

 

3 面接(100
4 作文(100点)

<合計 400点>
合計点をもとに、総合的に判断して選抜する

一次選考の有無

 (2) 一般入学者選抜(平成2939日実施)

課   程

全日制

学   科

商業科

会計ビジネス科

情報システム科

定   員

(推薦入学を含む)

40名

40名

40名

A選考・B選考・C選考の順序と割合

[選考T]A選考70% 
[選考U]B選考20% 
[選考V]C選考10%

学力検査と調査書・面接等との比率

A選考(学力検査)5:5(調査書・面接等)
B選考(学力検査)3:7(調査書・面接等)
C選考(学力検査)7:3(調査書・面接等)

小論文・作文、適性検査、傾斜配点の実施の有無 等

なし

 
  
4 特色ある教育活動
(1)学習活動
 ア 各学科とも基礎基本の定着を大切にし、そのうえで専門性を高めるよう指導しています。
 イ 将来のスペシャリストとなるため、上級資格の取得にチャレンジをしています。

ウ 進路希望(進学・公務員・民間就職等)に応じた選択科目を設置し、個々の進路実現に向けた指導
をしています。

エ 恵まれた情報教育環境を積極的に活用し、情報化社会に柔軟に対応できるように指導をしています。

 <学科の特徴>
商 業 科  ビジネスを通して経済社会の発展に貢献する能力と態度を育てます。経済社会のしくみや動勢を学んだり、販売実習で「いま消費者はどんな商品がほしいのか、どうすれば売れるのか」を考え、顧客満足や顧客感動の実現を目指したりすることで、流通や販売をはじめ、ビジネスを行うために必要な知識や技術を身につけます。
会計ビジネス科  法規や基準に基づき適切な会計処理を行い、利害関係者に会計情報を提供する能力と態度を育成します。会計帳簿のほかに企業を評価する際の指標となる貸借対照表や損益計算書などの財務諸表の知識や作成技術を習得し、「どうすれば会社経営がうまくいくか」を会計面から考察することで、企業の経理事務や将来の税理士・公認会計士に必要な学習を行います。
情報システム科  情報通信ネットワークから得られた情報をビジネスに活用したり、ネットワーク構築やシステム開発による業務の合理化を推進したりする能力と態度を育てます。コンピュータや情報通信ネットワークを適切に運用し情報を処理・分析するための知識や技術を習得し、将来、システムエンジニアやプログラマ、ネットワーク管理者などとして広くビジネス社会で活躍できる人材を育成します。

<平成27年度主な資格取得状況>

種目

全商主催検定

その他主催検定

商業経済

全科目合格 23
1級 40

 

販売士

 

日商2級  6
日商3級 18

簿 記

1級  62
1級(原価計算)41
1級(会計)    38

日商2級  13

情報処理

1級(プログラミング)11
1級(ビジネス情報)  47

経産省基本情報技術者 3
経産省ITパスポート 6

ビジネス文書

1級  21

 

珠算・電卓

1級 電卓 83
    珠算 7

 

英 語

1級  2 

実用英語検定準2級 10

(2)部活動
  運動部・文化部とも活発に活動し、大きな成果をあげています。運動部ではすべての部が県大会に出場しており、昨年度はバレーボール部(女子)が県大会ベスト8、陸上競技部(男子800m・女子砲丸投)が県大会個人入賞、バスケットボール部(女子)、バドミントン(男子)・卓球部(女子)・弓道部(女子)がベスト16に入る活躍をしています。
 文化部では珠算電卓部が東北大会や全国大会入賞、ワープロ部が東北大会や全国大会出場、吹奏楽部が県大会金賞入賞など、東北や全国大会の常連として活躍しています。
 また、日頃の学習の成果として簿記、情報処理、英語スピーチ、商業研究が、選抜チームとして県大会で優勝するなどの活躍をし、東北大会や全国大会に出場をしています。

-28年校内壮行式の様子-

-ワープロ部27年県大会優勝-

-硬式野球部27年夏の大会-

(3)卒業生の進路

 近年の進路決定状況は進学100%、就職100%となっています。

(4)ござえんちゃハウス

 本校生徒によるチャレンジショップです。商業科2年生が授業の一環として市内の商業施設内に期間限定で店舗を設営し実施しています。テーマにそって商品を選択し、仕入れから販売・決算までの販売実習を通して、販売員としての資質、商品の棚卸、会計処理、魅力あるまちづくりなどについて実践的に学びます。
 その他にも、全学科の希望生徒が担当して、「IBCまつり」、「奥州市産業祭り」、「JAまつり」、宮古商業高校での「宮商デパート」などにも出店しています。さらに、ホーマック水沢店の産直市場では、通年で商品を販売しています。
 実習後の利益は、東日本大震災や災害復興支援などを含め、地域活性化や社会貢献活動に活用しています。



5 校長から一言

 水沢商業高校は、創立以来、県南の商業教育の中心校として、充実した商業教育が行われている学校です。加えて、「ござえんちゃハウス」に代表される商業実践活動や部活動、ボランティア活動も盛んで、生徒はみな生き生きと、明るく満足感を抱いて高校生活を送っています。卒業生の進学先、就職先からは非常に高い評価をいただいており、本校で知・徳・体の練磨に励んだ生徒は、卒業後も着実に成長し続け、各方面で活躍しています。人生の基礎固めをしっかり行うことができる、これが本校の良さだと思っています。中学生の皆さん、水商で自己実現への道を歩み始めませんか。
6 諸経費について
  <平成28年度入学生>

費目

年間納入額

備考

諸会費

46,000

 

予納金

55,000

学科・男女によって変わります

体育用品

20,000

男女・サイズによって変わります

教科書

8,000

学科によって変わります

合計

129,000

学科・男女によって変わります

7 公立高等学校就学支援金制度に関する県教育委員会からのお知らせ

(1)平成26年度から県立高校の授業料に高等学校等就学支援金制度が導入されました
(2)この制度により、一定の所得未満の家庭の高校生は授業料の納付が不要となりました。
(3)一定の所得未満とは、保護者の市町村民税所得割額の合算が30万4200円未満です。
(4)手続き等については、入学手続き関係書類の送付と併せてお知らせする予定ですが、制度について詳しくお知りになりたい方は、下記の文部科学省ホームページ「高等学校等就学支援金制度(新制度)について」をご覧ください。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/index.htm
【参考】県立高校授業料・通信制授業料
  全日制(月額)9,900
   定時制(月額) 2,700円   通信制(1単位) 190円