盛岡聴覚支援学校
高等部

高等部は、生徒の障がいの状態及び能力、適性、進路等を十分考慮して、種々な困難の克服をするために必要な知識、技能及び習慣を養い、将来、社会人としての基本マナーや生活習慣等を身にけることを目標とします。



学部目標
(1) 多様なコミュニケーション手段を身につけ、正しく伝達できる言語力を育てる。

(2) 学習習慣の定着と基礎学力の向上を図り、自ら課題解決に向かう資質と能力を育てる。

(3) 職業意識を深め、進路への関心を確かなものとし、社会自立に必要な情報を積極的に獲得して
  主体的に進路選択できるように支援する。

(4) 様々な人々との交流活動を通して、豊かな情操と思いやりある人間関係を育てる。


生徒数
学科 / 年度
24年度
25年度
26年度
27年度
28年度
普通科
12
10
産業技術科
10
10
専攻科
合 計
16
15
12
16
16

進路の状況
<本科>
進学先/年度
24年度
25年度
26年度
27年度
進学
大学・専門学校
 
 
専攻科
 
 
国立障害者リハビリテーションセンター・開発校など
 
 
 
 
就職
縫製
 
 
機械・自動車
 
 
 
電機・電子
 
 
 
 
食品関係
 
 
 
医療・福祉
 
 
 
部品製造
     
その他(金融・サービス)
 
 
福祉的就労
 
19
<専攻科>
進学先/年度
24年度
25年度
26年度
27年度
進学
大学・専門学校
       
就職
縫製
       
機械・自動車
       
電機・電子
       
食品関係
       
医療・福祉
       
部品製造
       
その他(金融・サービス)
       
福祉的就労
       


主な行事部活動等
生徒総会
交流
復興学習
盛輝祭・舞台発表
盛輝祭・展示
盛輝祭・産業技術科販売
生徒会役員選挙
修学旅行
宿泊学習
予餞会
高総体開会式
障がい者スポーツ大会
東北聾学校体育大会
(2年に一度・偶数年度)
全国聾学校体育大会
企業講話
就業体験
会社見学
進路講話


産業技術科紹介
産業技術科には、インテリアコース、機械コース、被服コースがあります。
本科(高校)は3年課程、専攻科は2年課程です。
実習などの職業専門教科を学ぶ中で、「職業意識を確立し、知識の習得を通して、職業人として必要な態度、及び習慣を身につけさせる」ことを目標としています。
インテリアコース
機械コース
被服コース
インテリアコース
木材等を学習素材として、各種の工作機械や工具の一般的な取扱・保守について学習し、加工法、仕上げ法などの基礎的知識、技術の習得を目指しています。
機械コース
基本的で利用度の高い工作機械、溶接機械を使用して、機械の一般的な取扱保守について学習し、金属加工の基礎的知識、技術の習得を目指しています。
被服コース
被服の歴史に関する学習や服飾デザイン、手芸、被服製作でスカート・ブラウス・浴衣作りなどを通し、基礎知識や技術の向上を目指しています。
トレース検定、ワープロ検定、情報処理検定、パソコン検定などにも取り組んでいます。

<主な作品>
テープカッター
ちりとり・文鎮
ワンピース
ブラウス・パンツ
子供用イス
ダンベル
ゆかた
収納付きベンチ
スウェーデン刺しゅう
こぎん刺し・アクリルたわし