本校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます

このたび4月に盛岡聴覚支援学校に着任いたしました 石川 敬(たかし)と申します。
自己紹介をさせていただきます。私は昭和59年に教員として初めて勤務したのが、この盛岡聴覚支援学校(当時は盛岡聾学校)でした。その後、平成2年からは一関聾学校、平成14年からは再び盛岡聾学校に勤務し、前任校の一関清明支援学校(聴覚部門を担当)まで33年の教員生活のうち22年間、聴覚障がい教育に携わってまいりました。
この間、多くの生徒が聴覚支援学校(聾学校)を卒業し、県内はもとより全国各地で活躍しています。毎年、地元で働いている卒業生や他県から帰省した卒業生が集まる時には、その仲間に私も入れてもらっております。また休日は、手話通訳やパソコン要約筆記などの聴覚障がい者の情報保障の活動を行っていますので、どこかでお会いしたことのある保護者や地域の方々もいらっしゃると思います。
4月から本校に勤務できることをたいへん嬉しく思っております。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 さて、平成29年度がスタートしました。今年度の入学生は、幼稚部1名、中学部2名、高等部8名の計11名、在籍数53名(うち寄宿舎生22名)でのスタートとなりました。始業式・入学式では、在校生、入学生ともに立派な挨拶をし、幼稚部の子どもたちも笑顔で返事をしてくれました。この一年、日々の学習やさまざまな行事での体験をとおし、言葉の力、コミュニケーションの力、そして考える力を伸ばしていければと思います。本校の子どもたち、さらには岩手県内の聴覚に障がいがある子どもたちのために教職員一同、精一杯力を注いでまいりますので、保護者の皆様、地域の皆様、関係団体の皆様のご支援とご協力をよろしく願いいたします。
「校内めぐり」で
  校長室を探検する子どもたち
           (平成29年4月18日)
校  長  石   川   敬