校章・校歌・母校賛歌・応援歌
※本校では1校時と5校時の開始5分前に、校歌と母校賛歌が流れます。


盛岡市立高等学校 校章歴代の校章はコチラ

 昭和15年5月、本校美術担当教官、船越健次郎氏の原案により、市長見坊田鶴雄が決定したものである。
 市章をもととし、万華の王、桜の花びらを付し、清純な効果を求めて純白とした。
 当時盛岡市立第一高等女学校を象徴する為、古写経の中から「一」をとり、これを近代化し、中心に置いたが、昭和24年、盛岡市立女子高等学校及び盛岡市立女子商業高等学校の合併により在来の盛岡市立第一高女の「一」を「高」と改め現在に至る。昭和34年4月新たに男子部増設により、前記校章の中から、桜をとり単純化を図ったものを男子部の帽章とした。
 昭和57年4月、新校舎移転にともない、従来の男子の帽章、女子の胸章を一本化し現在に至る。


盛岡市立高等学校 校歌MP3で再生)(楽譜を見る
作詞:草野 心平 作曲:藤井 凡大

岩手山 白き雲沸き
北上は 南に流る
美しき 伝統のまち
ここにして われらは学ぶ
真と善 美をも求めて

みちのくの 春はむらさき
いぶしぎん 冬はひといろ
青春の 四季はあかるし
われらみな ひとみかがやく
大いなる 未来ゆめみて


盛岡市立高等学校 母校賛歌MP3で再生)(楽譜を見る
作詞:石橋 孝子  作曲:古川 陽子、髙橋 朋子、大石 広美
※平成3年度卒業生による作詞・作曲です。

ふいに 思い出すこの景色
緑の茂る 清らかな雫石川
青々として素晴らしい 南昌山
遠くにかすむ 白い雲
ああここに われらは学ぶ
学舎よ 永遠に

時に 限りない夢を見て
いつの日にか 遠い未来へ飛び立つ
広々として果てしない 地平線
あすをになう 若者よ
ああここに われらは学ぶ
学舎よ 永遠に


盛岡市立高等学校 第一応援歌MP3 ワンコーラス)(MP3 インスト

世を揺りて一の人たれ
われら待つクラスメートは 励まし叫けびぬ
青空を仰げば遥か あの声聞こゆ
わが学舎にわれ選ばれて 今ぞわれら今こそ

遂にとれ勝利の日なれ
優勝を幾百友ら 門出に歌いぬ
しばしその眼を閉じ思う あの歌聞こゆ
わが学舎にわれ選ばれて 今ぞわれら今こそ

悔ゆるなく力つくさん
今度こそああ幾日か ともねにきたえぬ
あかねさす夕日に映えし あの丘想う
わが学舎にわれ選ばれて 今ぞわれら今こそ


盛岡市立高等学校 第二応援歌MP3 ワンコーラス)(MP3 インスト

朝日の如く新たなれ 桜に映える学舎に
勝利を築く熱と意気 立て堂々のわが選手

羽ばたき強く進み行く 使命も重きその行く手
勝利を築くその誓い 見よ堂々のわが選手

はがねときたえし火と燃えて 雄々しき姿今ここに
勝利を築くその朝に 行け堂々のわが選手


盛岡市立高等学校 第三応援歌MP3 ワンコーラス)(MP3 インスト

試練に耐えて幾歳ぞ 備えは固く先の為
若き心をひと筋に 断じて奮うわが選手

怒涛も何か恐れんや 戦わんかな時来たる
若き心をひと筋に 断じて奮うわが選手

誓いの言葉かたくして 勝利をめざし進もうぞ
若き心をひと筋に 断じて奮うわが選手


もどる